テーマ:関西

「姫路食博2008」が開催!姫路おでん横丁もあります!

 秋は食べ物イベントが目白押し!兵庫県の姫路では、11月22日(日)~24日(火)に「姫路食博2008」播磨うまいもん祭りが開始されます。ここに第3回B-1グランプリin久留米に参加した「姫路おでん」が8店出店。食べ比べが楽しめそうです。概要は以下の通り。 時間:11月22日(土)~24日(月)10:00~17:00※姫路おでん横丁は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山御坊のせち焼き2【朝日堂】

 すっかり間が空いてしまいましたが、激動の年度末のなんとか一段落。まだ残務がありますが、ブログを復活したいと思います。さてこちら朝日堂は5年ほど前からこちらで営業しているお店だそうですが、実は40年以上前から御坊でお店をやっていた人気のお店からののれん分けのお店だそうです。現在もともと御坊の人気店だったお店は6年ほど前に、現在東京の池上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

和歌山御坊のせち焼きの元祖1【やました】

 一見お好み焼きにしか見えないのですが、せち焼きはお好み焼きではありません。せち焼きの「せち」は御坊弁でせちがう=無茶苦茶にするという言葉からなのだとか。こちらやましたはこのせち焼きの元祖のお店です。 今日の日本食べある記は何位でしょう?  お好み焼きに見えてお好み焼きではない。最初意味がわからなかったのですが、実際に見てみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫佐用のホルモン焼うどんの人気店2【王将】

 いきなりで恐縮ですが、こちら王将は昨年12月で閉店してしまっているかもしれません。昨年10月に訪問し、その時にこっそり聞いた話なので、なかなか書きにくかったのですが、その時その味を引き継ぐ話もあるということでしたので、今年から新たにスタートするかもしれません。それほど多くないネット上のホルモン焼うどんの情報でも評判がよく、現地に行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫佐用のホルモン焼きうどんの老舗1【一力】

 ホルモン焼きうどんはその名の通り、ホルモンの入った焼うどん。しかし他にどこにもない、これぞご当地メニューともいえます。こちら一力は、昭和26年創業の老舗。今の場所は昭和52年からとのこと。数多くの取材を受けている、現在まちにある中で最も古い老舗です。 今日の日本食べある記は何位でしょう?  もともととさつ場があり、新鮮なホ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

兵庫出石の皿そば4【入佐屋(いるさや)】

 若々しくとても感じのいいご主人のこちら入佐屋は平成元年創業。サラリーマン出身ながら手打ちににこだわっているお店で、地元を歩いていて複数の方から紹介された、地元でも評判のお店です。建物は元映画館だそうですが、とても風情のある建物です。  そばは鬼皮をむいたそば米の挽きぐるみでとてもきれいなそばです。細いのですがとてもコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫出石の皿そば3【永楽】

 こちら永楽は昭和44年創業の老舗。メニューは皿そばのみというそばの専門店です。出石の蕎麦屋さんは比較的新しいお店も多く、中には手打ちでないお店もあるようですが、こちらは昔ながらの丁寧な手打ちでお蕎麦を提供する、地元でも人気のお店です。  入口の間口は小さいですが、中に入ると奥行きのあります。中には彫りものあるテーブル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫出石の皿そばの元祖2【南枝(なんし)】

 こちら南枝(なんし)は、出石(いずし)皿そばの元祖のお店。なんと創業1703年という超老舗です。小人店という支店も近くにありますが、今回は本店に行きました。お店は旅情を感じる風情ある佇まい。メニューは皿そばのみ。1人前5枚ですが、枚数は1枚単位で増やすことができます。    そばは田舎そば風の黒いそばで太く、コシがしっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫出石の皿そばの名店1【そば庄】

 兵庫県の出石(いずし)は但馬地方の風情ある町並みで有名ですが、ここで供される白い小さな皿に盛られて出てくる皿そばのまちとしても有名です。こちらそば庄は50軒以上ある蕎麦屋さんのなかでも老舗で、とても美味しいそばを食べさせてくれるお店として人気のお店です。  今回頂いたのは十割そばの「ちひろそば」。普段は完全予約制なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道あばれ食いゴォ~~~ル!

 去る4月1日、2月26日に東京を出発した企画「東海道暴れ食い」がついに京都にゴ~~~ル!!!その記念すべき瞬間を共有するため、私も三条大橋に出向きました。そして予定の12時。無事到着。  これでこの企画が終わってしまうかと思うとちょっと寂しい気もするものの、集まった30名からの同人諸氏は皆満面の笑顔。お祝いムード一色…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

神戸の味噌だれ餃子の老舗3【ひょうたん】

 味噌だれ餃子が食べられる、こちらひょうたんの本店は元町にありますが、今回訪れたのは、三宮駅すぐ近くにあるお店。ガード下の商店街のようなところにありますが、地元の人でないとちょっと見つけるのに苦労するかもしれません。  餃子はもっちりとしていて、皮はパリッとしたのが好きな人にはちょっと物足りないかもしれませんが、餡はや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の味噌ダレ餃子の老舗2【赤萬】

 神戸の餃子といえば必ずといっていいほど名前が出てくるこちら赤萬。本店は元町のほうにあるようですが、今回は三宮店でいただきました。カウンターのみの店内で、やや小ぶりの餃子をいただきます。  皮は下側はパリッとしていますが、皮全体はもちっとしています。餡はシンプルですがとてもジューシー。きめの細かい野菜がたっぷりと詰まっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

神戸の味噌ダレ餃子の元祖1【元祖ぎょうざ苑】

 こちら元祖ぎょうざ苑は中華街の中にあり、神戸に焼餃子を広めたと言われる昭和26年創業の老舗。平日の昼時でも、開店前から行列ができるほどの人気です。神戸には、醤油と酢の他に、味噌ダレがある店が多いのですが、味噌ダレはどうやらこちらが元祖のようです。  ぎょうざは具がぎゅっと詰まっており、皮は柔らかですがしっかり包まれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪のトルコライス2【イスタンブール】

 こちらイスタンブールは、創業昭和39年の老舗。もともとは「エビス」という店名だったそうですが、人気の看板メニュートルコライスが有名になったため、15年ほど前、その人気のトルコライスにちなんでイスタンブールに名前を変更したとの事です。  さてトルコライスはというと、チキンライスに卵でとじたとんかつがトッピングされており…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

目次<関西>

【全国の目次】 北海道/東北/関東/甲信越/北陸/東海/関西/中国/四国/九州・沖縄/ ~関西の目次~ ■和歌山 ○和歌山ラーメン 井出商店/丸高中華そば/○京/ ■滋賀 ○鯖そうめん 翼果楼(よかろう)/良太郎/ ○のっぺいうどん 茂美志屋(もみじや)/ ○小鮎の山椒煮 良太郎/ ■兵庫 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀長浜ののっぺいうどん1【茂美志屋(もみじや)】

 こちらの茂美志屋は大正元年創業の老舗。のっぺいうどんというのは、一言で言えば具の入ったあんかけうどんです。しかし私がイメージしていたものとはちょっと違っていました。あんかけうどんのようなものと聞いたので、普通のうどんに野菜などが入ったあんがかかる、長崎の皿うどんのようなものかと思っていたら、のっぺいうどんはだし自体が片栗粉でとろみをつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

滋賀の小鮎の山椒煮【良太郎2】

 今回頂いた琵琶湖の幸のうち、大変気に入ったのが小鮎の山椒煮です。文字通り小さな鮎を山椒の実などと一緒に甘辛く炊いたものなのですが、これが抜群に美味しいのです。骨まで柔らかく炊き込まれているので、丸ごといただけます。大きいものでも10センチ程度で、おつまみとして食べていて箸が止まりませんでした。  琵琶湖の鮎はえさの関係かあまり大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀長浜の鯖そうめん2【良太郎】

 こちら良太郎の鯖そうめんは、手作りの家庭料理といった風情の味わい。開店4年目の比較的新しいお店だそうですが、新聞にも取り上げられた実力店です。郷土の食材の居酒屋メニューが並び、様々な肴がいただけます。鯖そうめんは、焼いた鯖を小1時間甘辛く炊いた鯖とその煮汁で少し煮て味付けしたそうめんを一緒いただきます。 今日の日本食べある記は何…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

滋賀長浜の鯖そうめん1【翼果楼(よかろう)】

 鯖そうめんは、湖北地方の郷土料理。最初話を聞いたとき、温かいそばに鰊が乗っている京都のにしんそばのようなものか、冷たいそうめんの上に鯛が乗っている愛媛の鯛そうめんのようなものを想像していましたが、イメージしていたものとは違っていました。一番の違いはそうめん自体に味がついていること。しっかり煮込まれた鯖が、甘辛く味付けされたそうめんと一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

滋賀長浜の新たな挑戦~丁稚・弟子入り体験

 滋賀県は私にとってはあまりなじみのない県で、ご当地料理に関してもほとんど知識がありませんでした。先日、私の仕事の師から湖北長浜のうまいものの話を聞かされ、今回機会があって食べ歩くことにしました。  とはいっても主目的は食べることではありません。最近注目を浴びている琵琶湖沿岸の北近江地域はNHK大河ドラマ功名が辻の舞台。その中核の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

和歌山の車庫前系中華そば3【○京】

 こちらの○京は、屋台出身で創業から40年以上になるというお店です。3年ほど前にリニュアルしたという店舗はとってもおしゃれになっていました。以前訪れたときはお店の中に屋台があるような印象だったのですが、今のお店はのれんもないカジュアルな感じのお店です。地元女性客には非常にいいと思うのですが、個人的には以前のノスタルジックな雰囲気が好きで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山の老舗中華そば2【丸高中華そば】

 井出系に対して、もう一つが車庫前系ラーメン。その元祖のといわれているのが昭和15年創業のこちらの丸高中華そばです。もともと路面電車の電車の車庫の前で屋台で営業していたため、車庫前系といわれるそうですが、現在は新内(アロチ)という飲み屋街の一角にお店を構え、夕方からの営業です。スープはとんこつをただ煮るのではなく、一度醤油で煮込み、一晩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山の老舗中華そば1【井出商店】

 こちらの井出商店は昭和28年創業の老舗。和歌山ラーメンが全国区になるきっかけとなったラーメン店で、新横浜ラーメン博物館への98年~99年の出店時に記録を作ったといわれる人気店です。和歌山には大きく分けて車庫前系といわれる半透明の濃い目のとんこつ醤油と、井手系といわれる茶色いとんこつ醤油の二つのラーメンがあります。井手系というのは文字通…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

神戸のそばめしの元祖1【青森】

 テレビでも見ていて是非一度来たいと思っていたこちら青森。大阪のお好み焼き屋でそばめし自体は食べたことがありましたが、こちらのお店は元祖のお店として有名です。そばめしというのは、ご飯と博多ラーメンのような細いストレート麺を鉄板の上で一緒に炒め、ソースで味付けしたもの。麺はこてで細かく刻まれるため、出来上がりはぱらっっとした仕上がりになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪のトルコライス1【パウゼ】

 トルコライスをネットで調べていると、大阪にもトルコライスがあるらしいという情報が。ま、大阪では、長崎にもトルコライスがあるらしいということになるのでしょうけど。大阪のトルコライスは、簡単に言うとケチャップライスに薄焼き玉子がのって、その上にカツにデミグラスソースがかかるというものがスタンダードらしいです。  大阪のトルコライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more