大田区蒲田の林SPF・絶品とんかつの食堂【まるやま食堂】

 居酒屋でお酒を飲むのはもちろん楽しいのですが、最近「食堂飲み」がとても魅力的だと感じています。一口に食堂飲みといっても、中華系食堂・洋食系食堂・オールジャンルの大衆食堂と、実はバリエーション豊富ですが、今回訪れたのは、蒲田のとんかつが評判の食堂です。

 蒲田はとんかつ激戦区として知られる街。こちら「まるやま食堂」はとんかつ店とは名乗っていないのですが、とんかつの名店として人気で、クオリティの高い美味しいとんかつを食べることができます。

画像

 昭和42(1967)年創業で、現在は二代目が切り盛りしています。焼魚定食やおつまみメニューもありますが、やはり何よりとんかつ。とんかつも部位ごとにかなりのバリエーションがあります。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 使用しているのは林SPFという千葉のブランド豚。SPFはSpecific Pathogen Freeの略(特定病原菌不在という意味)で、健康に生まれた豚を、よい餌と環境で丁寧に育てるため、脂が甘くて柔らかく味があるという、評判の豚肉です。この豚肉を店主が選んだ時、食肉市場でよく知られる三元豚や黒豚とも食べ比べた上で決めたと聞き、なおさら期待が高まります。

 とんかつ以外にも林SPFを使った厚みのある生姜焼き。更にはとんかつカレーなど、メニューを見ているとどれも食べたくなるものばかり。余談ですが、カツカレーではなく、「とんかつカレー」とわざわざ書かれているお店は、基本的にカツがうまいです。

画像

 さてかなり迷った挙句、とんかつ二種、とんかつカレー、生姜焼きをチョイス。

画像

 まずは生姜焼きで乾杯です。

画像

 肉厚の生姜焼きは食べ応えのある大きさのロース肉。甘めの生姜タレに負けない肉の美味しさは、おかずとしてももちろんですがつまみにも合います。

 続いてメインのとんかつです。選んだ二つのとんかつは極上ロースかつと特上ヒレとんかつ。とんかつがおいしいと聞いている以上、やはりここは奮発して、一番のものを、と思ったわけですが、いやはやさすがの美味さです。

 特筆すべきはその揚げ具合。SPF豚ならではということもあるでしょうが、揚げたては中心部がレアの様に薄いピンク色で出されます。芯まで火はしっかり通っているのですが、余熱で仕上げるというわけです。

画像

 極上ロースは肉も柔らかく味があり、やはり脂の甘みは抜群です。

画像

 特上ヒレは驚くほどの柔らかさながら、肉の味がしっかり。ソースももちろんありますが、美味しいとんかつは塩で食べたいもの。こちらには塩だけでもたくさんの種類があり、塩の違いでも色々と楽しむことができます。まずは珍しいヒマラヤ岩塩の黒塩をチョイス。個性的な味と香りが柔らかなヒレ肉の味を一層引き立てます。

画像

 揚げ上りは軽い感じですがラードを使用しているのだとか。パン粉にも秘密があるようです。この味わい深いとんかつを4種類の塩、2種類のソース、醤油に一味と、それぞれの好みで味わえるようになっています。

画像

 たっぷりとつまんで来ましたが、〆はとんかつカレーです。とんかつは一つグレードアップして、まるとくロースかつ。カレーは林SPFのポークカレーです。おつまみカレーとしても、カレーライスとしても、もちろんカツカレーとしてもお好みのスタイルで食堂飲みを〆めます。ちなみにご飯は長岡産コシヒカリ。随所にさりげないこだわりがあり、満足度の高いお店です。

 昼食に、夕食にビールを一杯、というのもいいですが、食堂に飲みに行く、というのもなかなか楽しいものです。

 メニューはこちら↓
画像


画像

まるやま食堂
電話非公開
東京都大田区蒲田5-2-7 渡辺ビル1F
日曜・第1、3土曜定休
月~金:9:30~18:00(L.O.17:30)11:00~15:00、16:00~21:00
第2・4土・祝:11:00~15:00



食べ歩きランキング
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック