テーマ:居酒屋

鳥取の絶品魚の居酒屋【すし銀】

 春先に鳥取らしい美味い物を食べたいと、こちらの方にお願いしたところ連れてきてもらったすし銀。地方で飲むときには、たいていはしごをするので、「鮨屋だと食べちゃうなぁ・・・」など思っていたら、こちらはお寿司を食べている人よりもつまみで飲んでいる人が多いのだとか。「いや、それでもすし食べずに帰るのはもったいないし」などと思っていましたが、本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路のつぶ焼き【かどや】

 北海道では名物として知られるつぶ焼き。つぶ貝は北海道ではメジャーな貝で、おでんのネタや、刺身でも食べられますが、種類はいくつかあるとのこと。大きな真つぶは刺身で食べられたりするようですが、こちらのつぶ焼きは青つぶと呼ばれるつぶの身を使うそうです。こちらかど屋はつぶ焼きとラーメンだけしかメニューにないお店です。 今日の日本食べある…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

北海道網走の旨い居酒屋【白樺】

 急きょ網走に宿泊することになり、今回の目的地であった標津町役場Kさんからご紹介いただいたこちら白樺。ネットでも改めて見てみると、とても評判のいい居酒屋です。網走は冬の味覚めんめ=キンキの有名なところ。高級魚の代表のような魚ですが、脂乗りがよく本当にうまい大好きな魚です。 今日の日本食べある記は何位でしょう?  大きさによっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平戸の鯨刺し【いちばん太鼓】

 平戸は昔から鯨を食べていた地域だそうです。日本人の食文化として、全国的にも最近鯨が注目を浴びてきているため、鯨が食べられるお店も増えてきているようですが、こちらいちばん太鼓では、居酒屋ながら非常に美味しい鯨の刺身を頂くことができます。今回鯨の刺身は、魚の刺身と一緒に刺し盛として出てきました。 今日の日本食べある記は何位でしょう?…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京の居酒屋の老舗1【河本(かわもと)】

 最近煮込みがマイブームで、ブロガーさん達と話をしていたところ、こちらの河本が話題となり、ご一緒させていただくこととなりました。今回お供させていただいたのは、グルメブロガー人脈が広く、わずか1年程度のブログ歴でありながら人気ブロガーとして活躍されているこちらの方と、ウェブから含めると7年のキャリアで、何と2000軒以上のお店を紹介し、丁…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

六本木の囲炉裏焼きの名店【いろり焼き 門次郎】

 フードジャーナリスト会議の後、楽しみにしていたブロガーさんとの懇親二次会。ちょっといろいろあって、そのまま解散になりそうな感じもありましたが、皆さんと、いろいろな方々の記事で登場しているこちら門次郎に初訪問。お連れ頂いた常連のこちらの方と一緒だったせいか、いつも通りなのかはわかりませんが、かなりすごいメニューが目白押し。登場した刺盛は…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

高知の鰹のはらんぼ【魚の店つづき2】

 鰹といえばたたきというイメージですが、今回頂いた鰹のはらんぼは絶品でした。はらんぼというのは、腹皮の部分で、いわゆる腹身の部分。戻り鰹の腹身なので、脂が乗った部分を焼いていただきます。  こちら魚の店つづきのカウンターには魚が並び、そこでご主人が料理をしているのですが、そこに見えた美味そうな部分。何かと聞くとはらんぼ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

高知鰹の塩たたき【魚の店つづき】

 高知の鰹のたたきは有名ですが、美味しんぼの日本全県味巡り高知編でも紹介された鰹の塩たたきが、久しぶりに訪れた高知でかなりブームになっているようでした。今回、美味しいカツオが食べたい!と、人材採用支援会社のK社長にお願いしたところ、連れて行っていただいたのが、こちら「魚の店つづき」です。まずは、肉厚の鰹の刺身をいただきました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高知のかつお茶漬け【お茶漬け・おむすび よこやま】

 刺身の半生のお茶漬けにはなんとも言えない美味さがあります。こちらよこやまは、かつお茶漬けが食べられるお店です。飲みのしめとしても魅力的なお茶漬けの種類は、鮭、生め、たらこ、ちりめんじゃこなどもありますが、さらさらっとさっぱりいただける高知のかつおのお茶漬けはとても美味しいです。  高知ならではのおつまみ類も充実してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知の老舗の居酒屋2【とんちゃん】

 こちらとんちゃんは、昭和29年に現在の場所で屋台からスタートした老舗の居酒屋で、豚のあらゆる部分を食べさせてくれるホルモン料理をはじめ、鯨や羊(ジンギスカン)などリーズナブルに食べられるお店です。豚もつの煮込みは白味噌仕立てで、「銀なべ」という名前の人気メニューです。  大変ユニークな名前のメニューも多く、ちょっと説…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

高知の居酒屋の名店1【くもん屋】

 こちらくもん屋は居酒屋と呼んでいいのかどうかわかりませんが、味と対応にとっても厳しい地元高知のデザイナー梅原真氏をして、高知で一番の店と言わしめた名店です。予約を取らなければなかなか食べられないほど人気のお店で、インターネットでもほとんど情報がない上、書いている内容は激賞しているものばかり。実際に頂いてみると、それがよくわかります。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

北海道標津の幻の鮭児【あけみ食堂】

 一時期、マスコミにも数多く取り上げられ、話題になった鮭児(けいじ)。鮭児とは、とんでもなく脂の乗ったシロザケで、通常四年で産卵に戻ってくるシロザケに混じっておおよそ1万匹に1匹網に入るという三年ものの幻の鮭のことです。  なぜ鮭児というかというと、三年物のメスの鮭なので、魚体が小さいために「児」という文字が使われています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平戸のあじの背切り【晴れたり曇ったり】

 長崎近海ではあじ・さばといった青魚が大変美味しく、特に個人的には鯖が大好きで、福岡でも大変美味しい鯖は多く食べられます。鯵は本当に美味しいと思ったのはあまり多くはなかったのですが、今回「背切り」という形で食べた刺身の美味しさにびっくり。こんな食べ方があるのかと衝撃を受けました。  鯵の背切りというのは、やや小ぶりの鯵を骨…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

北の屋台のとろけるラクレット【プチプレジュール】

 ラクレットというメニューをご存知でしょうか。スイスのチーズ料理で、じゃがいも(今回は甘味のつよいキタアカリ)に専用の機械?でチーズを溶かしてかけるというもの。そもそもとろけるナチュラルチーズ自体が旨いのですが、じゃがいもとの相性が抜群なんです。  これを食べさせてもらったのが、帯広の北の屋台にあるプチプレジュールというお店。チ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いちご煮にイチゴは入ってません【いず味2】

 青森の名物いちご煮はイチゴを煮たものではなく、ウニとあわびの入った贅沢なお吸い物という感じです。サンルート青森の地下の「いず味」のいちご煮は絶品でした。ある程度だしを出すために、ウニにも火が通っているのですが、出来上がりに少しだけ生うにを入れてもらい、しゃぶしゃぶのように軽く温めて食べる。これが、とんでもなくうまいんです。ただ、正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うまいぞ青森!【いず味】

 青森の郷土料理はなんとなく地味な感じがしていたのですが、素材を生かした素朴な料理は秀逸です。ホタテの貝焼き味噌は文字通りホタテの貝殻を鍋代わりに使った料理ですが、主役は味噌ではありません。味噌味は隠し味のように利いていて、ホタテやきのこ、野菜などを玉子でとじたもの。玉子は半熟状態でとろっとした中にきのこやホタテの歯ごたえがアクセント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八戸屋台村【わが家】にはまる2

 もともとの予定は2日目に仙台による予定が、八戸に滞在にすることになりさらに最終の新幹線で帰る予定が、八戸に泊まることになっちゃいました。24時間の屋台「わが家」で昼間4時間も居座って、感じのよかった女将さんたちがなんとなく不機嫌になっていくのを感じていて、製麺会社の社長さんと別れて、もう一杯だけわが家で飲んで次の屋台に行こうと思っ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

八戸屋台村【わが家】での出会い

 新幹線はやてが通って首都圏でも注目された八戸。ラーメン好きとしては佐野さんの作った八戸ラーメン「大陸」を食べることを主目的で行ったのですが、八戸の屋台村にはまって、1泊伸ばす羽目になり、翌日苦手な早朝出発となってしまいました。学生時代と社会人1年生に仙台に住んでいたので、東北はかなりツーリングで回りましたが、八戸には行ったことがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほっけの刺身【根ぼっけ】

 ほっけといえば、脂の乗った干物を焼き魚で食べるイメージがあります。しかし、某テレビ番組でほっけが刺身でも食べられるという話を聞きました。何度か函館に来て塩ラーメンを食べ歩いていましたが、今回「根ぼっけ」という居酒屋を見つけ、ほっけの刺身があるという情報をゲット。店名のとおりほっけにこだわった店のようなので、頑固親父かなあとちょっとど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

炉ばたの元祖~仙台編【炉ばた】

 海産物の炉ばた焼きの元祖が釧路で、その釧路の主人が炉ばたの形式を学んだのが仙台。それであればやはり仙台に行かねば・・・ということで仙台の炉ばたに行きました。  こちらの炉ばた焼きのお店も「炉ばた」。のれんわけのような形式になっているのかなと思いつつ、ビルの1階に収まっているお店に入りました。中に入るとビルの中とは思えない風情の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炉ばたの元祖~釧路編【炉ばた】

 全国にある炉ばた焼の店ですが、元祖の店が釧路にあるという話しを聞いて、調べていたところ仙台にも炉ばたの元祖の店があるとのこと。元祖論争をやっているのかなあなどと思いながら、釧路を訪れてみました。  ついたのが夕方だったので、その足で釧路炉ばた焼元祖の店、その名も「炉ばた」へ。なんとも雰囲気のある店構えは、旅情をそそります。中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more