アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ラーメン」のブログ記事

みんなの「ラーメン」ブログ

タイトル 日 時
青森八戸のラーメンの老舗1【キクヤ食堂】
青森八戸のラーメンの老舗1【キクヤ食堂】  青森のラーメンと言えば煮干し、焼き干しの個性的なイメージがありますが、八戸のラーメンも魚系の出しの利いたイメージがあります。こちらのラーメンは鶏ガラと煮干しを使った昔ながらのラーメン。築地にくわしいこちらの方が「日本一ラーメンを食べた男」からお勧めされたお店です。狙いは昔ながらのキクヤラーメン(右)。もうひとつ新幹線開通に合わせてブランド化した八戸ラーメン(左)です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/02/02 01:07
青森発祥「味噌カレーミルクラーメン」発売!
青森発祥「味噌カレーミルクラーメン」発売!  青森のご当地ラーメンとして最近脚光を浴びている味噌カレー牛乳ラーメン。何と12月1日より、そのカップ麺が発売になりました。早速購入して試食を。本来カップ麺はあまり食べないのですが、何しろ最近仕事でもかかわらせていただいている青森のご当地カップ麺です。これは是非食べねば!ということで、早速ご報告を。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 7

2008/11/30 23:57
青森の味噌カレー牛乳ラーメン5【ラーメン蔵】
青森の味噌カレー牛乳ラーメン5【ラーメン蔵】  味噌カレー牛乳ラーメン4軒目は、こちらラーメン蔵。味噌カレー牛乳ラーメンが誕生した後に生まれたご主人のお店ということでアジサポ(味の札幌の略称)第二世代とも言われている味は、他のアジサポと少し違った味わいです。こちらでもまたまた味噌カレー牛乳ラーメンを頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/06/15 15:46
青森の味噌カレー牛乳ラーメン4【札幌館】
青森の味噌カレー牛乳ラーメン4【札幌館】  こちら札幌館は、味噌カレー牛乳ラーメンを生みだした味の札幌の創業者が平成元年に開業したお店。名前は違いますが、もとは味の札幌の支店的なお店で、従来のラーメン店のイメージを打破するログハウス調の、家族や女性でも入りやすく、ここちよい空間になっています。こちらでも、もちろん味噌カレー牛乳ラーメンを頂きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/11 10:49
青森の味噌カレー牛乳ラーメン3【味の札幌 分店】
青森の味噌カレー牛乳ラーメン3【味の札幌 分店】  青森市内で味噌カレー牛乳ラーメンを生みだした「味の札幌」の名前を受け継ぐ2店舗のもう1軒がこちら味の札幌分店。カウンターのみのお店で、お昼時にはほぼ満席でひっきりなしにお客さんが入ってくる人気店です。青森の方々と別れて単独で訪れたお店。常連さんらしきお客さんの次々と聞こえる「味噌カレー牛乳!」という注文の声。私ももちろん味噌カレー牛乳ラーメンを頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/10 01:40
青森の味噌カレー牛乳納豆ラーメン2【味の札幌 大西2】
青森の味噌カレー牛乳納豆ラーメン2【味の札幌 大西2】  先日六本木のガールズバーで八戸にかかわっている企画会社のS社長と一緒に飲んでいた時のこと。青森の話をしていたら20歳位の女性店員から、「青森の方なんですか」と話しかけられました。聞くと青森出身とのこと。味噌カレー牛乳ラーメンを聞くと、「あじさぽ(味の札幌の愛称)ですよね。高校生の時によく行ってました!」と話してくれました。「納豆も入れるとおいしいんですよ。最後にご飯も。」味噌にカレーに牛乳にさらに納豆?深まる謎は、今回解明されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/31 23:58
青森の味噌カレー牛乳ラーメンの元祖1【味の札幌大西】
青森の味噌カレー牛乳ラーメンの元祖1【味の札幌大西】  初めてその名前を聞くと、誰もが一度は聞き返す「味噌カレー牛乳ラーメン」。次の言葉は決まって「それって美味しいの?」。まずお答えしましょう。これ、すげー美味いです!秘密のケンミンSHOWでみのもんたや久本雅美が食べた瞬間、びっくりいた顔で「美味い!」と叫んだのも納得。私もいろいろなところでいろんなものを食べてきましたが、このメニューには出会ったことはありません。味噌カレーラーメンは室蘭にあります。ミルクラーメン(味噌味)は標津にあります。でもですね、味噌カレー牛乳ラーメンはないんです。ところが青... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 14

2008/05/29 01:01
北海道標津町の挑戦!いくらとホタテのまちの旨いラーメン
北海道標津町の挑戦!いくらとホタテのまちの旨いラーメン  北海道の標津町は世界遺産になった知床にほど近い鮭とホタテが名産のまち。名産と言っても、そんじょそこら(表現が古い?)の名産とはわけが違う。鮭の水揚高は日本一、二を誇り、伝説の番組[「どっちの料理ショー」の特選素材に選ばれ勝利した、築地でも高値で取引される神内商店のいくらも、標津町で生産されています。ここ標津町で、新たなラーメンの開発がおこなわれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/16 21:54
釧路の黒いラーメン8【かど屋2】
釧路の黒いラーメン8【かど屋2】  ずっと道東のラーメンシリーズが続きましたが、今シリーズは今回が最後。こちらかどやはのメニューはつぶ焼きとラーメンだけ。そのラーメンは、見た目真っ黒で、常連さんのなかには石炭ラーメンと呼ぶ人がいるほど黒い。一見富山ブラックのような濃い味を想像しますが、食べてみるとこれが意外とあっさりしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/09 12:55
釧路の醤油ラーメンの老舗屋台7【こぐま】
釧路の醤油ラーメンの老舗屋台7【こぐま】  釧路には何度も行っていましたが、今回その存在を初めて知ったこちらこぐま。こちらもラーメン王こばさんとともに行ったのですが、なんと釧路駅前の近くに、22時ころに出没するという噂の屋台。こちらのお店にはその前にご一緒させていただいたはんつ遠藤さんもお勧めの屋台です。ラーメンは醤油と塩を頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/01/28 13:27
北海道帯広のラーメン2【寶来】
北海道帯広のラーメン2【寶来】  帯広でのラーメン王こばさんとのラーメン食べ歩き二軒目は、昭和3年創業という老舗。昼時にお店に入ろうとすると、中には立待ちも出ていて仕方なく寒風吹きすさぶ外でしばし待機。中に入ると店内はカウンターとテーブルで結構広いですが、人で埋め尽くされている状態。しかし実に旅情をそそる風情です。注文は人気のに醤油にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/26 08:53
北海道帯広のラーメン1【らーめんみすゞ】
北海道帯広のラーメン1【らーめんみすゞ】  帯広のラーメン店と言えば必ず名前が出てくる老舗有名ラーメン店「みすゞ」。帯広には札幌や旭川・函館のような特徴的なご当地ラーメンというのはありませんが、こちらみすゞはなかなか個性的なラーメンで、他に似たラーメンはあまり記憶にありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/21 23:58
北海道中標津のラーメン【麺の華英や】
北海道中標津のラーメン【麺の華英や】  ご当地ラーメンというわけではないのですが、今回仕事でご一緒いただいた、ラーメンをはじめ麺関係で多くの著作のあるはんつ遠藤さんとTVチャンピオン第8代ラーメン王小林さんのお二人とともに、わずかな時間をぬってこちら華英やに来店。二人がうわさを聞いて食べたいといったいやがおうにも期待の高まったお店です。まずは噂に聞いためんめ(キンキ)を出しに使ったという醤油。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/01/18 00:00
釧路の醤油ラーメン6【むかし屋】
釧路の醤油ラーメン6【むかし屋】  こちらむかし屋は、若い店主が1年半ほど前に始めたという、ちょっとわかりにくい場所にあるお店。文字通り昔ながらの釧路ラーメンを目指したとのことで、メニューは醤油ラーメンと塩ラーメンしかなく、ラーメン一本で勝負しているという気概あるお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/16 00:00
釧路の醤油ラーメンの老舗5【秀航園】
釧路の醤油ラーメンの老舗5【秀航園】  こちら秀航園は釧路の老舗ラーメン店。こちら出身のお店で秀航園系と呼ばれるお店もあるとのことです。こちらもラーメン王のこばさんとともに来店。メニューの豊富なお店で、醤油・塩・味噌他辛いラーメンなどもそろっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/14 23:59
釧路の醤油ラーメンの人気店4【夏堀】
釧路の醤油ラーメンの人気店4【夏堀】  北海道のラーメンを食べ歩くときに必ず参考にするのが「とっておき北海道らーめん50」(通称:赤本)。昨年12月に第5弾が出ましたが、こちら夏堀はその第1号にのっていたものの、駅から遠く、長い間の宿題店であった店です。今回仕事をお願いしたご縁で、テレビ東京系列のTVチャンピオン第8代ラーメン王に輝いたこばさんとともに来店しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 23:58
ベールを脱いだ限定コラボラーメン!
ベールを脱いだ限定コラボラーメン!  先日もご紹介した12月9日(日)に渋谷の人気ラーメン店「凪」で、「凪」のスープと京橋の人気のラーメン店「ど・みそ」の味噌だれ、そして浅草開花楼の特製麺を使って1日だけの限定ラーメンを提供します。この企画は単なるコラボの企画ではなく、新潟県中越沖地震の被災地復興支援活動の一環でもあり、今回の食材は新潟の被災地からのものを使用し、売り上げから10万円を社会福祉法人柏崎市社会福祉協議会に寄付されるとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 23:05
12月9日(日)一日のみの人気ラーメン店の超限定ラーメン企画【ど・凪(どなぎ)】
 すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、12月9日(日)に渋谷の人気ラーメン店「凪」で京橋のこちらも人気のラーメン店「ど・みそ」が浅草開花楼の特製麺を使って1日だけの限定ラーメンを提供します。この企画には人気グルメブロガーのくにさんが関わっており、複数のαブロガー(影響力の大きいブロガーのこと)による告知を合わせて行うことになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/30 01:05
宮城仙台の冷やし中華の元祖1【龍亭】
宮城仙台の冷やし中華の元祖1【龍亭】  今年の猛暑は大変なものですが、暑い夏に食べたい代表的な麺メニューである冷やし中華。この冷やし中華の元祖といわれているのが、こちら仙台の龍亭です。昭和6年創業で、昭和12年から冷し中華を出しているとのこと。仙台では夏に限らず、一年中冷やし中華を食べることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/26 21:03
鹿児島のラーメン5【豚とろ】
鹿児島のラーメン5【豚とろ】  数年前からニューウェーブ系の鹿児島ラーメンで一気に人気店にのしあがったこちら豚とろ。ごく最近はわかりませんが、ちょっと前には多くの人から、今一番旨いラーメンとのうわさを聞いていました。しかし、常に行列ができていて、食べられなかったお店で、今回やっと食べることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/20 23:58
鹿児島の黒味噌ラーメン4【三平らーめん】
鹿児島の黒味噌ラーメン4【三平らーめん】  鹿児島は九州でも数少ない味噌ラーメンの多いエリア。やはり独自に進化したラーメン文化であることが伺えます。こちら三平ラーメンは昭和56年の開業。本店が現在の場所は昨年に移転。以前の本店で初めて食べた時には衝撃的な黒いラーメンでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/16 11:01
鹿児島のラーメンの老舗3【くろいわ】
鹿児島のラーメンの老舗3【くろいわ】  昭和43年創業のこちらくろいわは地元の老舗人気店。個人的にも以前鹿児島を訪れたときに、かなりお気に入りだったお店です。食事の時間とずれても、地元の方のみならず、観光客風のお客さんがひっきりなしに入ってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/10 23:59
鹿児島のラーメンの老舗2【こむらさき】
鹿児島のラーメンの老舗2【こむらさき】  鹿児島のラーメンは九州で唯一久留米の影響を受けていないといわれているそうです。こちらこむらさきは、昭和25年創業で、その源流は台湾にあるという地元で人気の老舗。鹿児島のラーメンの特徴のひとつでもある漬物ももれなくついてきます。カウンターに囲まれたオープンキッチンを見ていると、驚くのはその作り方です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/09 23:34
鹿児島ラーメンの元祖1【のぼる屋】
鹿児島ラーメンの元祖1【のぼる屋】  こちらのぼる屋は、昭和22年創業の鹿児島ラーメンの元祖といわれるお店。久しぶりの訪問でしたが、昔ながらの変わらないなんとも懐かしい風情です。メニューはラーメンのみ。莫大な量で出てくるラーメンは、女性だけで供されるお店の地元に愛されるラーメンです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/08 23:59
高知須崎の鍋焼きラーメン2【まゆみの店】
高知須崎の鍋焼きラーメン2【まゆみの店】  こちらまゆみの店は、鍋焼きラーメンが有名になるきっかけになったお店だそうです。こちらのお店も、鍋焼きラーメンの元祖で、すでに閉店した谷口食堂の味を受け継ぐお店の1店だそうですが、こちらのお店の鍋焼きラーメンが2001年夏ごろから新聞に取材され、2002年からの商工会議所の取組みもあって、現在までの知名度になることに大きく貢献したお店のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/23 01:37
高知須崎の鍋焼きラーメン1【橋本食堂】
高知須崎の鍋焼きラーメン1【橋本食堂】  鍋焼きラーメンとは聴き慣れない言葉ですが、高知市の西40キロ弱にある須崎市の名物ご当地ラーメンとして注目されているラーメンです。元祖といわれる谷口食堂はすでに昭和55年に閉店してしまっているのですが、大変人気だったこちらの味を引き継いでいるといわれるお店のひとつで、唯一の鍋焼きラーメンの専門店が、こちらの橋本食堂です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/22 01:00
久留米ラーメンの老舗2【大砲ラーメン】
久留米ラーメンの老舗2【大砲ラーメン】  昭和28年創業のこちら大砲ラーメンは、呼び戻しと呼ばれるスープを作る久留米ラーメン老舗です。普通はスープを一回一回骨から炊き上げますが、呼び戻しスープとはスープを少し残し、そこに水と骨をくわえてスープを炊くという技法だとか。創業以来継ぎ足して作っているということなので、とても貴重なスープですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/09/18 12:05
久留米の九州とんこつの元祖1【南京千両】
久留米の九州とんこつの元祖1【南京千両】  こちら南京千両は、昭和12年創業。九州で初めてとんこつラーメンを出したお店で、とんこつラーメンの元祖のお店として知られています。現在は数店舗を構えていますが、発祥の屋台は現在も健在です。メニューは、以前はラーメンだけでしたが、現在はとん飯(とんこつスープの炊込み飯)もあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/16 13:37
徳島ラーメンの人気店4【巽屋】
徳島ラーメンの人気店4【巽屋】  お店自体は1995年創業ですが、オーナーは30年ほど前、4店舗のレストランオーナーの時代から中華そばを研究し、20年かかって作り上げたという筋金入りのこだわりスープです。開店後すぐに人気店の仲間入りしたのも、うなずける味です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/30 11:18
徳島ラーメンの人気店3【春陽軒】
徳島ラーメンの人気店3【春陽軒】  こちら春陽軒は、数年前まで取材拒否だった地元の人気店。かなり濃い目の色合いは見ていて食欲がわいてきます。注文はもちろん肉玉入り。普通食べ歩きのときは、腹具合もありノーマルのラーメンを頼みますが、徳島では甘辛く味付けられた豚の薄切りばら肉と生卵がどうしても食べたくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/27 15:36
福岡のラーメンブログ
福岡のラーメンブログ  食べ歩きを始めた数年前に検索するとよく出会った、麺類の情報が充実したサイトです。現在はブログに移行している、おそらく福岡のラーメン好きなら知らない人はいないブログです。※写真は個人的に好きな「安全食堂」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/19 23:59
沖縄の八重山そば8【八重山そばジュネ】
沖縄の八重山そば8【八重山そばジュネ】  沖縄そばのひとつである八重山そばは、細く丸い特徴のある麺に、かつおだしのきいたスープ。トッピングには細切りにされた豚肉とかまぼこが乗っています。こちらジュネは創業30年ほどの老舗。あっさりしながらコクのあるスープは、本場八重山そばよりも美味しいのでは、という人がいるほどだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/15 00:25
元祖筋の広島ラーメン1【しまい】
元祖筋の広島ラーメン1【しまい】  広島のラーメンのスタンダードはとんこつベースの醤油味ですが、一時期大ブームになった和歌山ラーメンのとんこつ醤油とはちょっと違います。やややさしい味わいのラーメンにはもやしが乗るのも一般的。こちらしまいは広島ラーメンの発祥の店と言われる昭和32年ごろ創業の老舗です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/11 01:03
広島の味噌&カレーラーメン【喜味喜(きみよし)】
広島の味噌&カレーラーメン【喜味喜(きみよし)】  ご当地グルメというわけではないのですが、大先輩のH氏に連れて行ってもらったラーメン店喜味喜。広島の安佐動物園に程近いところにあり、広島の街中からは車で30分程度。その個性的な店構えと、こだわりの味で地元で評判のお店です。一番人気は味噌野菜ラーメン。たっぷりのごま油を使っていためた野菜がのったヘルシーなラーメンですが、じわじわ旨みの効いてくるラーメンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/07 10:27
伝統の正統派沖縄そば7【首里そば】
伝統の正統派沖縄そば7【首里そば】  沖縄随一の観光地の一つ、世界遺産の首里城の場のこちら首里そば。こちらは昔ながらの伝統の手打ち沖縄そばのお店で、1993年に惜しまれつつ閉店したさくら屋の技法を受け継ぐお店だそうです。1日60〜70食しか打たないので、早いときには1時過ぎに売切れてしまう幻のそばです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/05 15:36
沖縄の大東そば6【大東そば】
沖縄の大東そば6【大東そば】  南大東島に本店があるというこちら大東そば。以前訪れたときちょうど閉店時間で食べられなかったお店で今回再訪して無事いただけました。こちらのそばは、南大東島の海水を麺に練りこんだものを毎日直送。スープにも南大東島の海水を使っているとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/04 14:11
沖縄の宮古そば5【だるまそば】
沖縄の宮古そば5【だるまそば】  宮古そばの特徴といわれるのは、麺が細めであることと、具が麺の下に隠れていることだそうです。ただ最近では麺の上に具が乗っているのも珍しくないとのこと。こちらだるまそばは、ガイドブックでは具がもぐった写真でしたが、今回食べたのは具がトッピングされていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/30 18:59
青森の津軽焼干中華3【くどうラーメン】
青森の津軽焼干中華3【くどうラーメン】  昭和24年創業のこちらくどうラーメンは、もともとお蕎麦屋さんだったそうです。ラーメンの専門店になったのは、今の店主になってからとか。こちらのラーメンは煮干ではなくイワシの焼干を使っているのだそうですが、蕎麦屋の時代から、今や和食の高級食材とも言われる丁寧に処理された平舘産の焼干にこだわって使っているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 23:57
青森の津軽煮干中華2【八森】
青森の津軽煮干中華2【八森】  こちら八森は昭和45年創業の老舗です。メニューはざるそばと中華そばがあって、ざるそばは日本そば。元々はお蕎麦屋さんだったそうですが中華そばの注文が多くなってラーメン屋さんになったそうですが、お客さんの要望でざるそばだけ残したとのことです。青森には細麺と手打ち麺の二つの麺を選べるというラーメン屋さんがありますが、こちらが最初に始めたとのこと。一時期手打ち麺だけの時期もあったのですが、お客さんの要望で細麺を復活したという話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 14:37
青森の津軽煮干中華1【津軽中華そばイワキ】
青森の津軽煮干中華1【津軽中華そばイワキ】  青森は隠れたラーメンどころで、魚介系のだしの効いたスープが食欲をそそります。こちら のイワキは2002年の函館塩ラーメンサミットにも参加した名店です。今回は店主の一番のお奨めという、こってりの手打ち麺を注文。あっさりした醤油ラーメンをイメージしていると、結構ガッツリ来る個性あるスープにあうコシの強い中太の縮れ麺です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/16 00:00
札幌の味噌ラーメン7【桑名】
札幌の味噌ラーメン7【桑名】  平成2年創業のこちら桑名は、すっかり札幌味噌ラーメンの主流となった感のあるこってりラーメンの元祖的存在ともいえるお店だそうで、地元の人気店でもあります。数年前に初めて来たときの印象は、どっしりした重量感のあるラーメンといったイメージでしたが、味は見た目ほど濃くはなく、イメージするほどこってりでもありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/29 10:41
博多ラーメンの老舗8【しばらく】
博多ラーメンの老舗8【しばらく】  以前タウン誌ネットワークのラーメンランキングで福岡の第4位だったこちらしばらくは、昭和28年の老舗です。カウンターと少しのテーブルがある間口の狭いお店で、歴史を感じる風情。ラーメンは小ぶりの丼にスープがなみなみと注がれ、下にお皿が一枚ついてて出て来ます。比較的あっさりとしたラーメンですが旨みを感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/26 23:59
ルーツの徳島ラーメン2【岡本中華】
ルーツの徳島ラーメン2【岡本中華】  昭和25年前後(現店主もはっきりとはわからないそうです)、屋台から創業したこちら岡本中華は、徳島市の少し南の小松島市にあります。車で30分程度なのですが、なかなか行く機会がなく、初めて行ったのが2年半ほど前。小松島は徳島ラーメンのルーツと聞いていたのですが、ビジュアル的には博多のとんこつに似ていたので、「やはりルーツは食べておかねば」という程度の動機で行ったのですが、その衝撃的な美味さに驚いてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/25 11:00
徳島ラーメンの老舗1【いのたに】
徳島ラーメンの老舗1【いのたに】  徳島ラーメンが全国的に有名になったきっかけは1999年に新横浜ラーメン博物館の期間限定店にこちらいのたにが出店したことからだと思います。濃い目の味のとんこつ醤油で、やや甘みを感じるスープ。チャーシューの代わりに甘辛く煮た豚のバラ肉が乗り、肉入りだとスープに甘みが増す感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 23:56
博多の幻の坦々麺2【たんたんめんの虎2】
博多の幻の坦々麺2【たんたんめんの虎2】  昨日残念ながら閉店したたんたんめんの虎には個性的な坦々麺が数多くありました。カレー坦々麺は、札幌ではやりのスープカレーラーメンとちょっと似た感じですが、胡麻のペーストが効いているため、旨みの深い味わいに仕上がっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 00:07
博多の幻の坦々麺1【たんたんめんの虎】
博多の幻の坦々麺1【たんたんめんの虎】  ご当地料理というわけではないのですが、博多には美味しい坦々麺のお店が結構あります。博多でもまだご当地料理が書ききれていないので、あたためていたのですが、大名の坦々麺専門店のたんたんめんの虎が閉店してしまうということで、急遽書くことにしました。メニューのバリエーションが豊富で、いつもどれを選ぶか迷ってしまうのですが、ノーマルな坦々麺と豆花(とうふぁ)担々麺という豆乳を使った坦々麺の人気が高く、特に豆花担々麺は女性の一番人気だそうです。個人的にはこの豆花担々麺にチーズをトッピングしたものが好きで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/05 23:59
和歌山の車庫前系中華そば3【○京】
和歌山の車庫前系中華そば3【○京】  こちらの○京は、屋台出身で創業から40年以上になるというお店です。3年ほど前にリニュアルしたという店舗はとってもおしゃれになっていました。以前訪れたときはお店の中に屋台があるような印象だったのですが、今のお店はのれんもないカジュアルな感じのお店です。地元女性客には非常にいいと思うのですが、個人的には以前のノスタルジックな雰囲気が好きでいたので、正直ちょっと残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/03 23:58
和歌山の老舗中華そば2【丸高中華そば】
和歌山の老舗中華そば2【丸高中華そば】  井出系に対して、もう一つが車庫前系ラーメン。その元祖のといわれているのが昭和15年創業のこちらの丸高中華そばです。もともと路面電車の電車の車庫の前で屋台で営業していたため、車庫前系といわれるそうですが、現在は新内(アロチ)という飲み屋街の一角にお店を構え、夕方からの営業です。スープはとんこつをただ煮るのではなく、一度醤油で煮込み、一晩寝かせたとんこつを使ってスープをとるという手間のかかる方法でとっているそうです。醤油が濃い目の味付けなのですが、とんがった感じではないのはチャーシュー煮込むだけで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/02 23:57
和歌山の老舗中華そば1【井出商店】
和歌山の老舗中華そば1【井出商店】  こちらの井出商店は昭和28年創業の老舗。和歌山ラーメンが全国区になるきっかけとなったラーメン店で、新横浜ラーメン博物館への98年〜99年の出店時に記録を作ったといわれる人気店です。和歌山には大きく分けて車庫前系といわれる半透明の濃い目のとんこつ醤油と、井手系といわれる茶色いとんこつ醤油の二つのラーメンがあります。井手系というのは文字通りこちらが元祖のラーメンです。6年ほど前に食べたときには全体的にバランスの良い優しいラーメンという印象でしたが、現在のほうがやや味の輪郭がくっきりした感じでした。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/05/01 23:58
東京の老舗ラーメン3【春木屋】
東京の老舗ラーメン3【春木屋】  こちらのお店もラーメン好きならまず知らない人はいない超有名店です。昭和24年創業で、東京醤油ラーメンの代表格として煮干の香る旨みの深いラーメンです。ラーメン博物館の竹内氏が春木屋理論という、お客さんが昔から変わらずおいしいといってくれる為には、常に進化し続けなければならないというもの。10年以上前に求人広告の営業マンとして荻窪を回っていたときに、いつも行列ができていて、そのうち食べようと思っていたらついに食べそびれてしまったという私にとってはずっと気になっていたラーメン店でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/26 23:59
東京のつけ麺の元祖2【大勝軒】
 昭和30年につけ麺を考案した、いまやすっかり定着したつけ麺元祖のお店で行列店として有名なこちらの大勝軒。来店はラーメンの食べ歩きを始めた8年ほど前以来でしたが、さすがに抜群にうまいです。B級グルメ好きで、占い師のN氏と共に14時過ぎに来店。多少行列ができていましたが、比較的すんなり入店できました。こちらは麺の量が半端でなく、なんと260g。食べても食べても減らないくらいのボリュームです。麺は太目のストレート麺。スープは魚介系の出しのしっかりきいて旨みも深く、チャーシューもしっかりした味付けです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/25 17:19
東京の元祖筋の醤油ラーメン1【来集軒】
 仕事の忙しさともろもろで1ヶ月も開いてしまいました。またこつこつやっっていきたいと思います。さてこちらの来集軒は約8年ぶりの来店。ラーメンの食べ歩きを始めた初期に食べに行ったお店です。ラーメンの元祖は横浜のという説があったり、最近では函館が早かったのではないかといった諸説あるようですが、こちらの来集軒は明治の後半の創業で、東京ラーメンの元祖といわれる来々軒の流れを汲むといわれているお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/24 13:38
新潟の燕三条ラーメン2【三条福来亭】
 大量の背脂が乗った燕三条系といわれるラーメンは、燕では中華そばで出されるようですが、三条では大油(おおあぶら)中華そばという名前でメニューに載っています。この三条大油(おおあぶら)ラーメンの代名詞とも言われるこちらです。大油とは恐ろしいネーミングですが、、背脂とともに表面に油があります。しかし、べたべたした脂っこさではなく、コクのしっかり加わったラーメン。だしには魚系のたっぷり旨みが出ていて、なんとも後を引きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 23:58
新潟の燕三条ラーメンの元祖1【杭州飯店】
 新潟の燕市、三条市の周辺には、かなり個性的なラーメンがあります。こちらは燕の背脂系ラーメンの元祖といわれるお店です。先代が現在の燕の福来亭で創業し、現在の場所に移転して杭州販店となってからでもかなりの老舗です。現在の福来亭は親戚の方がやっていますが、系列とかではないそうです。背脂系といえば東京では背脂チャッチャッ系といわれるジャンルが大ブレークした時期があります。こちらのラーメンはかなり背脂が使われていますが、魚系のだしがしっかりしているためか、しつこくはなくコクの加わったとっても美味しいラー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/02/13 23:59
長崎の幻のちゃんぽん8【万徳】
 中華街のほど近くにある中華の美味しいお店。佐賀県知事で食通で知られる古川氏が長崎県庁時代こちらの小龍包を絶賛していたとのこと。カウンターとテーブルの小さなお店ですが料理の味は折り紙つきです。坦々麺やエビチリマヨなども美味しく、本格的な中華料理が食べられると評判のようです。タウン誌の編集長も太鼓判のお店です。こちらのちゃんぽんは、1年で2週間だけしか食べられないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/02/06 14:11
富山の黒いラーメン3【大喜根塚店】
 こちらのお店は大喜という名前ですが、市内に数店舗を持つお店とは別の経営で、味もちょっと違います。創業50年以上の大喜西町のご主人から直接手ほどきを受けたという、創業23年の大喜根塚店。平成12年に現在の大喜は経営が変わったということもあり、屋号は一緒でも別のお店とのこと。詳しい理由はよくわかりません。スープの味付けはかなり濃い目ではあるものの、富山ブラックという呼び名で注目を集めた大喜西町と比べると、強烈なインパクトというよりは優しい感じです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/04 17:21
富山ブラックの元祖2【大喜】
 先輩O氏の奥様が富山の出身なのですが、先輩が富山は全体的に味付けが濃いといっていました。元々富山県のラーメンが黒いスープというわけではなく、富山ブラックと名づけられた真っ黒いスープのラーメンが、数年前から注目を集めるようになりました。その元祖が昭和22年創業のこちらの大喜です。味は非常に塩辛く、ご飯のおかずになるほど。一度食べただけでは評価が人によってまちまちではありますが、中毒性があるほどの強烈な個性があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/03 14:41
尾道のラーメン5【フレンド】
 宇宙一美味しいというキャッチフレーズの、古い(失礼!)喫茶店の風情のラーメン。宇宙一というのは地元の高校生が寄せ書きに書いたのがきっかけだとか。外には色々なメニューも出ている看板がありましたが、現在はラーメン専門になっているようです。一緒にキャリアカウンセラーのI氏、M氏とともに食べたのですが、基本的には一杯ずつ作るようで、最初に出てきたラーメンを前に二人の分を少し待っていると、「すぐに伸びてしまうから早く食べてね」と言われました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/28 12:33
尾道の老舗ラーメン4【つたふじ】
 昭和24年創業のこちらは、尾道でも老舗の人気店で、朱華園と同様知名度の高いラーメン屋さんです。昼食時をずらしたにもかかわらず行列ができていましたが、30分程度待って11席のカウンターのみのお店に入ることができました。スープは尾道ラーメンとしては薄い色ですが味はしっかりしていて、豚と小魚のスープにたれを入れて炊き合わせたスープであり、熱々のスープででてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/27 17:36
福島の白河ラーメン2【食堂すずき】
 インターネットでも評判がよく、タクシーの運転手さんが絶賛していたお店です。ワンタンが特に美味しいことで知られているようですが、食べ歩きを考え、普通の手打ち中華を注文しました。とら食堂のご主人から直接指導を受けたという手打ちの麺は、やや太めでコシも強くもちもちとした麺自体が美味しいと思える麺です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/25 01:49
福島の白河ラーメンの老舗1【とら食堂】
 福島のご当地ラーメンとしては喜多方が有名ですが、ラーメン好きの間では白河ラーメンもかなり知名度が高いと思います。こちらはもともと昭和10年くらいにラーメンを出す屋台が現れ、その後○イワンタンという人気屋台で修行した、先代のご主人が始めたお店。ラーメン作りの天才といわれていた先代が惜しげもなく作り方を教えたことで、ラーメン店が広がっていったとのこと。現在は二代目ですが、手打ちの麺や丁寧なスープ作りで評判の人気店でです。ラーメンは昔ながらの中華そばのイメージで、とても美味しいラーメンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/23 13:27
秋田の十文字ラーメン3【三角そばや】
 十文字ラーメン御三家といわれている最後はこちらのお店。食べ歩きの時にはネットやナショナルガイドで情報収集をして、概ね行くお店を絞っていきますが、地元で再度情報の収集を行います。こちらは地元の文房具屋さんで紹介されたお店で、当初の狙いのお店でもあったので予定通り訪れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/01/22 13:35
秋田十文字のラーメン2【丸竹食堂】
 私が十文字ラーメンの存在を知ったのはテレビの全国ラーメンランキングの番組で、こちらのお店が紹介されたを見てからです。秋田県では唯一のランクインで、学生時代仙台に住み、宅配便のバイトでかなりの東北の地名を把握していたつもりでしたが、聞いた記憶のない十文字ラーメン。いずれ食べに行かねば、と思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/21 13:05
秋田の十文字ラーメンの元祖1【マルタマ食堂】
 こちらのお店はガイドブックによると昭和12年創業の秋田の十文字ラーメンの元祖のお店です(創業年は昭和9年、10年との説もあるようですが・・・)。十文字町は昨年合併して、以前書いた横手市と一緒になりましたが、十文字ラーメンは横手ラーメンにはならず、横手焼きそば、稲庭うどんとともに秋田の麺として、もっとメジャーになって欲しいと思います。この十文字ラーメンは魚系の強い出しが大きな特徴の一つです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/20 14:07
山形の米沢ラーメン2【喜久家】
 米沢でも数少ないラーメンの専門店で、夏場には冷し中華も出されるそうですが、基本的なメニューは中華そばとつけ麺のほかは中華うどんのみ。昭和28年創業の老舗で地元の人気店です。土曜日だったせいもあると思いますが、家族連れも多く訪れていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/18 21:21
山形の米沢ラーメン1【羽前路あいづや】
 米沢ラーメンは歴史が古く、大正の末期には中国人が屋台で既にラーメンを出し始めていたとのことですが、一般のお店で売られるようになったのは昭和9年頃とのことです。どの店が元祖というのははっきりしないのですが、この頃創業のお店は現在もいくつかあるようです。こちらのお店は創業大正12年。現在のお店は民芸調の広めのお店になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/17 12:30
山形冷しラーメンの元祖1【栄屋本店】
 山形の冷しラーメンは冷し中華とは違います。食べる前は味のイメージがつかなかったのですが、食べてみて納得、まさに冷たいラーメンです。スープは冷し中華のように酸味のきいたつゆでも胡麻だれでもなく、あっさりした和風のだしのしょうゆ味。つけ麺のたれに味わいは似ていますが、はじめから麺が丼で一緒になっているので、当然ながらそのまま飲める濃さになっています。こちらは昭和27年から冷しラーメンを出している元祖のお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/16 12:32
山形の鳥中華1【水車生そば】
 山形県の天童周辺に鳥中華というラーメンがあります。ラーメンのトッピングといえば普通豚肉のチャーシューですが、ここでは鳥がトッピングに使われるところがあるのです。岡山県の笠岡というところは鳥のチャーシューを使いますが、こちら天童周辺の鳥中華は、やわらかく煮た鶏肉がのった鳥南蛮そばの麺に中華麺を使った、というイメージのラーメンです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/15 13:12
山形赤湯辛味噌ラーメン【龍上海】
 こちらは12月14日からラーメン博物館に出店している山形は赤湯の名店です。地元では「上海」と呼ばれていました。以前からから行ってみたいと思っていた昭和33年創業のお店で、今回やっと行くことができました。赤湯という温泉地のラーメンで、赤湯辛味噌ラーメンと言っていますが、赤湯には同様のラーメンを出すお店はほとんどないようで、むしろ山形市内などに同系統のラーメンがあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/14 14:29
富山のラーメン1【まるたかや】
 富山は隠れたラーメンどころといわれており、実際に美味しいラーメン屋さんが多いと思います。一時期「富山ブラック」と呼ばれる真っ黒いスープのラーメンが話題を集めており、今も黒いスープのラーメン屋さんが増えている印象です。こちらのまるたかやは富山のラーメン屋さんの老舗人気店で、7年ほど前に初めて食べた富山のラーメン屋さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/11 23:59
尾道のラーメン3【東珍康(とんちんかん)】
 尾道ラーメンという看板を最初に掲げたお店とのこと。水にこだわっており、湧き水を使ってスープを炊いているというお店。フレッシュ生野菜ラーメンや海草ラーメンといったヘルシー系ラーメンがメニューにありますが、スタンダードなラーメンを注文しました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/11/01 23:58
尾道のラーメン2【萬來軒】
 昔ながらの風情が漂う人気店。かなり広いお店で、雰囲気はなんともいえないレトロな感じです。かなり濃い目のしょうゆ味ですが、癖になるような好みのスープです。チャーシューにもしっかりとした味付けがされており、とてもやわらかく作られています。メンマの味付けもちょっと独特で、個性豊かなラーメンだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/10/31 17:28
尾道の人気ラーメン店1【朱華園】
 昭和22年に屋台からスタートしたこちらのお店は、尾道を代表する超有名店です。尾道ラーメンの代表格としてよく紹介されますが、尾道ラーメンの定義の一つとされる小魚を出しに使っていないということで、お店自体は尾道ラーメンではないといっているそうです。実際には尾道ラーメンであろうとなかろうと、とても美味しいラーメンなので、まあ、どちらでもいいといえばいいのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2005/10/30 12:33
福岡の老舗ラーメン7【元祖長浜屋】
 昭和27年創業の長浜ラーメンの老舗有名店。風情のある雰囲気で店に入るとすぐに「いっぱ〜い」といわれ、2〜3分でラーメンが出てきます。二人で入れば「二は〜い」といわれます。替え玉の元祖とも言われ、こちらのラーメンが好きだという博多出身者は多く、九州麺食いランキングというタウン誌の別冊では福岡で3位にランクされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/10/29 12:36
博多の取材拒否ラーメン店6【八ちゃん】
 夜9時にオープンする取材拒否のお店。夜中でもよく行列ができています。今年の5月ごろ改装したそうで、カウンターのみのお店は店内が明るくなった気がしますが、ラーメンのこってり感は変わりません。はじめて食べたのは6年ほど前。「箸が立つほどこってりのラーメン屋さんがあるらしい」との噂から、しっかりとしたお店の所在情報がない中、うろうろ探しながらいきました。もちろん箸が立つなどということはないのですが、それくらいこってりしているというイメージでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/10/28 13:55
博多の取材拒否ラーメン店5【元気一杯】
 インターネットではその独特さで有名ですが、一般メディアには決して出てこない元気一杯。非常に強いこだわりを持つお店には、まずスープから飲むという食べ方ができない方は、お店の利用をご遠慮くださいという張り紙があります。ポタージュのようにとろみがあり、旨みが濃厚なスープはとても美味しく、今まで何人も出張や旅行できた友人を連れて行きましたが、みんな激賞していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/10/25 14:07
福岡のラーメン4【ナンバーワン】
 全国のご当地ラーメンの名前で、市町村の名前がついているのが最も多いですが、小さなエリアのなのに知名度が高いのご当地ラーメンになっているのは、長浜ラーメンだけではないかと思います。昔、長浜ラーメンは滋賀にあるのではないかと思っていました。長浜は博多の海沿いの市場がある一角で、屋台が連なって出るところです。(今は市場の移転などもあったそうですが現状はちょっとわかりません)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/10/19 15:56
福岡のラーメン3【呉朝明(ごちょうめい)】
 現在の食べ歩きのきっかけとなったラーメン食べ歩きのはじめ一歩となったこちらのお店。最近はともかく、もともと男性で食べ歩きをするなどというのは基本的には少数派だと思います。私も旅行誌の仕事をしていたとき、意外とビジネスホテルでコンビに弁当を食べていたことも少なくありませんでした。正直言って後悔してますけど・・・。呉朝明は屋台出身の居酒屋さんですが、個人的にはこちらのラーメンは大変好みです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/15 18:48
福岡のラーメン2【安全食堂】
 私が個人的に福岡の西の横綱だと思っている安全食堂。食堂という名前ですが、ラーメン、ちゃんぽん、チャーハン、おにぎりといったラーメン屋さんのメニューが並びます。博多の中心地天神から車なら40分程度。観光客でいくのはなかなか困難な立地です。以前は地元のタウン誌のラーメン本のみに紹介されるほかは取材拒否のお店でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/28 13:43
博多のラーメン1【博多一風堂】
 博多のとんこつラーメンはどこがおすすめ?とよく聞かれます。この質問は実に答えにくい質問で、自分のお気に入りのラーメンが必ずしも人に合うとは限らないのでどうしても無難な店になってしまいます。ちなみに私はこってりが好きなので、どうしても濃い目のスープがお奨めになっちゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/27 14:56
中華街のちゃんぽん7【桃華園】
 中華街はおおよそ夜の8時半でしまってしまうお店が多いのですが、その時間で開いていたこちら桃華園に入りました。注文はちゃんぽんを頼みました。8時半がラストオーダーなのだそうですが、次から次へお客さんが入ってきて夜の9時前に8割がた席が埋まってしまった。やはり中華街全体でもう少し遅くまでお店がやっていれば、もっともっとお客さんが食べられるのではないかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/26 11:19
眼鏡橋近くのちゃんぽん6【共楽園】
 眼鏡橋のかかる中島川の川沿いにある個人的に好きなちゃんぽんのお店。創業60年近くになるお店で、皿うどんも評判がよいようです。ちゃんぽんは割と決まったお店ばかり食べていたのですが、長崎市役所のグルメのN氏に紹介されて以来、すっかりはまった地元で評判のお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/25 11:51
旭川の醤油ラーメン2【糸末(いとすえ)】
 いまや全国各地にできているフードテーマパークやラーメンコンプレックスの数々。旭川には比較的早い時期にできた旭川ラーメン村があり、蜂屋や天金をはじめ、旭川の有名店が軒を連ねています。数年前に新たにイオンショッピングセンターの中にできたイオン拉麺浪漫街に出店し、もともとあった旭川の駅から徒歩圏のお店はスープ工場になっているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/15 12:37
旭川の醤油ラーメン1【蜂屋】
 創業1947年の旭川ラーメンの老舗蜂屋はラーメン博物館に出展し、ラーメン好きの間では全国区になったといえるでしょう。初めて食べたときに、かつて食べたことのないインパクトに驚いたのは6年ほど前。個性的なスープは昔のイメージのままでした。ただ、あまりに個性が強く、はっきりと嫌いという人がいるほどのラーメン。当然スープの個性の話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2005/09/13 23:53
札幌の味噌ラーメン6【五丈原】
 5年以上前ですが、こちらのお店はものすごい行列で、まず食べるのにひと苦労でした。その当時は夕方からしか店がやっていなかったと記憶していますが、今は支店もでき、昼もやっているので、今回はすんなり入れました。しかし2時半くらいの入店であったにもかかわらず、次から次へとお客さんがひっきりなしにやってきて、カウンターはほぼ満席。あっという間に一組か二組は待っている状態になりました。さすが超行列店だったころの実力は今も生きているという感じです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2005/09/03 10:34
札幌の味噌ラーメン5【らーめんてつや】
 札幌市内他多くの支店を持つ人気のラーメン店「てつや」。ニューウエーブラーメンとして一世を風靡したてつやもいまや多くの支店と、お土産ラーメンですっかりスタンダードになった印象です。今回行ったのは南7条店ですが、ここが元々の本店ということです。ガイドブックにも醤油が紹介され、ネットでも醤油の評判が高かったのですが、旅行者なので、札幌といえば・・・とやはり味噌を注文してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/02 21:56
函館の塩ラーメン6【あじさい】
 創業70年以上、昭和初期に創業した函館五稜郭近くの老舗あじさい本店を2度ほど食べて以来、数年ぶりに新千歳空港のラーメンコンプレックス「北海道ラーメン道場」でいただきました。あじさいは函館でも超有名店。こちらの塩ラーメンは透明でありながら非常にコクがあり、本店で食べて以来すっかりファンになりました。北海道ラーメン道場でも行列ができるほどで、、1日の売り上げ記録を持っているほどの人気らしいです。透明であっさりとしながら滋味深いスープは以前のイメージと同じでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/09/01 23:58
函館の塩ラーメン5【来々軒】
 十字街電停近くにある昭和10年創業の老舗。当初のカフェバー(そのころにそういう言葉があったかどうかわかりませんが)のお店を引き継いだ雰囲気で、とってもレトロな感じでノスタルジックな気持ちに浸れます。入り口は最初に扉を開けた後、更に店内へつながる扉がもうひとつあります。とにかく「現存している」といった言葉が似合いそうなくらいの風情です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/25 23:58
函館の塩ラーメン4【十字街鳳来軒】
 十字街電停の近くにある昭和23年創業の老舗の中華料理店、十字街鳳来軒。なんか名前の響きが格好良く、しかも老舗のラーメンだったので行ってみたかったのですが、こちらのお店は営業時間がとても短く、しかも何度か定休日や臨時休業にぶつかってなかなか行くことができませんでした。やっと行くことができた昼前の店内はほぼ満席。やはり人気のお店のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/24 23:25
函館の塩ラーメン3【一文字】
 函館は市街地から30分程度の場所に湯の川温泉があります。立ち寄り湯ができるホテルのほか、公衆浴場がなかなかいいんです。函館麺や一文字は海沿いの湯の川温泉エリアにある比較的新しいラーメン屋さんです。もともと寿司職人だったという若きご主人の作るラーメンはとても奥深い注目のニューウェーブラーメンです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/23 23:54
函館の塩ラーメン2【星龍軒】
 函館駅前の朝市の近くにありますが、意外と地味な場所にあります。ところが何度か行列に遭遇し、なかなか食べられませんでした。屋台出身で、お店は昭和32年からやっている老舗です。函館のラーメンは澄んだ塩のスープのイメージがありますが、こちらのスープの透明さにはちょっとびっくりしました。味がついているのか疑わしいほどきれいなスープなのですが、これが食べてみてびっくり。コクのある滋味深いスープなんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/22 22:12
函館の塩ラーメン1【マメさん】
 ラーメンを注文すると普通に塩が出てくるのは、ご当地ラーメンとしては函館くらいだと思います。個人的な好みとしては、塩ラーメンは物足りない印象があったのですが、函館の塩ラーメンのコクのあるスープには結構衝撃を受けました。マメさんは新横浜ラーメン博物館でその存在を知り、函館ではじめて食べたラーメンです。4年ぶりくらいに食べたのですが、やはり美味しいと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/08/21 19:04
新進気鋭の札幌ラーメン4【彩未】
 自宅には様々なガイド本をはじめ多くのラーメン本がありますが、私が北海道でラーメンを食べるのに最も信頼を寄せているのが「とっておき北海道ラーメン50+2」です。小さなハンドブックタイプですが、とても充実したラインナップです。こちら彩未は中でも注目の一軒ということで、有名店で7年の修行を経て開店したとのことでしたが、修行のお店は超有名店のすみれだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/11 10:47
やさしい札幌味噌ラーメン3【欅(けやき)】
 開店以来女性に高い人気を誇ってきた欅は、現在ラーメン博物館のすみれの後継店、北海道代表として人気を博しているそうです。先日広島のパートナーO氏と共にラー博に行った際、結構悩んだ末に千草という醤油ラーメンの店に入店。ちょっと心残りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/08/10 01:27
札幌味噌ラーメンの元祖2【味の三平】
 もともと札幌のスタンダードのラーメンは醤油だったのですが、「札幌といえば味噌」のイメージが定着していたのは、東京での週刊誌の記事がきっかけだったとのことです。その味噌ラーメンを昭和29年にはじめた出した元祖の店がこちらの「味の三平」です。今のお店はビルの4階に入っていて、昼時には常に行列ができている状態です。文房具のフロアの奥にお店があるので、そこに行列ができている姿は一見異様な感じさえしますが、店の中に入るとカウンターのみの昔ながらのラーメン屋さんになっていてまったくの別空間になっているの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/09 14:26
中華街のちゃんぽん5【会楽園】
 中華街の入り口にある立派な店構えの会楽園。創業昭和2年の老舗です。以前中華街ではなかなかない坦々麺を出すお店なのでそれを食べましたが、今回初めてちゃんぽんを食べました。昼時に行ったので、広い店内もほぼ満席の状況。ちゃんぽんは750円。以前は鶏がら100%だったそうですが、現在鶏がら7:とんこつ3の割合で、ミルキーな感じのスープで、白濁したコクのしっかりとしたスープです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/02 07:22
飲み屋街の老舗ちゃんぽん4【天天有】
 昭和初期、清海楼という名で創業。原爆でお店が壊滅したのですが、昭和21年から宇宙という意味の中国語の「天天有(てんてんゆう)」という名前で再建し、地元に愛され現在まで続く思案橋近くの老舗の中華料理店です。鶏がら3に対してとんこつ1の割合でブレンドしたスープはとても濃厚。朝の5時から炊き上げているそうです。だしが非常に濃いので、塩味の味付けは抑え目にされている感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/01 10:30
やさしい老舗のちゃんぽん3【康楽(かんろ)】
 9年前に初めて長崎に出張で来た時に、九州出身の当時の上司に「地元の本当にうまいちゃんぽんはここだ」とつれてこられたのが、康楽(かんろ)です。思案橋電停から程近く、電車道の一本裏の思案橋グルメ通に面しています。昭和23年創業の老舗で、お店の雰囲気も旅情をそそります。以前来た糸井重里が自分おホームページで絶賛していたというのをネットで見つけ、久しぶりに訪れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/31 12:42
老舗の濃厚ちゃんぽん2【江山楼】
 新地中華街に本店を構える昭和21年創業の老舗江山楼。四海楼と並びガイドブックにもよく紹介される、超有名店です。7年前長崎駅が改装されるに伴って、長崎駅店が閉店しましたが、それまで電車に乗る前にほぼ毎回食べるほど、江山楼のちゃんぽんにはまっていました。とにかく濃厚なスープは、ちょっと置いておくとすぐ表面に膜が張ってしまうほど。スープに野菜のうまみもしっかりと入っていてとても美味しいちゃんぽんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2005/07/30 09:56
ちゃんぽんの元祖1【四海楼】
 明治32年創業の老舗四海楼は九州の中華料理の源流のお店と言えるでしょう。全国的にも有名な長崎ちゃんぽんは、明治の後期に当時大人気だった支那うどんがその名を変えてちゃんぽんとなったとの事。こちらが長崎ちゃんぽんの元祖もお店です。グラバー園のふもとにある立派な建物で、ちゃんぽんの歴史がわかるちゃんぽんミュージアムもあります。食事は5階の展望レストランでいただきましたが、長崎の港や町並みが一望でき、とてもいい景色です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/28 13:22
釧路の醤油ラーメン3【銀水】
 釧路のラーメンの歴史は古く、昭和初期には屋台でラーメンを出す店があちらこちらにあったとか。銀水は昭和10年屋台で創業した、釧路ラーメンの源流をなすお店。もともととんこつのこってりしたスープが横浜から入ってきたのですが、そばの老舗東屋の創業が明治7年ということなので、すでにお蕎麦屋さんが根付いていたため、釧路の人の味覚にあうよう、和風のあっさりだしに変化していったようです。現在のお店自体は結構大きくて新しくなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/25 00:23
釧路の醤油ラーメン2【河むら】
 札幌駅の駅ビル「エスタ」の10階に入っている札幌ら〜めん共和国にも出店している人気店「河むら」。釧路のお店は中心街の末広町にあり、夜も23時までやっているので、昼間でも夜でも食べられるのは食べ歩きにとってはとってもありがたいものです。老舗のラーメン店銀水で20年修行したとガイドやネットに出ていましたが、銀水とは目と鼻の先。こんなに近くで店をやっているってもしや何か・・・などとちょっと勘ぐってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/24 14:43
釧路の醤油ラーメン1【まるひら】
 北海道といえば、札幌の味噌を筆頭に旭川の醤油、函館の塩という形でメディアに登場することが多いと思います。福岡でラーメンといえばとんこつですが、札幌でラーメンといえば必ずしも味噌というわけではなく、醤油も結構割合が高いことが現地のラーメンガイドでもわかります。釧路のラーメンはここ数年で北海道4大ラーメンとして注目を浴び始めたあっさり目の醤油。なかでも「まるひら」は地元の支持の高い昭和34年創業の老舗の名店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2005/07/23 11:33
札幌の味噌ラーメン1【すみれ】
 札幌の味噌といったら、超有名店ですがやはりすみれがうまいと思っています。福岡のキャナルシティにあるラーメンスタジアムを経て路面店となり、今や福岡でもすみれのラーメンが食べたいときに食べられるようになってうれしい限りですが、やはり本店でも食べておきたいと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/15 02:17
国際通りの宮古そば4【どらえもん】
 沖縄そばは沖縄本島のそばで、宮古や八重山では微妙に違うと言う話です。もともと宮古そばは麺が細めであまり縮れておらず、具はその麺の下にもぐらせたものだったそうです。今では宮古島の数件でしかその形では出していないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/04 09:00
ドライブスルーのある沖縄そば3【なかむら屋】
 今回の沖縄訪問の目的地だった宜野湾市のドリームプラネットインターナショナルスクール・沖縄アクターズスクールのすぐそばにある沖縄そば屋さん。ドライブスルーでそばが買える店としてメディアにも登場しているようですが、行ったきっかけはドリームプラネットの生徒さんのお薦めの店として食べに行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/03 15:11
創業100年の沖縄そば2【きしもと食堂】
 創業1905年(明治37年)の超老舗。食堂と言う名前ですが、メニューはそばとジューシーという炊き込みご飯のみです。最近は灰汁を使った手打ちそばの店も増えてきたそうですが、一時期はここぐらいしか見つからない時期もあったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/27 11:23
150年の古民家で沖縄そば1【ゆんたくそば御殿山(うどぅんやま)】
 以前来たときに食べられなかった御殿山のそばを、今回まず最初に向かいました。ゆいレールができたので首里まで行き、そこからタクシーで1メーター。以前沖縄に住んでいたT氏に「沖縄はタクシー安いから結構タクシーを使うよ」といわれ、食べ歩きではできるだけ封印しているタクシーを活用しました。もともと「500円のラーメンを食いに5000円使う男」と揶揄され、確かにもったいないかもしれないと思い、できるだけバスや徒歩を使うようになって、行った先の町の面白さがよりわかるようになったというのもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/06/23 01:06
唐津のラーメン2【龍虎軒】
 九州タウン情報ネットワーク発行の「麺喰いランキング九州」(平成10年発行)で、佐賀のラーメンのベストテンに入っている唐津の2軒目は龍虎軒。唐津に来てからすでに40年くらいたつのだそうがですが、もともと戦後数年してから久留米で屋台でスタートしたとのことです。先代の若い頃から、始めて50数年になるって言うことでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/22 14:55
唐津のラーメン1【関東軒】
 九州タウン情報ネットワーク発行の「麺喰いランキング九州」(平成10年発行)で、佐賀のラーメンのベストテンに2軒入っている唐津。まずは地元の人気店「関東軒」。お店は唐津で20年ほどになるとのことですが、東京での修行時代から数えて40年位になるとのことです。スープは白濁のスープではないですが、とんこつのスープなので、パンチの効いたスープになっていまが、。余分な脂を丁寧に取り除いているせいか、こってりとした感じではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/21 01:39
老舗の長崎駅前とんこつ1【一休軒】
 長崎の麺といえばちゃんぽんですが、もちろんラーメン屋さんもあります。今でも出張のお供で持っていくため、ぼろぼろになってしまった平成10年発行の九州タウン情報ネットワークの「麺食いランキング九州」では長崎県の1位となった「一休軒」。長崎駅前のバスターミナルの裏手に昭和35年から45年続く老舗のラーメン屋さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/11 15:58
激ウマ ラーソーメン@博多
 博多の名物というわけではないですが、博多ラーメンの細麺ならではのオリジナルメニューでラーソーメンというのがあります。「ふとっぱら」という屋台出身の居酒屋で、いろいろ食べ物がおいしい居酒屋の名物メニューです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/04 23:47
屋台名物 焼ラーメン@博多
 博多の屋台とラーメンは有名ですが、かなりの屋台に焼ラーメンというメニューがあることは意外に知られていません。焼ラーメンはもともと焼きそばの麺の代わりにラーメンの麺を使ったのが始まりで、ソース味がスタンダードなのですが、上海焼そば風の味付けやカレー味、しょうゆ味などさまざまなバリエーションがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/03 14:10
長崎ちゃんぽん
 ちゃんぽんを知らない人はあまりいないでしょう。何でそんなに有名なのかは定かではないですが、リンガーハットの全国展開も、かなり影響があるのかも。ちゃんぽんは、広い意味では中華麺であるラーメンと兄弟といったところでしょうか。具は海鮮と野菜をスープと一緒に炒め、麺も中華なべ(フライパンでもできる)で一緒に炒めてどんぶりへ。作り方は札幌の味噌ラーメンも近いかも知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/28 00:40
黒いラーメン【好来】
 8年ほど前に九州ウォーカー創刊2号か3号くらいのラーメン特集で紹介されたのを見てずっと食べてみたかった、熊本は人吉の好来(ハオライ)ラーメン。わざわざカッコで読み仮名を入れましたが、現地ではこうらいで通っているようで、行き帰りのタクシーの運転手さん二人とも「こうらいラーメン」と言っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/05/11 02:06

トップへ | みんなの「ラーメン」ブログ

日本食べある記@Blog ラーメンのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる