テーマ:中華

神奈川県三浦市三崎のマグロの美味い中華食堂【港楽亭】

 三崎は三浦半島の先端に位置する、東京都内から車で1時間半、公共交通機関で電車とバスでも2時間ちょっとでついてしまう、日本有数のまぐろの漁獲高を誇る港町です。まぐろはもちろん、新鮮な魚介類が豊富で、今回訪れてみて意外な近さで色々楽しめそうな町だと感じました。  三崎には海鮮丼をはじめ、揚げ物、煮物など様々なマグロ料理が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道芦別のガタタンの人気店2【きんたろう】

 芦別のガタタンを調べると必ず出てくるこちらきんたろう。ガタタンの元祖と言われているお店「幸楽」は昭和50年に閉店し、昭和63年に創業したこちらのお店が復活させたとのこと。以前ガタタンを提供していたお店で働いていた方が、提供するようになったお店で、地元で人気のカレーとお好み焼きで人気のお店です。 今日の日本食べある記は何位!応援ク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道芦別のガタタンの人気店1【宝来軒】

 ガタタン。初めて聞いた時、食べ物の名前とは思えませんでした。漢字で書くと「含多湯」。なるほど、これならなんとなく料理っぽいです。このガタタン、簡単に言うと具がたっぷりのとろみのあるスープ。たくさんの具とともに、とき卵がたっぷりで塩味です。 今日の日本食べある記は何位!応援クリック?  豊富な具は卵、かまぼこ、すいとん、こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道帯広の中華ちらし3【上海】

 こちら上海は老舗の中華料理店で、中華ちらしが生まれたといわれる割烹松竹出身の店主のお店とのこと。こちらの中華ちらしはちょっと個性的。一番の個性は、醤油ベースの味付けであるのはいっしょなのですが、少しピリ辛がアクセントになっていて、なかなか癖になりそうな味わいです。 今日の日本食べある記は何位でしょう?  紅ショウガと海苔が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道帯広の中華ちらしの老舗2【春香楼(しゅんかろう)】

 こちら春香楼の中華ちらしは中華料理「木須肉絲(ムースールースー)」にルーツをもつ中華ちらし。こちらのご主人も割烹松竹のご出身で、中華ちらしの名称についてはこちらが元祖ではないかという説もあるようです。ま、元祖論争になるのはあまり好きではないので、それはともかく、こちらも地元で人気の中華料理店です。 今日の日本食べある記は何位でし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道帯広の中華ちらしの元祖1【あじ福】

 豚丼はかなり食べ歩いたのですが、、日経の記者さんから小耳に挟んでいた中華ちらしについては、どこに提供店があるかわからず、そのままになっていたのですが、今回久しぶりに帯広に寄り、初めて中華ちらしを頂きました。中華ちらしというのは簡単に言うと、甘辛く炒められた卵と野菜、海鮮などを炒めてご飯の上に載せたもの。どんぶり飯という感じでかき込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今治の元祖筋の焼豚玉子飯2【白楽天】

 焼豚玉子飯(やきぶたたまごめし)は、今はもう閉店してしまった「五番閣」というお店のまかないめしで、こちら白楽天の初代オーナーが1970年の独立の時から、そのまかないだったメニューをお客さんに出して以来、現在も人気メニューとなっている、元祖の流れを汲むお店です。  ご飯の上にのり、目玉焼きに隠れたチャーシューはもも肉でしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛媛今治の焼豚玉子飯1【重松飯店】

 焼豚卵飯というのは、ご飯の上にチャーシューが並べられその上に甘辛いたれがかけられ、更に半熟の目玉焼きが二つ乗るというもの。今治の中華料理店には当たり前のようにあるという、料理名がそのまま料理を説明しているメニューです。こちら重松飯店は、町の中華料理店という感じです。  チャーシュー自体は醤油の味がしっかりとついており、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長崎の角煮まんじゅう1【岩崎本舗】

 角煮まんじゅうというのは、豚の角煮を中華まんの生地ではさんだものです。長崎の郷土料理で和洋中の折衷料理である、卓袱(しっぽく)料理の中の一品として出されたり、中華料理店でトンポーロ(≒豚の角煮)が中華まんの生地と一緒に出される場合があります。こうした料理の一品を、テイクアウトのメニューとして角煮まんじゅうという名前で手軽に食べられるよ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

長崎のハトシ【山ぐち】

 ハトシというのは明治の頃に中国から伝わったとされ、現在は長崎の郷土料理「卓袱(しっぽく)料理」の一品として出る長崎風の揚げパンです。食パンの間にえびのすりみとえびを挟んで油で揚げたもので、家庭でも作られるそうですが名前は必ずしもハトシという名前で呼ばれていたわけではないようです。こちらのお店は、大正10年創業の卓袱料理や仕出料理を出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more