千葉県勝浦市の勝浦タンタンメンの美味い朝市食堂【いしい】

画像

 古くから漁師町として栄えてきた千葉県勝浦市では日本三大朝市の一つ、勝浦朝市が開催されています。毎月1日~15日は下本町朝市通りで、毎月16日~月末は仲本町朝市通りで開催と、月の前半と後半では開催場所が変わります。今回訪れた「御食事処いしい」は下本町通に位置する食堂で、ご当地グルメの勝浦タンタンメンの名店として知られています。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 観光客や取材、有名人の来店も多い人気の食堂で、勝浦タンタンメンを目指してくるお客さんも多いようですが、地元の方は、お刺身や魚介類の定食を普段使いで食べているそうです。

画像

 勝浦タンタンメンの〆を楽しみにしつつ、まずは漁師町ならではの新鮮な刺身を中心としたおつまみで乾杯です。

画像

 カツオのたたきは生の日戻りのカツオを使った土佐作り。タマネギ、ニンニクスライス、生姜ネギなどを薬味にポン酢醤油でいただきます。当然ながら鮮度が抜群によく、もっちりした歯ごたえ。このカツオはお寿司屋さん、料理屋さんも食べに来られる逸品です。

画像

 イカ刺しは細めに切ってあり、しっかり歯ごたえがありながら甘味があります。今の時期はスルメイカで季節によってイカの種類は変わります。

画像

 海鮮以外でもおつまみ色々。豚もつ煮込みは味噌味の定番です。

画像

 餃子も人気だそうで、下味はほんのりついている感じですが、餡に甘みがあり最近流行りのお酢と胡椒という組み合わせでいただきました。

画像

 キッチンの前にあるチャーシューのブロックは見るからにうまそうなお肉の塊。厚めに手切りされてタンタンメンのトッピングと、おつまみでもいただけます。

画像

 おつまみで出てきたチャーシューはそのボリュームにびっくり。醤油だれでしっかり味付けされており、肉の味もしっかりしています。このチャーシューの煮汁は醤油ベースのノーマルの勝浦タンタンメンのたれに使われているそうです。

画像

 さて〆はお楽しみの勝浦タンタンメン。チャーシュータンタンメンが一番人気で、休みの日など、チャーシューがお昼前になくなってしまうこともあるそうです。今回はおつまみチャーシューをいただいたので、普通の勝浦タンタンメンをいただきます。普通といってもこちらのスープはなんと5種類。醤油味、塩味、みそ味、カレー味、そして新味のとんこつ味。全部いただきたいところですが、さすがに無理なので、醤油味と塩味を注文。

画像

 こちらのトッピングは火の通ったタマネギとシャキシャキの生が載っています。生のタマネギはもともと白髪ねぎだったそうですが、常連さんの要望で現在の形になったのだとか。ラー油がたっぷりで結構辛目の味付けですが、煮たタマネギの甘みとシャキシャキのフレッシュなタマネギがいい感じです。

画像

 新味以外は割と均等に出るそうですが、塩はその優しい味わいときれいなオレンジ色で女性に人気があるようです。

画像

 辛味は注文時に希望を聞いてもらえ、足らないときには卓上に自家製ラー油が置いてあり、自分で辛味をあとで足すこともできます。この自家製ラー油は最低でも4~5日、できれば1週間寝かせ、味と色味を整えてから出すそうです。

 平成10年から21年、この場所でやっているそうで現在のご主人は和食の修行をされた二代目の店主。地元客にも観光客にも愛されるお店です。ちなみにこちら、入り口から見えるところがテーブル二つで、埋まっているように見えても奥に席が空いていることがあります。満席に見えても一度お店に確認することをお勧めします。

画像


御食事処 いしい
千葉県勝浦市勝浦159
0470-73-7153
水曜定休
7:00~14:00(LO13:45)




食べ歩きランキング
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック