青森大間の天然本マグロ食べつくし~前編【ボア・ヴェール】

画像
 先日青森県下北半島の先端、天然本マグロで有名な大間まで天然本マグロを食べに行きましたが、今回東京で普通なら現地でしか食べられない、天然本マグロのもつを使った料理の試食会にこちらの方と一緒に参加しました。大間から現地の漁師さんや町おこしグループの方々などが来られて、いろいろお話も伺いました。豪快なお刺身もいただきましたが、希少な料理がずらりと並んでいました。

今日の日本食べある記は何位!応援クリック?

画像
 大変な種類のまぐろのづくし。しかも刺身だけではなく様々な部位のメニューが目白押し。まずは前菜で、左から血合の生姜醤油煮、ちゅう(胃袋)の酢味噌和え、血合の山椒煮。血合は歯ごたえが身の部分と若干違い、煮方によって風味が違います。ちゅうは酒の肴になりそうです。

画像
 マグロの血合煮は昔ながらの生姜煮もあります。

画像
 地域外にはほとんど流通しないマグロの心臓の、にんにく味噌やきは歯ごたえがあって美味いです。

画像
 もつの串焼きは、胃の竜田揚げのような感じの串です。つまみにあいそう。

画像
 海藻サラダは、ふのりのドレッシングがかかった上に、ゆでた腸がアクセントに乗っています。最初サラダとは思いませんでした。

画像
 まぐろのもつ鍋は味噌仕立ての鍋。マグロの腸とたくさんの野菜と煮ています。

画像
 味噌汁にはおこっぺもっこという味わい深いじゃがいもニョッキ風にして入れたものとふのり、海藻のアラメが入っています。

 前半は和風の料理を中心にご紹介してみました。それぞれ珍味で、なかなか食べられる料理ではなく、しかも内臓特有の臭みなどは一切なし。新鮮さと調理の技術でしょう。まだまだ料理は出てきました。後編は洋風の料理が満載です。

■関連エントリー
青森大間の絶品天然マグロ丼【浜寿司1】
青森大間の絶品天然本マグロの握り【浜寿司2】

■関連記事
春は築地で朝ごはんさん:新橋「ボワヴェール」: 大間のマグロ!の、モツ料理☆

Bois Vert(ボワヴェール)
東京都港区西新橋1-13-4地下1階 03-5157-5800
日祝定休 火~金12:00~14:00、月~金18:00~21:30、土18:00~20:30




画像


更においしい情報をランキングでチェック

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

2008年12月02日 20:16
マグロは刺身だけじゃない!
本当に、どれもこれも貴重で新鮮な体験でした。お誘い下さったぶれいぶ様に感謝、感謝です!
素材が新鮮であれば腸と心臓は食べやすく、やや扱いに工夫がいるのは血合いでしょうか。
でも血合いの山椒醤油漬けは酒肴として逸品でしたね。
ああ、また食べたい(笑
「よぐ来たな~!」という、大間の皆さんの元気なかけ声も忘れられませ~ん☆
2008年12月03日 05:39
>つきじろうさん
いやぁ、美味しかったですね。こちらこそご一緒いただきありがとうございました。腸と心臓は旨いですね。なかなか東京では食べられないと思いますが、また現地に行ってみたいと思います!
2008年12月04日 07:12
私の一番好きな魚はマグロです。このブログを読み始めて、おなかがすいた!写真もにある食べ物もとてもおいしそうです。この話を読んだ後、次に東京に行くとき、この美味のあるボア・ヴェールに行きたいと思います。私はアメリカの大学で日本子を今勉強しています。私の日本語のクラスのブログも食事のことが書いてあるので、ぜひ読んでください。
http://gwadvjapncomposition.blogspot.com/
2008年12月05日 01:23
>あんぱんちゃんさん
初めまして。コメントありがとうございます。海外からですか~すごいなぁ。日本語のブログも読まれるんですね。
私も英語のブログが読めるようになりた~い。

この記事へのトラックバック