青森五戸の馬肉料理【尾形】

画像
 いよいよ築地のプロのこちらの方と銀座近辺に詳しいこちらの方、そして地元八戸の「みちうま」さんたちとも合流し、朝一からご一緒のこちらの方とともに、以前から噂にきいており、是非行きたかった五戸の馬肉の名店であるこちら尾形を訪問することになりました。馬肉料理は数々ありますが、やはりまずは義経鍋。馬の焼肉に最近すっかりはまっています。

今日の日本食べある記は何位!応援クリック?

画像
 こちらはもともとお肉屋さん。しかも馬肉のバリエーションが豊富です。地元で売れるからこその品揃え。五戸が馬食文化のまちであることがよくわかります。お店は戦後すぐの昭和22年頃からやっているということで、60年くらいの歴史があるそうです。

画像
 さて義経鍋は以前十和田でも登場しましたが、鍋の形が少し違います。

画像
 肉は柔らかくて最高です。

画像
 こちら尾形は何といってもたれのうまさに定評があります。にんにくの利いた醤油ベースの奥深い味で、焼き肉を頂きますが、実は馬刺しも醤油ではなく同じたれで食べるのです。これが何とも美味い。たてがみという部位を挟み込むように食べるのは熊本の食べ方とも一緒ですが、醤油以外で馬刺しを食べるのは珍しいです。

画像
 刺身だけではなく馬握り。こちらは醤油でいただきます。寿司は大好きなので、これははまります。

画像
 そして馬肉料理の定番、桜鍋。味噌仕立てで野菜たっぷりの鍋です。

画像
 馬肉鍋には辛みの三升漬け。唐辛子を醤油とお酒で漬けこんだ辛味調味料が鍋の味わいを引き立てます。

画像
 うま丼という馬の牛丼?もいただきました。ちょっと味はあっさり目だったので、もしかしたら自分で味を調節する何かがあるのかもしれません。

 いやはやそれにしても噂の尾形、旨かったです。五戸町にはあと2軒、「たかはし」と「ささき」というお店で馬を食べさせてくれるとのこと。たれの好みで住民の人気が分かれているそうです。う~ん、ぜひ食べ歩きに来たいものです。

■関連エントリー
青森十和田の義経鍋1【馬肉料理 吉兆2】
青森十和田の馬肉鍋【馬肉料理 吉兆3】

■関連記事
春は築地で朝ごはん:八戸編: 馬肉料理「尾形」
東京のむのむさん:八戸のおいしいもの その1
築地市場を食べつくせさん:八戸美味いものトライアスロン!~完走はできるのか!?~

☆義経鍋 1890円 桜鍋 上肉鍋 1050円
画像


尾形
青森県三戸郡五戸町博労町18-1 0178-62-3016
年中無休 11:00~22:00(LO21:00)
画像





画像


更においしい情報をランキングでチェック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年01月30日 19:19
ついに、あの「義経鍋」とご対面♪
いや~感激しました。美味しい馬肉をさらに美味しく食べるために、本当によく考えられたご当地アイテムでしたね!
ところで「たてがみ」って、赤身のお刺身で挟んでタレにつけるのが正統派の食べ方だったのですか。
うかつにも、これは聞き逃して残念・・・☆(笑)
2009年01月30日 22:15
いや~、もっと青森の馬について
益々興味が湧きました。
タレの違いで人気を分けるというお店にも
伺ってみたいです。
2009年01月31日 05:59
こんにちは

初コメです
ヨロシク御願いいたしまぁす<(_ _)>

この前はご来店ありがとうございました
真っ暗なBARのマスター、MARRSのまーまーです

尾形人気ありますよね~(^^)
五戸ではあと、「ささき」も馬肉では人気ありますよ
こちらもお肉屋さんで、馬肉食べ放題なんかもやってますよん

これからもちょくちょくお邪魔させて頂きます

よろしくお願いいたします

まずはご挨拶で(^^)
2009年02月02日 01:14
>つきじろうさん
馬の焼き肉ははまりますね~。また五戸の馬刺しはたれが独特と聞いていたので、楽しみにしてました。
今度た手紙を食べる機会があったらぜひ赤身とサンドで。熊本では九州の甘い醤油のにんにく醤油が美味いですよ。
2009年02月02日 01:49
>のむのむさん
たれで人気が違うというのは興味がありますね~食べ付けていないでどのくらい違いがわかるかは定かではないですが、食べ歩いてみたいものです。
2009年02月02日 02:04
>まーまーさん
いらっしゃいませ!十和田ではお世話になりました。
翌日も奉行さんと行ったんですが、あいにくやってなくてさみしく帰りました。
また十和田に行った際にはお邪魔します。
今後ともよろしくです。

この記事へのトラックバック