テーマ:洋食

多種多様なトルコライス3【ツル茶ん】

 多くのバリエーションがあるトルコライスを出してくれる、レトロなつくりのツル茶んは大正14年創業で、九州最古の喫茶店です。ノーマルのトルコライスは、バターライスに細めのパスタ、カツにカレーがかかったものです。パターライスといってもくどくならないように質のよいマーガリンにこだわって使い、軽くあっさり仕上げているそうです。カツのさくさく感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元祖筋のトルコライス2【ボルドー】

 長崎のトルコライスの元祖の店はもうないのだそうですが、トルコライスの起源が諸説ある中、こちら「ボルドー」の先代が神戸の将校クラブで考案したトルコ料理のピラウ(=ピラフはもともとトルコ料理らしい)につけあわせとしてカツやパスタを一緒に出したものをトルコ風ライスとし、そのレシピを長崎でメニューにしたというのが有力なようです。こちらのオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根室のエスカロップ3【薔薇】

 元祖筋の2軒とは違いますが、薔薇のエスカも地元では評判がいいようです。私もネットでの評判の良さに訪れることにしました。お店はなんと銭湯の二階にあります。これだけでも十分そそりますが、こちらのエスカロップはとても美味しいです。バリエーションもエビエスカ、ミックスエスカなどそれぞれにファンが入るようです。  エスカロップは800円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根室のエスカロップ2【どりあん】&オリエンタルライス

 エスカロップ元祖の店「モンブラン」の流れを汲むどりあんは、地元でも人気のお店だそうです。駅から歩いても10分かからないくらい。ポスフールというスーパーの裏手にあります。ちょっとしゃれた感じの喫茶店です。入り口にいろいろ取り上げられた記事が並んでいますが、実際取材されるだけのことはあると思います。  エスカロップはボリュームもあ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

根室のエスカロップ1【ニューモンブラン】

 トルコライスを調べていたら似ている料理としてたどり着いたエスカロップ。以前エスカロップについて書きましたが、元祖の「モンブラン」の流れを組んでいるお店が「ニューモンブラン」と「どりあん」だそうです。  ニューモンブランは根室の駅前にあって、店に入ると結構レトロな感じです。エスカロップ840円。オリエンタルライス1050円。酸味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際通りタコス専門店のタコライス4【Tacos-ya】

 昼には行列ができる国際通りの人気店。金武のタコライスと比べると分量は一人分としてはちょうどいい位です。食べ物はできるだけ残したくないので、食べ歩きをするには本当はこれぐらいのほうがありがたいのですが、大量のボリュームも魅力のひとつなのでしょう。  しゃれた店構えで、ボリュームの問題ではなく全体的には上品な感じです。タコスミート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老舗タコス店のタコライス3【チャーリー多幸寿(タコス)】

 沖縄市にあるチャーリー多幸寿は創業50年の老舗で、タコスを初めて沖縄で出したお店とのことです。ここではタコライスはチャーリーライスと言う名前で、マイルドとスパイシーがあります。野菜はドレッシングがかかっており、トマトと一緒にサラダのように添えられており見た目にもとてもきれいです。お店の中は昔の感じが漂っていますが、アメリカンな雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金武の人気タコライス2【GATE1】

 タコライスの元祖のキングタコスと同じオーナーのパーラー千里でまったく同じ味のタコライスが食べられると現地で聞いたのですが、どうやら1号店はこちらとのこと。キングタコスと同じ通りで、あまり離れていません。入り口にキングタコスの看板もあります。このパーラー千里の隣に「GATE1」があります。  ここの地区はキャンプハンセンのGAT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タコライスの元祖1【キングタコス】

 タコライスはタコご飯ではありません。タコス+ライスでタコライス。弁当や物産展では食べたことがあったのですが、確かにおいしいもののなんとなく「現地で食べたらもっとうまいのでは・・・」という直感から、今回の沖縄行きで絶対に食べに行こうと思っていたのが、タコライス発祥の店である「キングタコス」です。  そもそもタコスにどんな具が入っ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

まじうまトルコライス1【レストラン金子】

 今自分が一番おいしいと思うトルコライスは、「レストラン金子」のトルコライスです。今年で23年目のとても気さくなシェフのお店です。ピラフはごま油を使っており、バターを使うものと比べてさっぱりしており、仕上げのワインがほのかに香ります。スパゲッティはピリ辛のナポリタン、カツにかかかるデミグラスソースは10日間煮込む自家製です。  …
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

ご当地洋食エスカロップ@根室

 西の終着駅長崎に「トルコライス」があれば、東の終着駅根室には「エスカロップ」があります。「エスカロップ」は根室限定の洋食で、根室では知らない人はいないくらい有名です。喫茶店のメニューにもありますが、お隣の釧路にもなく、釧路の人の知名度の低いのは不思議です。スタンダードのスタイルは、筍のみじん切りの入ったバターライスの上にカツが乗りド…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ご当地洋食ハントンライス@金沢2【グリルオーツカ】

 カツハントンを先に書いてしまいましたが、金沢のご当地洋食「ハントンライス」はビジュアルも結構違い、味わいも違うので、ちゃんと書いておこうと思います。ハントンライスは、ハンガリーの「ハン」とフランス語のマグロの「トン」をあわせた造語で、ケチャップライスに薄焼き玉子、上に魚のフライや小エビのフライが乗った上にタルタルソースとケチャップ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

カツハントン@金沢VS大阪トルコライス1【キッチン杉の実】

 金沢には「ハントンライス」というご当地洋食があります。ケチャップライスの上に薄焼き玉子を乗せ、魚や小エビのフライを乗せてタルタルソースをかけさらにケチャップをかけるといったスタイルがスタンダード。オムライスの変化形のような風情です。  ハントンと聞くと豚ではないかと思われがちですが、名前の語源はハンガリーに似た料理があり、ま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大阪のトルコライス1【パウゼ】

 トルコライスをネットで調べていると、大阪にもトルコライスがあるらしいという情報が。ま、大阪では、長崎にもトルコライスがあるらしいということになるのでしょうけど。大阪のトルコライスは、簡単に言うとケチャップライスに薄焼き玉子がのって、その上にカツにデミグラスソースがかかるというものがスタンダードらしいです。  大阪のトルコライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコライスってどんなもの@長崎

 コンビニの弁当にもなったことで、それなりに知っている人も増えたでしょうが、トルコライスは長崎のご当地洋食です。一言で言えば大人のお子様ランチ。ピラフとスパゲッティの上にカツが乗ってドミグラスソースがかかるもの。ピラフは黄色いカレー味がスタンダード。ただ、いろんなバリエーションがあって、ソースがカレーになったり、カツがコロッケになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more