アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「北海道」のブログ記事

みんなの「北海道」ブログ

タイトル 日 時
「かみかわカレー王国フェスタ inさっぽろ」開催
「かみかわカレー王国フェスタ inさっぽろ」開催  1月30日(金)〜31日(土)の両日、JR札幌駅構内の北海道さっぽろ「食と観光」情報館で、「かみかわカレー王国フェスタinさっぽろ」が開催されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/29 16:31
北海道根室のパンチライス【八起】
北海道根室のパンチライス【八起】  根室の個性的な洋食群の全貌はまだはっきりと把握できませんが、現地に行ってキャッチしたこれもユニークなパンチライス。ネットでその存在はあるようなのですが、どうしても提供店の情報がなく、こちらの方の協力を得て、ついに発見。長崎のトルコライスは大人のお子様ランチのイメージですが、パンチライスは学生御用達のガッツリごはんという感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/29 23:58
北海道根室のスタミナライス2【八起】
北海道根室のスタミナライス2【八起】  根室にユニークな洋食がたくさんあることは書きましたが、こちら八起は居酒屋さん。居酒屋さんのメニューにも洋食系メニューのスタミナライスがあります。こちらのスタミナライスは居酒屋さんのメニューらしく、少しジャンクな感じですが、これがまたがっつりいけるはまりそうなメニューなのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/26 23:57
北海道根室のスタミナライスの元祖1【ニューかおり】
北海道根室のスタミナライスの元祖1【ニューかおり】  根室にはユニークな名前の洋食がたくさんあります。なんといっても有名なのはエスカロップ。他にもオリエンタルライス、フロレンテン、パンチライスなどなど。今回食べたのはスタミナライス。名前は割とありそうですが、イメージは焼肉だったりピリ辛だったりというイメージが何となくあります。根室のスタミナライスは簡単に言うとご飯の上にとんかつが乗り、その上にあんかけの野菜炒め、さらに半熟目玉焼きが乗るというもの。かなりのボリュームです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/11/23 23:58
北海道標津の絶品いくら【しべついちば】
北海道標津の絶品いくら【しべついちば】  北海道知床半島の少し南、標津(しべつ)は鮭の産地としてとても有名な土地。鮭の水揚げ量日本一、二を誇り、その品質の良さには定評があります。知床半島と国後島の滋養豊かな養分と親潮によりはぐくまれる鮭といくらは、毎年9月から11月の三ヶ月間、標津の港に水揚げされます。今年は不漁だということですが、とにかく標津のいくらは旨いのです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/18 09:50
北海道芦別のガタタンの人気店2【きんたろう】
北海道芦別のガタタンの人気店2【きんたろう】  芦別のガタタンを調べると必ず出てくるこちらきんたろう。ガタタンの元祖と言われているお店「幸楽」は昭和50年に閉店し、昭和63年に創業したこちらのお店が復活させたとのこと。以前ガタタンを提供していたお店で働いていた方が、提供するようになったお店で、地元で人気のカレーとお好み焼きで人気のお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/13 11:17
北海道芦別のガタタンの人気店1【宝来軒】
北海道芦別のガタタンの人気店1【宝来軒】  ガタタン。初めて聞いた時、食べ物の名前とは思えませんでした。漢字で書くと「含多湯」。なるほど、これならなんとなく料理っぽいです。このガタタン、簡単に言うと具がたっぷりのとろみのあるスープ。たくさんの具とともに、とき卵がたっぷりで塩味です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/10 23:58
札幌の激戦区のスープカレー13【チュッタ】
札幌の激戦区のスープカレー13【チュッタ】  2〜3年前にはよくスープカレーを食べ歩いていたのですが、最近は百貨店の北海道物産展で食べたりレトルトを食べるくらい。今回札幌で、北海道の様々な体験を紹介する「北海道体験.com」を運営しているこちらの方々との打ち合わせで、久しぶりに札幌で本場のスープカレーを頂きました。こちらチュッタは比較的新しいお店ですが、カレー激戦区と言われる北24条のスープカレー店の中でも人気を博しているお店のひとつです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2008/06/08 23:59
北海道標津町の挑戦!いくらとホタテのまちの旨いラーメン
北海道標津町の挑戦!いくらとホタテのまちの旨いラーメン  北海道の標津町は世界遺産になった知床にほど近い鮭とホタテが名産のまち。名産と言っても、そんじょそこら(表現が古い?)の名産とはわけが違う。鮭の水揚高は日本一、二を誇り、伝説の番組[「どっちの料理ショー」の特選素材に選ばれ勝利した、築地でも高値で取引される神内商店のいくらも、標津町で生産されています。ここ標津町で、新たなラーメンの開発がおこなわれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/16 21:54
釧路の黒いラーメン8【かど屋2】
釧路の黒いラーメン8【かど屋2】  ずっと道東のラーメンシリーズが続きましたが、今シリーズは今回が最後。こちらかどやはのメニューはつぶ焼きとラーメンだけ。そのラーメンは、見た目真っ黒で、常連さんのなかには石炭ラーメンと呼ぶ人がいるほど黒い。一見富山ブラックのような濃い味を想像しますが、食べてみるとこれが意外とあっさりしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/09 12:55
釧路のつぶ焼き【かどや】
釧路のつぶ焼き【かどや】  北海道では名物として知られるつぶ焼き。つぶ貝は北海道ではメジャーな貝で、おでんのネタや、刺身でも食べられますが、種類はいくつかあるとのこと。大きな真つぶは刺身で食べられたりするようですが、こちらのつぶ焼きは青つぶと呼ばれるつぶの身を使うそうです。こちらかど屋はつぶ焼きとラーメンだけしかメニューにないお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/02/02 13:48
釧路の醤油ラーメンの老舗屋台7【こぐま】
釧路の醤油ラーメンの老舗屋台7【こぐま】  釧路には何度も行っていましたが、今回その存在を初めて知ったこちらこぐま。こちらもラーメン王こばさんとともに行ったのですが、なんと釧路駅前の近くに、22時ころに出没するという噂の屋台。こちらのお店にはその前にご一緒させていただいたはんつ遠藤さんもお勧めの屋台です。ラーメンは醤油と塩を頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/01/28 13:27
北海道帯広のラーメン2【寶来】
北海道帯広のラーメン2【寶来】  帯広でのラーメン王こばさんとのラーメン食べ歩き二軒目は、昭和3年創業という老舗。昼時にお店に入ろうとすると、中には立待ちも出ていて仕方なく寒風吹きすさぶ外でしばし待機。中に入ると店内はカウンターとテーブルで結構広いですが、人で埋め尽くされている状態。しかし実に旅情をそそる風情です。注文は人気のに醤油にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/26 08:53
北海道帯広のラーメン1【らーめんみすゞ】
北海道帯広のラーメン1【らーめんみすゞ】  帯広のラーメン店と言えば必ず名前が出てくる老舗有名ラーメン店「みすゞ」。帯広には札幌や旭川・函館のような特徴的なご当地ラーメンというのはありませんが、こちらみすゞはなかなか個性的なラーメンで、他に似たラーメンはあまり記憶にありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/21 23:58
北海道中標津のラーメン【麺の華英や】
北海道中標津のラーメン【麺の華英や】  ご当地ラーメンというわけではないのですが、今回仕事でご一緒いただいた、ラーメンをはじめ麺関係で多くの著作のあるはんつ遠藤さんとTVチャンピオン第8代ラーメン王小林さんのお二人とともに、わずかな時間をぬってこちら華英やに来店。二人がうわさを聞いて食べたいといったいやがおうにも期待の高まったお店です。まずは噂に聞いためんめ(キンキ)を出しに使ったという醤油。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/01/18 00:00
釧路の醤油ラーメン6【むかし屋】
釧路の醤油ラーメン6【むかし屋】  こちらむかし屋は、若い店主が1年半ほど前に始めたという、ちょっとわかりにくい場所にあるお店。文字通り昔ながらの釧路ラーメンを目指したとのことで、メニューは醤油ラーメンと塩ラーメンしかなく、ラーメン一本で勝負しているという気概あるお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/16 00:00
釧路の醤油ラーメンの老舗5【秀航園】
釧路の醤油ラーメンの老舗5【秀航園】  こちら秀航園は釧路の老舗ラーメン店。こちら出身のお店で秀航園系と呼ばれるお店もあるとのことです。こちらもラーメン王のこばさんとともに来店。メニューの豊富なお店で、醤油・塩・味噌他辛いラーメンなどもそろっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/14 23:59
釧路の醤油ラーメンの人気店4【夏堀】
釧路の醤油ラーメンの人気店4【夏堀】  北海道のラーメンを食べ歩くときに必ず参考にするのが「とっておき北海道らーめん50」(通称:赤本)。昨年12月に第5弾が出ましたが、こちら夏堀はその第1号にのっていたものの、駅から遠く、長い間の宿題店であった店です。今回仕事をお願いしたご縁で、テレビ東京系列のTVチャンピオン第8代ラーメン王に輝いたこばさんとともに来店しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 23:58
北海道帯広の中華ちらし3【上海】
北海道帯広の中華ちらし3【上海】  こちら上海は老舗の中華料理店で、中華ちらしが生まれたといわれる割烹松竹出身の店主のお店とのこと。こちらの中華ちらしはちょっと個性的。一番の個性は、醤油ベースの味付けであるのはいっしょなのですが、少しピリ辛がアクセントになっていて、なかなか癖になりそうな味わいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/30 23:00
北海道帯広の中華ちらしの老舗2【春香楼(しゅんかろう)】
北海道帯広の中華ちらしの老舗2【春香楼(しゅんかろう)】  こちら春香楼の中華ちらしは中華料理「木須肉絲(ムースールースー)」にルーツをもつ中華ちらし。こちらのご主人も割烹松竹のご出身で、中華ちらしの名称についてはこちらが元祖ではないかという説もあるようです。ま、元祖論争になるのはあまり好きではないので、それはともかく、こちらも地元で人気の中華料理店です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/23 23:24
北海道帯広の中華ちらしの元祖1【あじ福】
北海道帯広の中華ちらしの元祖1【あじ福】  豚丼はかなり食べ歩いたのですが、、日経の記者さんから小耳に挟んでいた中華ちらしについては、どこに提供店があるかわからず、そのままになっていたのですが、今回久しぶりに帯広に寄り、初めて中華ちらしを頂きました。中華ちらしというのは簡単に言うと、甘辛く炒められた卵と野菜、海鮮などを炒めてご飯の上に載せたもの。どんぶり飯という感じでかき込んで食べたい逸品です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/16 19:49
北海道網走の旨い居酒屋【白樺】
北海道網走の旨い居酒屋【白樺】  急きょ網走に宿泊することになり、今回の目的地であった標津町役場Kさんからご紹介いただいたこちら白樺。ネットでも改めて見てみると、とても評判のいい居酒屋です。網走は冬の味覚めんめ=キンキの有名なところ。高級魚の代表のような魚ですが、脂乗りがよく本当にうまい大好きな魚です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/15 21:21
北海道訓子府のたれカツ丼2【かしわ】
北海道訓子府のたれカツ丼2【かしわ】  こちらかしわは、昭和49年創業。地元に根付いた老舗の人気店です。こちらのカツ丼ももちろんたれカツ丼。開業当初は普通の卵とじのカツ丼を出したそうなのですが、お客さんから、たれカツ丼にするようにいわれて、現在のカツ丼のスタイルになったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/13 17:26
北海道訓子府のたれカツ丼の元祖1【福よし】
北海道訓子府のたれカツ丼の元祖1【福よし】  北海道ではほとんど卵とじのカツ丼だと思っていたのですが、北見の隣町の訓子府(くんねっぷ)というところにソースカツ丼エリアがあると聞き、ずっと宿題であった訓子府に行ってきました。女満別空港から車で1時間ちょっと。現地に行ってわかったのは、訓子府のかつ丼はソースカツ丼ではなく醤油ベースのたれカツ丼なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/12/12 11:21
釧路のそばの老舗【竹老園東屋】
釧路のそばの老舗【竹老園東屋】  こちら竹老園東屋は釧路を中心としたお蕎麦屋さんの一大チェーン東屋の総本店。蕎麦屋としての創業は小樽で1974年(明治7年)、東屋の創業が1897年(明治30年)、釧路の開業が1912年(明治45年)というとんでもない歴史のお店。こちらにはいくつかのそばのバリエーションがあり、今回はそれを一通り楽しめるセットを注文しました。最初に来たのは蘭切りそばとかしわぬきです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/26 22:36
釧路のスパカツの名店2【千房】
釧路のスパカツの名店2【千房】  スパカツを食べるなら、元祖の泉屋以外ならどこがいいかと、地元の方に聞いたところ紹介されたのがこちら千房。釧路市のお隣、釧路町にある地元で人気の洋食店です。スパゲティと洋食のお店で、平成9年に創業、13年から現在の場所にお店を構えているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/08 01:16
釧路のスパカツの元祖1【泉屋】
釧路のスパカツの元祖1【泉屋】  釧路に「スパカツ」というメニューがあると聞きました。スパゲティミートソースにカツが乗っていて、上からミートソースがかかるというもの。ありそうな気もしますが考えてみると見たことがありません。しかし釧路をはじめ、道東には当たり前のようにあるとか。こちら泉屋はこのスパカツの元祖のお店です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/04 00:01
釧路のザンタレの元祖1【南蛮酊(なんばんてい)】
釧路のザンタレの元祖1【南蛮酊(なんばんてい)】  釧路といえばザンギ=下味の付いた鳥の唐揚げのようなものの発祥として知られています。(函館との元祖論争もあるようですが)。そのザンギに甘酸っぱいタレをかけていただくのがザンタレ。最初「ザンタレ」と聞いたとき、何のことだかさっぱりわかりませんでしたが、要するにザンギにタレでザンタレ。こちら南蛮亭はザンタレの元祖のお店です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/02 23:45
北海道標津の鮭児のにぎり2【郷土料理武田2】
北海道標津の鮭児のにぎり2【郷土料理武田2】  幻と言われるシロザケの鮭児は地元標津でもなかなか食べられるものではありませんが、こちら郷土料理武田では、ある程度の期間、鮭児のにぎりをはじめ、希少価値の高いトキシラズ、サクラマスのにぎりをリーズナブルに食べられるセットがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/23 23:58
北海道標津の鮭のチャンチャン焼1【ホテル川畑】
北海道標津の鮭のチャンチャン焼1【ホテル川畑】  標津(しべつ)は知床半島の少し南に位置する、鮭の水揚げで日本一、二を争う鮭の食文化の町です。ルイベや三平汁、以前書いた鮭の飯寿司なども地元に根付いたものですが、中でも鮭の郷土料理として有名な、鮭のチャンチャン焼を豪快にいただけるのが、こちらホテル川畑です。※写真は焼く前のセッティング。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/19 19:28
北海道標津の幻の鮭児【あけみ食堂】
北海道標津の幻の鮭児【あけみ食堂】  一時期、マスコミにも数多く取り上げられ、話題になった鮭児(けいじ)。鮭児とは、とんでもなく脂の乗ったシロザケで、通常四年で産卵に戻ってくるシロザケに混じっておおよそ1万匹に1匹網に入るという三年ものの幻の鮭のことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/10 23:57
スープカレーの幻のメニュー12【スープカレー&ダイニング Suage2】
スープカレーの幻のメニュー12【スープカレー&ダイニング Suage2】  こちらsuageには、開店当初、いわばスープカレー茶漬けといったテイストの「ぶっかけ」というメニューがあったそうです。人気も高かったのですが、お店にお客さんが増えるにつれ、対応しきれなくなって、もともと表のメニューだったものが、まかないになってしまったという、現在では食べられない幻のメニューです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/15 23:59
札幌のスープカレー11【スープカレー&ダイニング Suage】
札幌のスープカレー11【スープカレー&ダイニング Suage】  こちらsuageは昨年夏のオープンながら多くのお客さんがついている人気のお店です。スープがとても美味しく、全ての野菜や肉・きのこなどの具材を素揚げして出しているのが、店名のsuageの由来だとか。今回私が注文したのは「パリパリ知床鶏と野菜」。知床鶏は素揚げしてあぶっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/13 12:44
目次<北海道>
【全国の目次】 北海道/東北/関東/甲信越/北陸/東海/関西/中国/四国/九州・沖縄/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 13:46
北海道の美味いものブログ
北海道の美味いものブログ  モバイルパソコンが故障してしまったために、直近の食べ歩きがアップできなくなってしまいました。データは大丈夫ということで一安心。ただ、戻ってくるまでもう少しかかるということなので、今回は食べ歩きの情報収集をするときに参考にさせてもらったり、読んでいても見ていても楽しい力作である、北海道のブログを勝手に紹介させていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/17 22:15
札幌のジンギスカン6【丸焼きサフォーク大地】
札幌のジンギスカン6【丸焼きサフォーク大地】  小学生のとき帯広に住んでおり、ロール肉のマトンのジンギスカンを食べていたせいか、羊のにおいは全く気にならないどころかむしろ好きなくらいです。しかしにおいが気になる人にとっては結構きついジンギスカンが大ブレイクしたのは、生ラムジンギスカンが主流になってきたからとの話です。それでも苦手な人がいるようですが、こちらのサフォーク種という羊は肉用種の全くにおいのない羊肉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/13 23:58
札幌のスープカレー10【ベンベラネットワークカンパニー】
札幌のスープカレー10【ベンベラネットワークカンパニー】  お店のやっている時間になかなか合わず、4度目にしてやっと行けたこちらベンベラ。不定休の上、営業時間が変わっていたり、売り切れで終わってしまったりと、私にとっては幻のお店でした。スープの種類は色々あるようで、その中から店主が選んで出すようです。今回はあっさりでコクがあるマイルドなインドネシア風のエピローグとベトナムのフォーをアレンジしたトンプー フォー・ガーの2種です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/06/05 18:30
札幌のスープカレー9【カレー食堂心】
札幌のスープカレー9【カレー食堂心】  こちら2001年創業のカレー食堂心は2004年の渋谷・下北沢を皮切りに東京にもかなりの勢いで出店しているスープカレーのお店です。今でこそ全国区としてかなり知名度も上がり、今年の夏はまた更に広がりを見せるのではないかと期待されますが、スープカレー知名度が上がり始めた草創期の玉石混交時代に生まれた頃から注目を浴びており、多くのお店が淘汰される過程でも評価を受けていたお店の一つでもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/02 23:58
隠れ家的札幌スープカレー8【一灯庵】
隠れ家的札幌スープカレー8【一灯庵】  過去に二度ほど訪問したのですが、一度は休み、二度目は売り切れで、やっと今回食べることができました。すすきののはずれの住宅地のような一角の中にある風情のある門の先の一般のお宅のようなお店です。今やすっかり有名になり、もはや隠れ家でもないかもしれませんが、テレビの番組で大泉洋が久本雅美の接待で連れて行ったお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/01 23:58
札幌の味噌ラーメン7【桑名】
札幌の味噌ラーメン7【桑名】  平成2年創業のこちら桑名は、すっかり札幌味噌ラーメンの主流となった感のあるこってりラーメンの元祖的存在ともいえるお店だそうで、地元の人気店でもあります。数年前に初めて来たときの印象は、どっしりした重量感のあるラーメンといったイメージでしたが、味は見た目ほど濃くはなく、イメージするほどこってりでもありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/29 10:41
北海道標津の鮭の飯寿司1【郷土料理武田】
北海道標津の鮭の飯寿司1【郷土料理武田】  世界遺産に指定された知床半島に程近い標津(しべつ)町は、栄養豊かなオホーツク海に育まれた様々な海の幸が何を食べても本当に美味しく、私の仲間うちでは日本一美味いのではないかと話をしているほどです。様々な美味しい素材の話は追々していくとして、今回は鮭の水揚げ高日本一の町ならではの、鮭の飯寿司(いずし)について書いてみたいと思います。鮭の飯寿司(いずし)というのは、鮭とご飯を麹で漬け込んだなれ寿司の一種。においはほとんどなく、酸味と旨みが効いた野菜と一緒に漬け込まれた魚の漬物のようなものです。多少好... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/04/29 23:22
富良野カレー〜B−1MENUを現地で食べるG
富良野カレー〜B−1MENUを現地で食べるG  今回のメニューで唯一2日ともいただいた富良野カレー。カレー好きな私は、腹具合も考えず、ついついいただいてしまいました。富良野カレーはラベンダーで有名な富良野の地元食材を使って作ったカレーです。北海道では札幌のスープカレーがブレイク中ですが、富良野カレーのスタイルは様々。今回の「ヌルネバキーマ」は二つのルーを混ぜて食べるダブルルータイプ。なかなか斬新でかつ美味しかったです。(デジカメの電池が切れ、携帯カメラだったので写真ではライスの美しい色がわかりにくいのが残念ですが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 22:36
室蘭やきとり〜B−1MENUを現地で食べるB
室蘭やきとり〜B−1MENUを現地で食べるB  室蘭のやきとりの話は以前から聞いており、是非一度食べてみたいと思っていました。やきとりの街を歌っているところは全国でもいくつかあるようで、北海道にも美唄(びばい)というところがやきとりどころとして知られているほか、今回参加の福岡の久留米、埼玉の東松山、愛媛の今治など個性的なやきとりがあるそうです。室蘭のやきとりの特徴は、鳥ではなく豚、長ネギではなく玉葱、甘辛いたれと洋からしを使うことです。とても個性的で、とても美味しい「やきとり」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/28 23:54
札幌のスープカレー7【マッサーラ】
札幌のスープカレー7【マッサーラ】  スープカレーが最初にブームになりはじめたときに、ルーカレーを薄めたようなを出すような店が増えあっという間に淘汰をされていった時期があったそうです。一口にスープカレーといってもいろいろなパターンがありますが、こちらのスープカレーはある意味最も従来のカレーのイメージに近いながら、非常に奥深い味わい人気のお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/08 10:54
札幌のスープカレー6【マジックスパイス】
札幌のスープカレー6【マジックスパイス】  スープカレーという言葉を世に送り出したお店で、おそらく東京にスープカレーのお店を初めて出したお店とのことです。インドネシア系のカレーと名乗っており、さらさらのカレーがスリランカや南インドに多い事を考えると意外と珍しいかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/11/05 21:59
羊のスジ煮込み【JIN JIN JINKICHI2】
羊のスジ煮込み【JIN JIN JINKICHI2】  地域ならではのメニューがターゲットの一人での食べ歩きの最大のデメリットは、美味しそうなサイドメニューがあってもなかなか手が出せないこと。今まで何度も涙を呑んで店を出たことがあります。今回は人数もいたので、実に様々なメニューを楽しみましたが、この羊のスジ煮込みは大変美味しくいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/04 01:45
札幌のジンギスカン5【JIN JIN JINKICHI】
札幌のジンギスカン5【JIN JIN JINKICHI】  もみだれに漬け込まれたジンギスカンで有名な長沼ジンギスカンが札幌で食べられるお店。お土産のジンギスカンでもおなじみの長沼ジンギスカンですが、お店でいただくのははじめてでした。札幌のジンギスカンはたれの後付のお店が多いので、それと比較しても違いがあるのですが、こちらのお店の鍋は、他のお店にはない特徴的なものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/11/03 12:35
札幌のジンギスカン4【ひつじっこ】
札幌のジンギスカン4【ひつじっこ】  大通から地下鉄東西線で10分程度で地下鉄の琴似駅に到着。そこから4〜5分でひつじっこに着きます。こちらのお店は札幌ジンギスカンランキングで5位だったお店。ちょっと郊外にありますが、生ラム肉はとても柔らかく、たれもやや甘めでかなり好みの味です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/02 18:34
旭川の醤油ラーメン2【糸末(いとすえ)】
旭川の醤油ラーメン2【糸末(いとすえ)】  いまや全国各地にできているフードテーマパークやラーメンコンプレックスの数々。旭川には比較的早い時期にできた旭川ラーメン村があり、蜂屋や天金をはじめ、旭川の有名店が軒を連ねています。数年前に新たにイオンショッピングセンターの中にできたイオン拉麺浪漫街に出店し、もともとあった旭川の駅から徒歩圏のお店はスープ工場になっているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/15 12:37
旭川の醤油ラーメン1【蜂屋】
旭川の醤油ラーメン1【蜂屋】  創業1947年の旭川ラーメンの老舗蜂屋はラーメン博物館に出展し、ラーメン好きの間では全国区になったといえるでしょう。初めて食べたときに、かつて食べたことのないインパクトに驚いたのは6年ほど前。個性的なスープは昔のイメージのままでした。ただ、あまりに個性が強く、はっきりと嫌いという人がいるほどのラーメン。当然スープの個性の話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2005/09/13 23:53
幻のハンバーグ【宗谷畜産開発公社】
 宗谷えこびれっじで食べた鉄板焼の宗谷黒牛の焼肉やステーキは美味しかったのですが、宗谷黒牛を使ったハンバーグがあまりにも美味しくて感動したので、現地から自宅に直送しました。お話を聞くと、非常に注文が多く、つい最近まで生産が間に合わず1ヵ月半待ちだったそうです。それで、入手困難な幻のハンバーグとなったわけです。現在でも、すぐに手に入るのかわかりませんが、早速再注文しようと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/12 11:10
鰊の切り込み【おびら鰊番屋A】
 「切り込み」は北海道や東北の郷土料理で、東北では紅鮭を使う場合もあるようですが、北海道では切り込みといえば鰊の切り込みを指すようです。鰊の切り込みは、生の鰊を細く切って、塩と米麹で漬け込んで醗酵させて作ります。昔の切り込みは結構塩からかったそうですが、こちらの切り込みはとても食べやすかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/11 16:44
鰊の三平汁【おびら鰊番屋】
 三平汁は北海道を代表する汁椀です。三平汁は簡単に言うと魚と野菜の具沢山の塩味の汁です。三平汁は郷土料理なので、各家でももちろん作ります。地域ごとに魚が違うようですが、全体としては古くは鰊が主流だったようですが、最近は鮭や鱈の三平が多いようです。特に札幌を中心とした道央では鮭がスタンダードだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/10 23:58
じゃらんサロベツモニターツアー3日目
 2日目の晩に、豊富温泉宿泊。ここの温泉は、肌に良い温泉といわれています。もともと石油の試掘をしていた際に、天然ガスとともに湧き出た温泉です。ですので、源泉の出ている公衆浴場では、湧き出したお湯と石油を分けるために、オイルフェンスがあります。宿泊したホテルでも、いわれてみればほんのり石油の香りがします。色もやや黒みがかっており、全国的にも極めて珍しい温泉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/08 22:54
じゃらんサロベツモニターツアー2日目その2
 2日目の午後は工房レティエでアイスクリームとモッツァレラチーズ作りの体験をしました。アイスクリームは卵の黄身、砂糖、生クリーム、牛乳などを使ってアイスクリームの原型を作り、それをアイスクリーマーで30分弱で出来上がります。牛乳が美味しいのはもちろんなのでしょうが、こちらのアイスクリームはとても評判で、実際に食べてみましたが、舌触りは滑らかでコクのある上品なアイスです。バニラエッセンスなども使わず、いわゆるミルクアイスですが甘い香りも魅力的です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/07 23:57
じゃらんサロベツモニターツアー2日目
 宗谷岬えこびれっじを出て、日本の最北端宗谷岬に立ち寄りました。宗谷岬に来たのはおおよそ20年ぶり。モニュメントは当時と同じものなのかどうかはわかりませんが、なんとなく覚えていたものの、ほとんど始めて来た感覚でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 23:41
じゃらんサロベツモニターツアー1日目
 8月の末に環境省・北海道じゃらん企画で、札幌出発のサロベツ地域のモニターツアーに行ってきました。2泊3日で初日は宗谷エコビレッジ、二泊目は豊富温泉で宿泊。環境省のツアーなので、環境を意識したツアーです。初日は札幌からバスでの長旅です。途中で道の駅「おびら鰊番屋」と北海道海鳥センターなどを経由して、夕方に宗谷エコビレッジに到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/04 23:56
札幌の味噌ラーメン6【五丈原】
 5年以上前ですが、こちらのお店はものすごい行列で、まず食べるのにひと苦労でした。その当時は夕方からしか店がやっていなかったと記憶していますが、今は支店もでき、昼もやっているので、今回はすんなり入れました。しかし2時半くらいの入店であったにもかかわらず、次から次へとお客さんがひっきりなしにやってきて、カウンターはほぼ満席。あっという間に一組か二組は待っている状態になりました。さすが超行列店だったころの実力は今も生きているという感じです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2005/09/03 10:34
札幌の味噌ラーメン5【らーめんてつや】
 札幌市内他多くの支店を持つ人気のラーメン店「てつや」。ニューウエーブラーメンとして一世を風靡したてつやもいまや多くの支店と、お土産ラーメンですっかりスタンダードになった印象です。今回行ったのは南7条店ですが、ここが元々の本店ということです。ガイドブックにも醤油が紹介され、ネットでも醤油の評判が高かったのですが、旅行者なので、札幌といえば・・・とやはり味噌を注文してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/02 21:56
函館の塩ラーメン6【あじさい】
 創業70年以上、昭和初期に創業した函館五稜郭近くの老舗あじさい本店を2度ほど食べて以来、数年ぶりに新千歳空港のラーメンコンプレックス「北海道ラーメン道場」でいただきました。あじさいは函館でも超有名店。こちらの塩ラーメンは透明でありながら非常にコクがあり、本店で食べて以来すっかりファンになりました。北海道ラーメン道場でも行列ができるほどで、、1日の売り上げ記録を持っているほどの人気らしいです。透明であっさりとしながら滋味深いスープは以前のイメージと同じでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/09/01 23:58
札幌のスープカレー5【ヴォイジュ】
 行列店として有名なこちらのお店も、もともとピカンティもここから出たお店だとのこと。ピカンティと較べるとややあっさり目とききましたが、あっさりこってりの違いはそれほどわかりませんでした。しかし、食べているうちにじわじわうまみが効いてくる美味しいスープです。辛味の設定やメインの具はピカンティも一緒ですがトッピングは違ています。今回は期間限定の豚しゃぶをメインに、まいたけの素揚げをトッピング。野菜も大根などちょっと違った物も入っていますが、アボガドは一緒でした。辛さは2で注文しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/31 14:57
札幌のスープカレー4【ピカンティ】
 北大生御用達のスープカレーの店。平日の11時半過ぎに最寄駅についたのですが、ちょっと迷っているうちにすでにすっかり行列。行列は嫌いなのですが、仕方なく30分以上待って入店しました。若い店員のさんの対応は丁寧でとても好感が持てます。雑誌の記事が店内に張ってあり、並んでいるの間にそれを見ていると、そこに5段階の辛さのうちややからで3がお勧めと書いてあったのであまり深く考えずに頼みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/30 10:18
札幌の老舗ジンギスカン3【さっぽろジンギスカン】
1986年創業の老舗、さっぽろジンギスカン。ネットのジンギスカンの人気投票でも常に上位にランクされています。お店はプレハブのような年季の入った建物(失礼!)の2階にある行列の超人気店です。最近流行の生ラムジンギスカンの元祖の店として有名で、アイスランド産の生後1年未満の屋やわらかい生ラムを使用しているとのこと。目の前で炭火でジンギスカンの鍋をいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/28 23:58
札幌の老舗ジンギスカン2【だるま】
 札幌ジンギスカンの代表格、老舗の大人気店だるまです。いつ行っても常に行列ができています。今回開店時間にあわせて行ったのですが、本店が既に行列していたので初めて支店へ行きました。支店も外には行列ができていなかったのですが、中には待ってるお客さんが数人いました。夕方5時半過ぎだったのですが、見る見るうちに待ち客が増えていきました。さすが超人気店。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/27 22:27
札幌の生ラムジンギスカン1【大一(だいち)】
 2004年9月にオープンし、まだ1年たっていないのですが、様々なこだわりとご主人ご夫婦の人柄で地元ジンギスカンの人気ランキングで有名店をも押さえて上位にランクされているお店。個人的には一番のお気に入りのお店です。肉はラムチャックというメニュー1品。ラムチャックとは1年未満の生ラムの肩ロースの芯の部分で、脂が乗っていながらやわらかい極上の部位です。七輪の炭火焼で焼くのですが、本当にやわらかくジューシーに食べられます。野菜やしいたけもご主人が選んで出していますが、たまねぎがとてもやわらかくて甘い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/26 21:29
函館の塩ラーメン5【来々軒】
 十字街電停近くにある昭和10年創業の老舗。当初のカフェバー(そのころにそういう言葉があったかどうかわかりませんが)のお店を引き継いだ雰囲気で、とってもレトロな感じでノスタルジックな気持ちに浸れます。入り口は最初に扉を開けた後、更に店内へつながる扉がもうひとつあります。とにかく「現存している」といった言葉が似合いそうなくらいの風情です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/25 23:58
函館の塩ラーメン4【十字街鳳来軒】
 十字街電停の近くにある昭和23年創業の老舗の中華料理店、十字街鳳来軒。なんか名前の響きが格好良く、しかも老舗のラーメンだったので行ってみたかったのですが、こちらのお店は営業時間がとても短く、しかも何度か定休日や臨時休業にぶつかってなかなか行くことができませんでした。やっと行くことができた昼前の店内はほぼ満席。やはり人気のお店のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/24 23:25
函館の塩ラーメン3【一文字】
 函館は市街地から30分程度の場所に湯の川温泉があります。立ち寄り湯ができるホテルのほか、公衆浴場がなかなかいいんです。函館麺や一文字は海沿いの湯の川温泉エリアにある比較的新しいラーメン屋さんです。もともと寿司職人だったという若きご主人の作るラーメンはとても奥深い注目のニューウェーブラーメンです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/23 23:54
函館の塩ラーメン2【星龍軒】
 函館駅前の朝市の近くにありますが、意外と地味な場所にあります。ところが何度か行列に遭遇し、なかなか食べられませんでした。屋台出身で、お店は昭和32年からやっている老舗です。函館のラーメンは澄んだ塩のスープのイメージがありますが、こちらのスープの透明さにはちょっとびっくりしました。味がついているのか疑わしいほどきれいなスープなのですが、これが食べてみてびっくり。コクのある滋味深いスープなんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/22 22:12
函館の塩ラーメン1【マメさん】
 ラーメンを注文すると普通に塩が出てくるのは、ご当地ラーメンとしては函館くらいだと思います。個人的な好みとしては、塩ラーメンは物足りない印象があったのですが、函館の塩ラーメンのコクのあるスープには結構衝撃を受けました。マメさんは新横浜ラーメン博物館でその存在を知り、函館ではじめて食べたラーメンです。4年ぶりくらいに食べたのですが、やはり美味しいと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/08/21 19:04
新進気鋭の札幌ラーメン4【彩未】
 自宅には様々なガイド本をはじめ多くのラーメン本がありますが、私が北海道でラーメンを食べるのに最も信頼を寄せているのが「とっておき北海道ラーメン50+2」です。小さなハンドブックタイプですが、とても充実したラインナップです。こちら彩未は中でも注目の一軒ということで、有名店で7年の修行を経て開店したとのことでしたが、修行のお店は超有名店のすみれだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/11 10:47
やさしい札幌味噌ラーメン3【欅(けやき)】
 開店以来女性に高い人気を誇ってきた欅は、現在ラーメン博物館のすみれの後継店、北海道代表として人気を博しているそうです。先日広島のパートナーO氏と共にラー博に行った際、結構悩んだ末に千草という醤油ラーメンの店に入店。ちょっと心残りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/08/10 01:27
札幌味噌ラーメンの元祖2【味の三平】
 もともと札幌のスタンダードのラーメンは醤油だったのですが、「札幌といえば味噌」のイメージが定着していたのは、東京での週刊誌の記事がきっかけだったとのことです。その味噌ラーメンを昭和29年にはじめた出した元祖の店がこちらの「味の三平」です。今のお店はビルの4階に入っていて、昼時には常に行列ができている状態です。文房具のフロアの奥にお店があるので、そこに行列ができている姿は一見異様な感じさえしますが、店の中に入るとカウンターのみの昔ながらのラーメン屋さんになっていてまったくの別空間になっているの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/09 14:26
帯広の味噌豚丼7【鴨川】
 創業昭和21年の老舗「鴨川」では、味噌豚丼が食べられます。みそ味豚丼980円。味噌味は昭和45年からやっているらしいのですが、ほとんど他の店で見ることはありません。味付けが難しいらしく、メニューとして作った店も結局続かずやめてしまうそうです。さて味はと言うと、みそベースの甘辛いたれなのですが、実に深いんです。肉の量はかなりボリュームがあり、その上におろししょうががたっぷりと乗っています。しょうがは少しずつ肉に乗せて食べても、まぶして食べてもいいとのことだったので、少しずつ乗せて食べてみました... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/07/27 10:37
黒い帯広豚丼6【鶴橋】
 黒い豚丼のもう一軒の有名店は、もともと「新橋」からののれんわけの鶴橋。黒さで言えばこちらのほうが黒い気がします。豚丼は850円。特大1050円、さらに超特大1600円というのもあります。創業は31年。新橋ののれんわけと聞いてますがというと、にっこり笑って「新橋よりうまいよ!」との会話で始まりました。こちらも黒だれ系の本流で歴史も古いです。苦味と酸味が利いた濃いたれなのですが、くどさはまったくありません。たれだけでもご飯が食べられ、また肉はビールのあてに最高です。ご主人は日本酒にもあうといって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/26 21:55
黒い帯広豚丼5【新橋】
 大正15年創業の老舗で、黒い豚丼として有名な「新橋」。見た目はちょっとびっくりしますが、甘味とほろ苦さも感じる濃厚な味わいで、味が濃すぎることもくどくもありません。豚丼は700円、肉盛900円、ライスも大盛やスペシャルといったメニューもあります。タレだけでも何倍でもご飯が食べられそうで、豚肉も薄切りのロース肉を一枚ずつたたき柔らかくするなど、美味しい豚丼です。また、ここの主人は威勢がよく勢いがありますが、かなりユニークです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/07/26 10:39
帯広の豚丼4【ぶたはげ】
 帯広駅のエスタ帯広西館1階にある豚丼専門店の「ぶたはげ」。強烈な店名ですが、昭和9年創業の老舗のてんぷら店「はげ天」の豚丼専門店で「ぶたはげ」。・・・なるほど。インパクトのある店名とは裏腹(?)にこちらの豚丼は絶品です。駅に入っているお店で、これだけのものを食べられればとってもありがたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/07/25 15:05
釧路の醤油ラーメン3【銀水】
 釧路のラーメンの歴史は古く、昭和初期には屋台でラーメンを出す店があちらこちらにあったとか。銀水は昭和10年屋台で創業した、釧路ラーメンの源流をなすお店。もともととんこつのこってりしたスープが横浜から入ってきたのですが、そばの老舗東屋の創業が明治7年ということなので、すでにお蕎麦屋さんが根付いていたため、釧路の人の味覚にあうよう、和風のあっさりだしに変化していったようです。現在のお店自体は結構大きくて新しくなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/25 00:23
釧路の醤油ラーメン2【河むら】
 札幌駅の駅ビル「エスタ」の10階に入っている札幌ら〜めん共和国にも出店している人気店「河むら」。釧路のお店は中心街の末広町にあり、夜も23時までやっているので、昼間でも夜でも食べられるのは食べ歩きにとってはとってもありがたいものです。老舗のラーメン店銀水で20年修行したとガイドやネットに出ていましたが、銀水とは目と鼻の先。こんなに近くで店をやっているってもしや何か・・・などとちょっと勘ぐってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/24 14:43
釧路の醤油ラーメン1【まるひら】
 北海道といえば、札幌の味噌を筆頭に旭川の醤油、函館の塩という形でメディアに登場することが多いと思います。福岡でラーメンといえばとんこつですが、札幌でラーメンといえば必ずしも味噌というわけではなく、醤油も結構割合が高いことが現地のラーメンガイドでもわかります。釧路のラーメンはここ数年で北海道4大ラーメンとして注目を浴び始めたあっさり目の醤油。なかでも「まるひら」は地元の支持の高い昭和34年創業の老舗の名店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2005/07/23 11:33
釧路の勝手丼【和商市場】
 テレビの番組で、見たことがあったのですがどこにあるのかわからなかった勝手丼。勝手丼とは、市場でどんぶり飯を買って、それぞれのお店でお刺身やいくら、ウニ、そのほか様々な海の幸を一切れやれんげ一杯といった少量ずつ自分お好きなものを乗せて海鮮丼を作るものです。勝手に作るどんぶりだから勝手丼。この楽しげなどんぶりは釧路で味わえると聞いていったのは釧路駅から歩いて2〜3分の和商市場です。元はお金のないライダーに白飯だけ買ってこさせて、刺身などを乗せてあげたのが始まりとか。やさしさが始まりのどんぶりなの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2005/07/22 15:25
根室のエスカロップ3【薔薇】
 元祖筋の2軒とは違いますが、薔薇のエスカも地元では評判がいいようです。私もネットでの評判の良さに訪れることにしました。お店はなんと銭湯の二階にあります。これだけでも十分そそりますが、こちらのエスカロップはとても美味しいです。バリエーションもエビエスカ、ミックスエスカなどそれぞれにファンが入るようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/20 00:30
根室のエスカロップ2【どりあん】&オリエンタルライス
 エスカロップ元祖の店「モンブラン」の流れを汲むどりあんは、地元でも人気のお店だそうです。駅から歩いても10分かからないくらい。ポスフールというスーパーの裏手にあります。ちょっとしゃれた感じの喫茶店です。入り口にいろいろ取り上げられた記事が並んでいますが、実際取材されるだけのことはあると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/07/19 01:08
根室のエスカロップ1【ニューモンブラン】
 トルコライスを調べていたら似ている料理としてたどり着いたエスカロップ。以前エスカロップについて書きましたが、元祖の「モンブラン」の流れを組んでいるお店が「ニューモンブラン」と「どりあん」だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/18 16:22
やさしいスープカレー3【Curry SAVOY(サボイ)】
 1994年のオープン以来、スープカレーが広まっていくのに非常に大きな役割を果たしたお店の一軒との事。あっさりとして脂を極力抑えながらうまみの深いスープに女性から絶大な人気を誇る、女性オーナーのお店です。女性ならではきめ細かさが、料理にはもちろん器にも活かされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/17 12:06
スープカレーの老舗2【スリランカ狂我国】
 アジャンタと並びスープカレーの源流となったスリランカ狂我国は、スリランカ系のスープカレーの元祖だそうです。初めてスープカレーをお店で食べたのはこの店で、そのときはガイドブックに載っていたとおり、オーソドックスにスプーンにライスを乗せて、スープに浸して食べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/17 00:02
スープカレーの元祖1【アジャンタ インドカリ店】
 今やスープカレーは札幌の名物として認知されたといえるでしょう。昨年の夏、福岡でもスープカレーと言葉がマスコミに踊り、スープカレーの店も紹介されました。スープカレーの定義ははっきりとはしていないようですが、簡単に言うならさらっとしたカレー。ルーカレーと比較されるものだと思います。最近「スープカレーって美味しいの?」と聞かれることが多くなった気がしますが、私はかなりはまっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/16 17:44
札幌の味噌ラーメン1【すみれ】
 札幌の味噌といったら、超有名店ですがやはりすみれがうまいと思っています。福岡のキャナルシティにあるラーメンスタジアムを経て路面店となり、今や福岡でもすみれのラーメンが食べたいときに食べられるようになってうれしい限りですが、やはり本店でも食べておきたいと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/15 02:17
北の屋台のとろけるラクレット【プチプレジュール】
 ラクレットというメニューをご存知でしょうか。スイスのチーズ料理で、じゃがいも(今回は甘味のつよいキタアカリ)に専用の機械?でチーズを溶かしてかけるというもの。そもそもとろけるナチュラルチーズ自体が旨いのですが、じゃがいもとの相性が抜群なんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/12 21:23
牛トロ寿司の誘惑【吟寿司 金ちゃんの店】
 なかなかタイミングが合わず食べられなかった帯広の牛トロ寿司。ボーンフリーファームという健康な牛の飼育にこだわった牧場の牛トロを使ったお寿司です。帯広駅から歩いて2〜3分というところで便利です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/07/11 12:34
帯広のジンギスカン2【じんぎすかん北海道】
 なんとなく懐かしい雰囲気で、今回店内にかかっていた曲は概ね20年前のもの。いつもがどうかはわかりませんが、雰囲気も合わせてノスタルジックな気分になりました。さてメニューはというと、「じんぎすかん」というマトンのロース450円と「ラム」という子羊の肩ロースにさがりとホルモンが肉のメニュー。後は海鮮などがそろっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/11 00:39
帯広のジンギスカン1【ジンギスカンの白樺】
 帯広に来ては豚丼を食べ歩いていたのですが、ずっと気になっていた帯広のジンギスカン。ほとんど札幌で後付のタレで食べていたので、味付けのジンギスカンはお土産の冷凍ものしか食べたことがありませんでした。冷凍ものも悪くはないですが、結局良く焼いてから食べるので、どうしても生のジューシーな感じのジンギスカンは楽しめません。そんなわけで札幌の生ラムにはまっていたわけですが、今回その認識を完全に覆されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

2005/07/10 15:37
期間限定ホエー豚丼3【ホテルノースランド帯広】
 6月18日〜8月20日まで期間限定で帯広駅前のホテルノースランド帯広のテラスでテイクアウトの豚丼を作っています。ホエーというのは牛乳からとれる成分で以前健康番組でも取り上げられた記憶がありますが、それを飲ませて育てたこだわりのホエー豚を使っているとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/10 12:40
ザンギの元祖【鳥松】
 北海道では鳥のから揚げのことを「ざんぎ」とよびます。ま、正確にはから揚げとちょっと違うらしいのですが、大きく違いがあるわけではなさそうなので、概ねそんな認識で良いのではないかと思います。鳥のから揚げ自体もともと中華料理らしいのですが、ざんぎが生まれたとされるお店は釧路にあると聞き行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/07/09 00:23
スパイスが隠し味の豚丼2【アパッチ】
 帯広の豚丼ブームで豚丼をメニューに加えた店が増えたため、豚丼自体の評判を落としたケースもあるようですが、ここの豚丼はむしろ工夫の効いたとても美味しい豚丼です。こちらのお店はカレー屋さんなのでカレーのメニューは当然豊富ですが、それ以外のメニューはなんと豚丼のみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/08 23:21
帯広豚丼の元祖1【ぱんちょう】
 牛丼チェーンがこぞって豚丼をメニューに加えたおかげで、豚丼の全国的な知名度がずいぶんと上がりましたが、北海道十勝地方の帯広には何十年も前から豚丼の専門店があります。味も牛丼の味をアレンジした豚丼とは違い、例えるならうなぎの蒲焼のタレに近い味付けです。当然ご飯もうな丼のタレに味付けられたような状態になり結構病み付きになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/06 01:38
ほっけの刺身【根ぼっけ】
 ほっけといえば、脂の乗った干物を焼き魚で食べるイメージがあります。しかし、某テレビ番組でほっけが刺身でも食べられるという話を聞きました。何度か函館に来て塩ラーメンを食べ歩いていましたが、今回「根ぼっけ」という居酒屋を見つけ、ほっけの刺身があるという情報をゲット。店名のとおりほっけにこだわった店のようなので、頑固親父かなあとちょっとどきどきしながらお店に行きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/14 01:23
炉ばたの元祖〜釧路編【炉ばた】
 全国にある炉ばた焼の店ですが、元祖の店が釧路にあるという話しを聞いて、調べていたところ仙台にも炉ばたの元祖の店があるとのこと。元祖論争をやっているのかなあなどと思いながら、釧路を訪れてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/12 17:03
オランダせんべいの謎〜根室と平戸のつながりは?
 根室のお土産に「オランダせんべい」というのがあります。直径15センチ位のおかしで、1枚づつ包装されています。いわゆる米菓のせんべいではなく、小麦粉や砂糖、玉子などで作る甘いお菓子です。この食感が変わっていて、なんというか、コシのあるせんべいといいますか、イメージを言うならぬれせんべいのような感じです。説明を受けずに食べるとしけっているのでは?と思ってしまうやわらかさ。でもこれがなかなかくせになるうまさなのです。まさに濡れせんべいにはまる感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/09 00:24
ご当地洋食エスカロップ@根室
 西の終着駅長崎に「トルコライス」があれば、東の終着駅根室には「エスカロップ」があります。「エスカロップ」は根室限定の洋食で、根室では知らない人はいないくらい有名です。喫茶店のメニューにもありますが、お隣の釧路にもなく、釧路の人の知名度の低いのは不思議です。スタンダードのスタイルは、筍のみじん切りの入ったバターライスの上にカツが乗りドミグラスソースがかかるというもの。ボリュームがあっておいしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/06 23:15

トップへ | みんなの「北海道」ブログ

日本食べある記@Blog 北海道のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる