アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「鶏料理」のブログ記事

みんなの「鶏料理」ブログ

タイトル 日 時
山梨甲府の鳥もつ煮1【奥藤丸の内第八分店】
山梨甲府の鳥もつ煮1【奥藤丸の内第八分店】  甲府にはほうとうを食べに行ったことがありますが、甲府に鳥もつ煮というメニューがあると聞きました。もつ煮と言えば牛か豚。関東人の私には当然豚のもつ煮のなじみが深いのですが、鶏のもつ煮とは珍しい。ということで、早速食べに行ってきました。こちら奥藤(おくとう)はそばやさん。鳥もつ煮はてっきり居酒屋の定番メニューかと思っていたら、何とそば屋で誕生したメニューで、今でも甲府のお蕎麦屋さんには普通にメニューにあるそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/16 02:13
釧路のザンタレの元祖1【南蛮酊(なんばんてい)】
釧路のザンタレの元祖1【南蛮酊(なんばんてい)】  釧路といえばザンギ=下味の付いた鳥の唐揚げのようなものの発祥として知られています。(函館との元祖論争もあるようですが)。そのザンギに甘酸っぱいタレをかけていただくのがザンタレ。最初「ザンタレ」と聞いたとき、何のことだかさっぱりわかりませんでしたが、要するにザンギにタレでザンタレ。こちら南蛮亭はザンタレの元祖のお店です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/02 23:45
大分のとり天の老舗3【レストラン丸山(キッチン丸山)】
大分のとり天の老舗3【レストラン丸山(キッチン丸山)】  こちらレストラン丸山は、昭和38年創業で大分のとり天の草分け的老舗店。平日昼時の店内はほぼ満席。うわさどおりの人気店です。とり天はあっさりとした醤油味の下味がついており、そのまま食べても美味しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/05 17:13
大分のとり天の老舗2【美味なかよし】
大分のとり天の老舗2【美味なかよし】  こちら美味なかよしは創業30年の老舗。インターネットでも評判のお店です。メニューはとり天定食と日替わりの2種類のみ。とり天の専門店のようなメニュー構成です。ただとり天は創業時からずっとあるメニューであるものの、もともとそうだった訳ではなく、最初たくさんあったメニューが、だんだん減って今の形になったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/04 12:04
大分別府のとり天の老舗1【三ツ葉グリル】
大分別府のとり天の老舗1【三ツ葉グリル】  大分名物のとり天は、文字通り鶏のてんぷら。唐揚げや竜田揚げとは違います。その鶏のてんぷらが人気のこちら三つ葉グリルは昭和28年創業の老舗です。大分県内で最も古くからとり天を提供しているお店なのですが、初代が三つ葉グリルの創業前にいたお店で一緒に作ったものなので、あえて元祖とは名乗っていないとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/03 15:05
新潟の鳥のから揚げ2【鳥忠】
新潟の鳥のから揚げ2【鳥忠】  新潟駅に程近い鳥料理を出すこちらのお店の名物「カラ揚げ」は大きな若鶏の半身揚げです。通ボーの見えるカウンターで、揚げるところを見ていましたが、じっくり10分以上かけて揚げられる肉は若鶏であることもあり、とてもジューシーです。ボリューム満点なので、一人で食べるとこれだけでお腹いっぱいになってしまいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/17 23:41
新潟の鳥のから揚げの元祖1【せきとり】
新潟の鳥のから揚げの元祖1【せきとり】  鳥のから揚げといえば、骨付き、骨なしのイメージの違いはあっても、概ね同様のイメージだと思います。しかし新潟の鳥のから揚げは、まったく違うものがでてきます。鳥のから揚げというと大方赤ちゃんの握りこぶしくらいのものを思い浮かべる人が多いと思いますが、新潟のから揚げはかなり違います。言い換えるなら若鶏の半身揚げ。若鶏は30センチはあろうかというその大きさにびっくり。一人で食べきれるか悩んでしまうほどのインパクトです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/16 23:59
宮崎のチキン南蛮6【赤ずきん】
宮崎のチキン南蛮6【赤ずきん】  入り口で「日本一美味い」という、広告業界にいるものとしてはやや抵抗感のあるキャッチコピーに迎えられました。しかし、確かに美味いです。漬け込みに使われる甘酢は甘すぎずコクがあり、タルタルソースはむしろ甘めに仕上がっています。肉はとても柔らかく、ジューシー。日向鶏の若鶏肉を使っているとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 22:17
宮崎のチキン南蛮5【グリルチーフ】
宮崎のチキン南蛮5【グリルチーフ】  ユースホステル宮崎婦人会館の一階にある老舗の定食屋さんという感じです。できた当時はおそらくハイカラな建物だったのだろうということが偲ばれます。シェフは50年以上ののキャリアとのことです。早速チキン南蛮を注文しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 10:45
宮崎のチキン南蛮4【爛漫】
宮崎のチキン南蛮4【爛漫】  宮崎の洋風チキン南蛮の元祖おぐらで修行しのれんわけしたお店。オーナーは昭和40年代のおぐらでのチキン南蛮誕生時のスタッフの一人だそうです。こちらのチキン南蛮は若鶏の胸肉を使っているということでとてもやわらかいのですが、普通胸肉といえば、割とパサついたイメージだったのですが、こちらのとってもジューシーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/04 19:07
宮崎のチキン南蛮3【ADEN(アデン)】
宮崎のチキン南蛮3【ADEN(アデン)】  こちらのお店「アデン」は、ビルの二階にある隠れ家のようなお店です。フレンチのシェフだったというオーナーのハンバーグアデン風が評判と聞いていましたが、チキン南蛮もうまそうということでやってきました。美味い物大好きのUさんと一緒に、私はチキン南蛮を、Uさんはハンバーグを注文しました。チキン南蛮を食べてまず思ったのは、料理としての完成度が高いという印象です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/02 22:15
チキン南蛮の元祖2【直ちゃん】
チキン南蛮の元祖2【直ちゃん】  宮崎市内の洋風チキン南蛮といえば「おぐら」なのですが、チキン南蛮の元祖といえば、延岡の「直ちゃん」であることは、広く認められているようです。和風チキン南蛮の元祖といわれる場合もあるようです。こちらのチキン南蛮にはタルタルソースがかかっていません。タルタルソースのこってりチキン南蛮にはまってしまった私としては、物足りないのではないかなーと思っていましたが、これはとっても美味しいんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/01 23:58
宮崎チキン南蛮の元祖1【おぐら】
宮崎チキン南蛮の元祖1【おぐら】  宮崎市内では知らないひとはほとんどいない、宮崎市のチキン南蛮の元祖のお店。県内各地にチェーン店やのれんわけのお店があります。チキン南蛮というのは、チキンステーキのような大きさのものをから揚げ風に揚げ、それを甘酢にくぐらせたあと、タルタルソースをかけて食べるというものです。ちょっとややこしいのですが、和風チキン南蛮の元祖といわれるお店が延岡にあり、タルタルソースのかかったチキン南蛮の元祖がこちら「おぐら」で、洋風チキン南蛮の元祖といわれることもあるようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/09/30 23:21
ザンギの元祖【鳥松】
ザンギの元祖【鳥松】  北海道では鳥のから揚げのことを「ざんぎ」とよびます。ま、正確にはから揚げとちょっと違うらしいのですが、大きく違いがあるわけではなさそうなので、概ねそんな認識で良いのではないかと思います。鳥のから揚げ自体もともと中華料理らしいのですが、ざんぎが生まれたとされるお店は釧路にあると聞き行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/07/09 00:23
九州の鶏料理「もも焼き」〜宮崎編Vol.2
九州の鶏料理「もも焼き」〜宮崎編Vol.2  宮崎でもも焼きといえば鳥のももを焼いたものですが、クリスマスに食べるローストチキンとは趣が違います。(七面鳥のももは食べたことないけど)。鶏のももに切れ目を入れて、炭火で豪快に焼き上げる。ややレアな状態で食べるのがおすすめの店もあり、そうしたところは焼き加減を聞いてくれます。味付けはシンプルに塩コショウが一般的ですが、味噌味やにんにくダレなど、個性的な味付けもあるらしいけれど、自分塩味以外は食べたことがありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/25 09:49
九州の鶏料理「チキン南蛮」〜宮崎編Vol.1
九州の鶏料理「チキン南蛮」〜宮崎編Vol.1  九州に来るようになってから思うことですが、九州は鶏をよく食べます。おじさんの聖地、東京は新橋にも焼き鳥屋は多いですが、福岡は焼き鳥屋が多くしかも安い。そもそも九州には個性的な鶏料理が多いと思います。福岡の水炊き、大分のとり天、鹿児島奄美の鶏飯(けいはん)、そして今回食べた宮崎のチキン南蛮ともも焼きなどなど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/13 02:20

トップへ | みんなの「鶏料理」ブログ

日本食べある記@Blog 鶏料理のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる