日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS メニュー別第三回B-1グランプリin久留米〜カレー&汁編

<<   作成日時 : 2008/11/07 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 さてさて第三回B-1グランプリin久留米煮はカレーも三団体参加しています。まずは第一回から参加している北海道の富良野オムカレー。もともと北海道はカレーをよく食べる土地柄ではありますが、富良野でも有名なカレー屋さんがいくつもありました。オムカレーは文字通りふわふわの卵をご飯に乗せ、その上からカレールーをたっぷりとかけたもの。お子様ランチのような旗がシンボルです。

今日の日本食べある記は何位!応援クリック?

画像
 第二回から参加している岐阜県郡上市の奥美濃カレーは、奥美濃の味噌=郡上の地味噌を隠し味に使ったカレー。昨年は飛騨牛の牛すじを使ったカレーで参加でしたが、今年は辛口スパイシーチキンカレーとのハーフ&ハーフ。身近な女性にはこのスパイシーチキンカレーの評判がすこぶる良かったです。スパイスにこだわったかなり本格派のカレーだったようです。

画像
 今回から参加の秋田県あいがけ神代(じんだい)カレーは、昭和30年代の昔風のカレーとデミグラスソースベースの欧風カレーのあいがけのカレーです。トッピングには温泉卵が乗っています。ポイントは昔風カレーにウスターソースをかけて食べること。昔のレシピで作っているのでそのまま食べるとちょっと物足りない感じが、ウスターソースをかけると何とも懐かしい昔のカレーになるのです。会場ではカレンジャーが大活躍でした。

 ご当地カレーと称して特産品を使ったカレーはレトルトなど製品を中心に日本全国にあります。ご当地グルメとして地元の人に食べられているのは、すっかり有名になった札幌のスープカレーと福岡県は門司の焼きカレーでしょう。

画像
 さて今回汁物は三メニューありました。シルバーグランプリに輝いた八戸せんべい汁とブロンズグランプリの各務原キムチ鍋はすでにご紹介しましたが、もうひとつ山梨の大月のおつけだんご。すいとんのような味わいですが、出しは野菜の味もしっかり出ていて醤油味のとっても美味しい汁でした。

 来年は出展メニュー数が増えるのも会場の状況を考えると厳しいので、顔ぶれは入れ替わるかもしれませんが、また新しいメニューが参戦してくると面白いですね。




画像


更においしい情報をランキングでチェック

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メニュー別第三回B-1グランプリin久留米〜カレー&汁編 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる