テーマ:焼きそば

静岡県富士宮市・老舗中華店の富士宮やきそば【ふくじん2】

 富士山を仰ぎ見る富士宮市は、全国に約1300社ある浅間神社の総本社である富士山本宮浅間大社の門前町として栄えてきました。世界遺産登録で国際的にも注目を集め、2017年にオープンした富士山世界遺産センターをはじめ、今や多くの外国人観光客も訪れるまちです。  国内では日本を代表するご当地グルメ「富士宮やきそば」のまちとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お台場合衆国2011×B‐1グランプリ」第3週目は「ひるぜん焼きそば好いとん会」登場!

 大好評の「お台場合衆国2011×B‐1グランプリ」。第3週は岡山県真庭市から「ひるぜん焼きそば好いとん会」が登場です。ひるぜん焼きそば好いとん会は昨年のB‐1グランプリ厚木大会で彗星のごとく現れた注目の団体。初出展ながらシルバーグランプリ=全国準優勝に輝いた団体が、全国どこにもない個性的で癖になる焼きそばを引っ提げてやってきました。西…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「お台場合衆国2011×B‐1グランプリ」第2週目は「横手やきそば暖簾会」!

 あっという間に1週間が過ぎ、早くも「お台場合衆国2011×B‐1グランプリ」第二弾の横手やきそば暖簾会が登場です。7月23日(土)~29日(金)までの限定販売。先週は十和田バラ焼きゼミナール旋風が吹き荒れ、多くのお客様が舌鼓。さすが北海道東北B‐1グランプリで優勝した十和田バラ焼きゼミナールの提供する「十和田バラ焼き」。何度食べてもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山御坊のせち焼き2【朝日堂】

 すっかり間が空いてしまいましたが、激動の年度末のなんとか一段落。まだ残務がありますが、ブログを復活したいと思います。さてこちら朝日堂は5年ほど前からこちらで営業しているお店だそうですが、実は40年以上前から御坊でお店をやっていた人気のお店からののれん分けのお店だそうです。現在もともと御坊の人気店だったお店は6年ほど前に、現在東京の池上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

和歌山御坊のせち焼きの元祖1【やました】

 一見お好み焼きにしか見えないのですが、せち焼きはお好み焼きではありません。せち焼きの「せち」は御坊弁でせちがう=無茶苦茶にするという言葉からなのだとか。こちらやましたはこのせち焼きの元祖のお店です。 今日の日本食べある記は何位でしょう?  お好み焼きに見えてお好み焼きではない。最初意味がわからなかったのですが、実際に見てみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のやきそば@B-1グランプリ

 第二回B-1グランプリは既報のとおり富士宮焼きそばの2連覇で幕を閉じました。もうご存知の方も多いと思いますが、発表された全順位を転載しておきます。(B-1グランプリブログより転載) ●第2回 B-1グランプリ in 富士宮 投票結果最終発表 第1位 富士宮やきそば(静岡県富士宮市)…9,600g 第2位 八戸せんべい汁(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<青森>つゆ焼きそばを食べに行こう!

■つゆ焼きそばとは  つゆ焼きそばと聞いてそのメニューをイメージできる人はどのくらいいるでしょうか。つゆ焼きそばとは、文字通りつゆに入った焼きそばです。見た目は一見ラーメンのようですが、青森県黒石市で最近話題のメニューで、平太麺の黒石焼きそばを中華スープもしくは和風のつゆに入れられて出てきます。つゆ焼きそばは長らく妙高というお店の個店…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

<青森>黒石焼きそばを食べに行こう!

■黒石焼きそばとは  黒石焼きそばの大きな特徴は、その太い平打ち麺です。現在ではキャベツや豚肉などの具が入っていますが、もともとは太い焼きそば麺に少しの玉葱がはいっている位で、ソース味の麺そのものを食べるような子供たちのおやつだったようです。今では、焼きそばは炒めて作るようですが、昔は大きなボールのようなものにラードを使ったウスタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青森黒石の焼きそば5【オレンジハート青山店】

 オレンジハートというのは東北を中心に展開するコンビニエンスストアチェーンのようです。地元の方から、ここの焼きそばが美味いと聞いて買いに行きました。焼きそばは大小2種類あって、小を購入しました。  しかしたかがコンビニの焼きそばと侮るなかれ。オレンジハートというコンビニは、惣菜はお店の手作りが基本。そのためお店ごとに惣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森黒石の焼きそば4【藻川屋】

 こちら藻川屋は昭和35年創業。たい焼きで有名なお店ですが、創業時には焼そばと大判焼きをやっていたとの事。焼きそばは黒石の平太麺の蒸し麺を使っており、コシが強いです。こちらの焼きそばは、縁日の屋台の焼そばをイメージさせる懐かしい感じです。  炒めるときにはラードを使ってコクを出し、全体的に濃い目の味付けで、特に肉にしっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青森黒石の焼きそば3【食事処 赤提灯(あかちょうちん)】

 黒石焼きそばの大きな特徴は、麺が平太麺であることなのですが、観光協会の方に伺うと、細麺を出すお店もあるとの事。こちら赤提灯は細い縮れ面も太い平打ち麺もどちらの焼きそばもいただけるお店です。  こちらは観光協会の方が個人的に好きな焼そばをだしてくれるお店の一つだとか。地元の感覚では、平太麺は、おやつの感覚。細縮れ麺は食…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青森黒石の焼きそば2【マルタフルーツストア】

 焼きそば屋さんの紹介なのに「フルーツストア」の店名をみて、???な人が多いと思います。今回の黒石焼きそばめぐりでは、黒石観光協会の方々にいくつか候補を上げていただき、その中の一店がこちらマルタフルーツストアです。焼きそばはお持ち帰りのみです。  中心部からちょっと離れているので、レンタサイクルを借りて向かったのですが、看…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森黒石の焼きそば1【秋元食堂】

 青森の黒石に変わった焼きそばがあると聞いてまず行ったのは、既に書いたつゆ焼きそば。しかし実はつゆ焼きそばに入っている焼きそばの平たくて太い麺は、黒石ではソース焼きそばでスタンダードなのです。その黒石焼そばの老舗で専門店のこちら秋元商店は地元の人気店として知られています。  一口目を食べた瞬間、ふっと香ばしい香りを感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森黒石のつゆやきそば2【すずのや】

 こちらすずのやは、まだ創業2年ほどのお店ですが、最近のつゆやきそばブームのきっかけとなったお店のようです。こちらのご主人も昔つゆやきそば食べており、知人のお客さんから、作ってくれと依頼があって作ったところ、「是非メニューにだせ!」といわれてだすようになったとの事です。  昔のつゆやきそばは、焼きそばにそばの和風だしを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青森黒石のつゆ焼きそば1【お食事処 妙高】

 青森県黒石市に変わった焼そばがあるという話は、食べ物新日本奇行の野瀬さんから聞いていました。一度食べてみたいと思い、今回行ってきました。まだまだこれからのご当地グルメのようで、情報が少ない中食べに行った、その名も「つゆ焼きそば」。  こちら妙高は、30年ほど前に食べられていたメニューを、20年ほど前からやっている、つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸のそばめしの元祖1【青森】

 テレビでも見ていて是非一度来たいと思っていたこちら青森。大阪のお好み焼き屋でそばめし自体は食べたことがありましたが、こちらのお店は元祖のお店として有名です。そばめしというのは、ご飯と博多ラーメンのような細いストレート麺を鉄板の上で一緒に炒め、ソースで味付けしたもの。麺はこてで細かく刻まれるため、出来上がりはぱらっっとした仕上がりになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横手焼きそばの作り方

 B-1グランプリの準優勝だった横手焼きそばについても作り方を追いかけてみましょう。これはB-1グランプリ当日に撮影したもので、かなりたくさんの量を作っています。まず最初に、あらかじめ作られたひき肉を鉄板でいためます。  軽く炒めた後キャベツと合わせて更にいためます。  麺を合わせて、  ソースで味付けをして混ぜ合わせ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

富士宮焼きそばの作り方

 以前紹介した日田焼きそばの作り方が好評だったので、今回のB-1グランプリの優勝メニューの富士宮焼きそば学会の富士の宮焼きそばの作り方をご紹介してみたいと思います。  まずはたっぷりのキャベツと肉かすをラードでいためます。  そこに麺をあわせます。  よくいためます。  ソースで味付けをしてかき混ぜて炒め、  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横手焼きそば~B-1MENUを現地で食べる②

 最後まで富士宮焼きそばと優勝を争い、残念ながら僅差で敗れた秋田県の横手焼きそば。横手焼きそば茹で麺でやや柔らかめの食感に甘めのソース。四角い中太麺も特徴の一つです。スタンダードは肉玉子で、肉はひき肉、玉子は半熟の目玉焼きでこれがビジュアル的にもとても美しいです。  今回のB-1グランプリで調理されたのは横手焼きそば名人の方々。平…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

富士宮焼きそば~B-1MENUを現地で食べる①

 今回優勝の富士宮焼きそばは、コシの強い蒸し麺を使った焼きそばです。具の特徴は肉かすといわれるラードを絞った後の細かなものを入れることと、最後にイワシやサバの削り粉をかけていただくこと。今回のB-1グランプリでもずっと上位で戦いながら、最後は秋田県の横手焼きそばとデットヒート。最終的に栄冠を勝ち得ました。焼きそばって人気があるんですね。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日田焼きそばの作り方

 大分県日田市の焼きそばは、とても香ばしく美味しい焼きそばです。その個性的な逸品はその独特の作り方によるものだと思います。ここでは老舗の三隈飯店さんの作り方を紹介してみたいと思います。まず、大きな特徴として生麺をゆでます。茹で上がった麺を鉄板のうえに乗せ、豚肉を真ん中にして円くまとめてまず片面を焦げ目がつくくらいまでしっかりと焼きます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分の日田焼きそば1【三隈飯店】

 日田は江戸時代に幕府の直轄地として御料と呼ばれおり、明治2年ころから天領と呼ばれるようになったそうです。日田には独特の焼きそばがあります。その焼きそばは、ラーメン屋さんに一緒にメニューとしてあることが多く、しかもラーメン屋さんなのに焼きそばのほうがよく売れるお店もあるほど、焼きそばがよく食べられています。麺は基本的にラーメンの麺と一緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田の横手焼きそば4【やや】

 こちらは横手駅に程近い居酒屋の焼きそばです。地元の方が行く感じですが、なかなか雰囲気もよく旅情をそそります。焼きそばは横手の甘め味付けで半熟の目玉焼きが乗り、ひき肉、キャベツといためてあります。焼きそば自体は王道的なのですが、こちらで一番特徴的なのは、生の千切りキャベツが添えられていることです。  この千切りの生キャベツと多目の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋田の横手焼きそば3【食い道楽】

 今回、盛岡からレンタカーで走って横手に到着したのですが、かなりの雪だったためにどきどきしながら運転をしていきました。ひどい雪のせいか臨時休業の店もあり、目的のお店でいけないお店もありました。こちらは夕方からやっている駅前の居酒屋さんなのですが、非常に感じのいいお店であるだけでなく、焼きそばもとても美味しいです。  やや太目の四角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田横手のホルモン焼きそば2【まいど食堂】

 こちらはホルモン焼きそばで有名な店です。店内はカウンターのみの店で、午後2時過ぎくらいという中途半端な時間でしたが、学生らしきグループが先客でおり、さらに自分の後にサラリーマン風情の若い輩の二人づれと、その後おじさんの二人づれがやってきました。若者たちは肉玉子を、後からきたお客さんは全員ホルモン焼きそばを注文。自分もホルモン焼きそばを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

横手焼きそばの元祖1【元祖神谷焼きそば店】

 横手で焼きそばを始めた元祖のお店で、昭和25年頃に発案され。昭和30年代に創業とのことですが、定かではありません。駅からは歩ける距離ではなく、バスで15分~20分。昔ながらの食堂の店構えで、地元っぽいお客さんがあふれています。メニューは焼きそばとホルモン焼きそばと中華そばがあるのですが、やはり定番の焼きそば肉玉子を注文。数分後出された…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新潟長岡のイタリアン2【フレンド】

 イタリアンの元祖は新潟のみかづきのようですが、フレンドの経営者と少なからずつながりがあり、それぞれ地域がダブらないように、フレンドは長岡を中心にイタリアンをチェーン展開しているようです。焼きそばのような味付けの麺ににミートソース風のソースをかけるというスタイルはほぼ一緒で、味的にも良く似ています。  しいて違いをあげれば、白生姜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟のイタリアン1【みかづき】

 新潟のご当地麺のイタリアンはイタリア料理ではありません。簡単に言うと太めのソース焼きそばにスパゲティのミートソースがかかっているというメージです。実際には、もやしとキャベツをソース味でいため、粉チーズで味付けされたものに、トマトソースがかかっているというものです。付け合せには紅しょうがではなく白生姜が添えられています。これがスタンダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄板焼の富士宮焼きそば4【ひまわり】

 富士宮の焼きそばで最も多いのは鉄板焼系のお店だそうです。鉄板焼のお店自体がはかなり多く、なぜそれほどできたのかは諸説あるようで、戦後広まった理由が内職的にできる仕事だったという話や、浅間大社の祭りの出店が関係するといった話のほか色々あるようですが、何かひとつの理由というわけではないようです。鉄板焼のお店ではお好み焼きも出されています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

食堂系の富士宮焼きそば3【ふくじん】

 静岡おでんの愛ちゃんを取材した名古屋のテレビクルーが富士宮焼きそばも取材しており、そのときに紹介されたお店を、浅間大社前のお宮横丁の事務所で聞いて食べに行ったのがふくじんです。こちらのお店では、中華鍋で焼きそばを作るため、鉄板で作る富士宮焼きそばのイメージと合わないだろうからと一度取材を断ったそうです。  富士宮には3社製麺会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more