広島のお好み焼きの元祖1【みっちゃん】

画像 広島風お好み焼きは、薄いクレープの皮のような記事の上にキャベツをたっぷり、更に具や麺を加え、玉子で焼き上げるといったもので、大阪のお好み焼きとはかなり風情が違います。大阪が生地に具を混ぜ込むのと比べると、かなり違った料理にも感じます。こちらは昭和25年創業のお好み焼きの元祖のお店です。

画像

画像 今回は肉そばいりを注文しました。お好み焼きはそれほど好きなわけではなかったのですが、ソースがオリジナルでくどくなく、割とあっさりしており、とても美味しく頂きました。さすが広島風お好み焼きの元祖と言われる店です。ソースとマヨネーズは自分で加えられるようテーブルにのっていますが、たくさんかけるとやはり苦手なくどめになってしまいます。バランスが必要だと思いますが、なるほど旨いと思います。

 お好み焼きはへらで鉄板から直接頂くのが美味いと地元の人に言われ、席はカウンターへ。大量に流れ作業のように作っている姿は職人芸のようです。若い人たちが活気ある雰囲気で作っている傍らで、オーナーが全体を見渡しながら時折サイドメニューの牛肉焼きなどを作っていました。

 へらで食べる際にはオーナーに食べ方を教えてもらい、熱々の状態で頂いきました。マヨネーズや追加のソースはしないほうがいいかも知れません。オーナーはマヨネーズは邪道という人もいるが、最近の若い人はマヨネーズを使う。美味しければいいんじゃないかといっていました。実際マヨネーズをかけるのが当たり前のように思っていたのですがが、是非そのまま頂いて欲しいと思います。

☆そば入り 玉子入り 700円

みっちゃん総本店
広島市中区八丁堀6-7 082-221-5438
月曜定休 11:00~15:30、16:30~21:00
画像

画像

おかげさまでグルメランキングでベストテンいり。まだ出たり入ったりですが・・・ひきつづき1日1回ぽちっとお願いします

"広島のお好み焼きの元祖1【みっちゃん】" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント