テーマ:おでん

日本のおでん@B-1グランプリ

 今回のB-1グランプリでは初出場ながら地元の利を活かしたのか第3位となった静岡おでん。おでんは第1回から参加した青森しょうが味噌おでんと静岡おでんの2つが参加。どちらもなかなか個性的なおでんです。  静岡おでんは、真黒いスープに煮込まれたおでん。特徴的なネタの代表格は「黒はんぺん」。はんぺんといってもふわふわの白いはんぺんとはま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

名古屋の味噌おでんの老舗1【島正】

 名古屋のおでんには、味噌ダレで煮込んだものと、関東煮(だしで煮込んだおでん))に味噌ダレをかけるものと2種類あります。観光客としては、やはり味噌ダレで煮込んだおでんが魅力的です。どて焼(どて、どて煮ともいわれるようです)と一緒に提供されることが多いようで、鍋にたっぷりの種の入った様子は食欲をそそります。  おでんは豆腐、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森の生姜味噌おでん3【奈良商店】

 先に書いた横山さん同様、古川市場の青森魚菜センターの入り口脇にお店を構える看板のないお店で、軒先でおでんを売っているお店が二軒並んでいるうちの向かって右側がこちらの奈良商店さんです。創業40年近くだそうで、かなりの老舗です。多くの惣菜と共に、軒先におでんがおかれています。こんにゃく、大角天、大根、ごぼう天などに、自家製の生姜味噌をかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森の生姜味噌おでん2【横山】

 青森駅に程近い古川市場の青森魚菜センターの入り口脇にお店を構える看板のないお店で、軒先でおでんを売っているお店が二軒並んでいるうちの向かって左側がこちらの横山さんです。焼き魚などと一緒に、火鉢の上に乗せられた四角く間仕切りされたおでん鍋に、薄切りのこんにゃくや薄いさつま揚げのような大角天、そのほか、大根や玉子などが入っています。このだ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

青森の生姜味噌おでん1【居酒屋 篤(とく)】

 もともと夏の食文化でもある、生姜味噌おでんを1年中食べられるお店。生姜味噌おでんというのは、いわゆるだしのしみたおでんに生姜味噌ダレをかけていただくものです。冬場は夏場よりもむしろしょうがを利かせるということで、繊維を感じるほどの生姜味噌は、甘味のきいた味噌の中にピリッとアクセントのきいた切れがありながら、どこか優しい感じの味噌ダレで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森生姜味噌おでん~B-1MENUを現地で食べる⑥

 学生時代仙台に住んでいたのですが、青森の生姜味噌おでんを知ったのはこのB-1グランプリへの参加団体の話を聞いてからでした。生姜味噌おでんは文字通り生姜味噌をおでんだねにつけていただくものです。普通にだしで炊かれたおでんだねに更に味噌味が加わるため、味が一層深まる感じです。  今回のB-1グランプリで出された生姜味噌おでんは、今回…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

駄菓子屋さんの静岡おでん2【水野菓子店】

 夜しか食べられない飲み屋さんのおでんに対して、昼間しか食べられない駄菓子屋さんのおでんがあります。最初聞いたとき駄菓子やさんのおでんという意味がわからなかったのですが、こちらのイメージはお店の2/3くらいにおでんとテーブルがおいてあってそこでお客さんが食べていきます。なんとも懐かしい感じの風情で、このノスタルジックな空気にははまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒い静岡のおでん1【愛ちゃん】

 おでんは日本全国にあり、味噌味・しょうゆ味の味の違いや、だし・タネの違いなど様々な地域性があると思います。ここ静岡のおでんの特徴は、だしが真っ黒いこと、青海苔とおでん粉という魚の節の粉末が好みでトッピングされること、そして黒はんぺんという、全国でもここにしかないタネがもっとも個性的であると思います。今回お邪魔した「愛ちゃん」はおでん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more