鳥取の絶品魚の居酒屋【すし銀】

 春先に鳥取らしい美味い物を食べたいと、こちらの方にお願いしたところ連れてきてもらったすし銀。地方で飲むときには、たいていはしごをするので、「鮨屋だと食べちゃうなぁ・・・」など思っていたら、こちらはお寿司を食べている人よりもつまみで飲んでいる人が多いのだとか。「いや、それでもすし食べずに帰るのはもったいないし」などと思っていましたが、本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京湾大花火大会今年も満喫しました!

 昨年、こちらの方宅で東京湾花火大会をはじめて見させていただきましたが、今年もお誘いいただき花火大会+お楽しみ飲み会に参加しました。花火は今年も大満足。真夏の夜の夢をしっかり楽しませていただきました。 今日の日本食べある記は何位!応援クリック?  今回参加の方々は、日本一築地に詳しいこちらの方と、昨年も参加したものの今年は青…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鳥取若桜の名酒蔵で郷土料理をいただく<後編>【太田酒造場3】

 昨日に引き続き後編。さて会場でもこちらの所長植田さんも大絶賛だったのが鯖の麹漬け。いわゆる発酵系の逸品ですが、癖がなく、濃厚でとろけるような舌ざわりとサバらしいうま味。サバは私が大好きな魚のひとつなので個人的にもとても気に入りました。メニュー名は鯖の熟鮓(なれずし)でしたが、匂いの強烈ないわゆる熟れずしのイメージとは違い、においが苦手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取若桜の名酒蔵で郷土料理をいただく<前編>【太田酒造場2】

 利き酒が終わった後は表彰式、そしておいしいお酒と郷土料理を楽しむ会にも参加させていただきました。山あいのまちであるこちら若桜町では、山の幸と保存食をふんだんにいただくことができました。そして会場は酒蔵を利用した場所。何とも言えない贅沢な空間での会食です。 今日の日本食べある記は何位!応援クリック?  まずは鯉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「PageRank4」を獲得しました!

 ブログを始めて3年ほどになりますが、初めて「PageRank4」を獲得しました。瞬間風速かもしれないので、ちゃんと画像も記録。最近はなかなか更新もままならないのですが、100万アクセスも目前になってきましたので、これを励みに、また落ちないように頑張っていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします! 今日の日本食べある記は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥取若桜の名酒蔵で利き酒をする【太田酒造場】

 今年の春、ふとしたきっかけで、参加することになった鳥取県若桜(わかさ)の名酒蔵「太田酒造場」での利き酒大会。以前広島で新酒鑑評会に参加したことがありますが、ちゃんとした利き酒をしたのは生まれて初めて。連れて行ってもらったのは鳥取とうふちくわ総研の所長植田氏。植田さんはテレビチャンピオンのB級グルメ王になったこともある知る人ぞ知る鉄人で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野八坂の灰焼きおやき2【佐藤の灰焼おやき】

 美味いと評判の灰焼きおやきのお店と聞き、連れて行ってもらったこちら佐藤の灰焼きおやき。最初お店の名前がわからず、この辺ではなかろうか、というアバウトなナビで走って行ったところ、一度通り過ぎて発見。早速お店の中へ。日によって中の具がいろいろ違うのだそうですが、今日ある具の中で一番のお勧めの玉ねぎを頂きました。 今日の日本食べある記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野生坂の灰焼きおやき1【レストハウスわらく】

 初めて長野・北信地方に足を踏み入れた私にとって、おやきは物産展でしか食べたことがありませんでした。今回連れて行ってもらったお店はとてももう一度行けと言われてもたどり着けないような難解な場所。しかし、素晴らしい景観に囲まれた環境で灰焼きおやきと焼き肉を食べさせてくれるお店、レストハウスわらくです。 今日の日本食べある記は何位!応援…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

長野信州新町のジンギスカンの人気店1【信州不動温泉 さぎり荘】

 ジンギスカンと言えば、北海道のイメージが強いですが、羊毛産業があったところでは羊を食べる文化が残っているようです。岩手遠野も知る人ぞ知るジンギスカンエリアですが、実は長野市のお隣、信州新町でもジンギスカンの食文化があります。こちらさぎり荘は地元でも人気のジンギスカンを食べられるお店です。 今日の日本食べある記は何位!応援クリック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長野須坂の絶品ホルモン焼【みのり】

 都道府県としては47すべて訪れているものの、実は長野市は初来訪。1年ほど前に出会い、私が最も信頼しているネットショップ運営企業のK社長さんとY専務さんと、ある地域のいいものを販売するための打ち合わせにきました。打ち合わせを終え連れて行ってもらったのが車で20分ほどのこちらみのり。同行の方がお酒を我慢してまでお連れ頂いたのは、豚の生ホル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉行田のゼリーフライ4【かどや豆腐店】

 ゼリーフライが何に似ているかと尋ねると、概ね「衣のついていないおからとじゃがいものコロッケに似たもの」という答えが返ってきます。コロッケと言えばスーパーやコンビニでも買えますが、もとは町の肉屋さんの定番メニューのひとつ。ところが、行田のゼリーフライは豆腐屋さんで売っています。 今日の日本食べある記は何位!応援クリック?  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

埼玉行田のゼリーフライ3【うどん茶房むらまつ】

 最近様々なメディアでも注目されるようになってきた行田のゼリーフライ。その影の立役者でもある行田ゼリーフライ研究会は、ゼリーフライをメジャーしようと有志で集まってできた団体。こちらうどん茶屋むらまつのご主人は、ゼリーフライ研究会設立にも関わったかたで、子供のころ食べていたゼリーフライを提供しているお店です。 今日の日本食べある記は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回全国ほんもの体験推進協議会総会が新潟で開催!

 体験型観光という言葉が、旅行の世界でもかなり一般的になってきましたが、修学旅行・教育旅行においては一般旅行以上に体験型観光の重要性・必要性が認識されるようになってきています。今回第7回を迎えた全国ほんもの体験推進協議会総会は、昨年行われた全国ほんもの体験フォーラムの会場でもあった新潟県上越市で開催されました。 今日の日本食べある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉行田のゼリーフライ2【かどや2】

 昨日に引き続きこちらかどやのご紹介を。こちらは行田の中でもフライとゼリーフライの両方を食べることのできる老舗です。昭和30年代からやっている食堂ですが、ゼリーフライを提供し始めたのも昭和40年代始めなのだとか。こちらでは昔ながらのゼリーフライが頂けます。 今日の日本食べある記は何位でしょう?  ゼリーフライはおからとじゃが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉行田のフライ3【かどや】

 角にあるお店だから「かどや」。全国で見る「かどや」の屋号のお店は、とても昔ながらの風情が残っているお店が多いのです。こちらかどやはもともと昭和30年代から始めた食堂だったそうですが、現在はフライとゼリーフライ、焼きそばがメインのお店です。 今日の日本食べある記は何位でしょう?  フライはサクラエビがたっぷり入ったちょっと贅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉行田のゼリーフライの老舗1【駒形屋】

 埼玉県行田市の名物にフライと並んでゼリーフライがあります。ゼリーフライとはゼリーを上げたものではなく、銭フライがなまったっものという説が有力。銭型のフライで銭フライだたそうです。このゼリーフライ、簡単に言うとおからと芋を混ぜたものを素揚げし、ソースにどぼっと浸したもの。シンプルながらこれが旨い。こちら駒形屋はゼリーフライの老舗で地元で…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

埼玉行田のフライの人気店2【にしかた】

 こちら「にしかた」は、フライと焼きそばの専門店。フライとやきそばでお店が成立する行田もすごいですが、中でも人気のにしかたは平成元年創業で、フライと焼きそばだけで20年。これってすごいことだと思います。今回、行田ゼリーフライ研究会のMさんに無理言ってフライのお店にご案内頂いて、醤油味とソース味の両方を頂きました。 今日の日本食べあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形遊佐の食材を東京で食す【ラ・グラディスカ】

 山形県の遊佐(ゆざ)町は日本海側に面し、名峰鳥海山のふもとの町。豊かな食材に恵まれた風光明媚なところです。今回イタリアンの名店「ラ・グラディスカ」で遊佐の食材を使った料理を頂けるということで行ってきました。特に目玉は何と12年ものの天然岩ガキ。とにかくでかくて見た目にびっくり。そして食べてびっくりです。 今日の日本食べある記は何…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会(愛Bリーグ)総会開催

 第三回B-1グランプリin久留米(11月1日~2日)がいよいよあと4か月に迫ってきました。それに向けて、B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会(愛Bリーグ)定期総会が東京で行われました。第三回大会の詳細についての説明も合わせて行い、緊張感も高まってきた感じです。 今日の日本食べある記は何位でしょう?  今回の懇親会は第…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青森の新鮮食材!七子八珍料理 後編【北町 善知鳥(うとう)2】

 青森の豊かな海鮮食材は、七子八珍と呼ばれていますが、この七子八珍は七つの魚介類の子と八つの珍味だと思っていたのですが、実は34品あるとのこと。七子八珍、堂々九品、隠れ十品で、合計34品。今回はこの中から旬の食材をうとうの大将がチョイスして一味違った調理して提供してくれたもの。では、早速後編。まずは「とげくり蟹 生姜酢かけ」。 今…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more