日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS メニュー別第三回B-1グランプリin久留米〜おでん&餃子編

<<   作成日時 : 2008/11/06 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 今大会焼きそばの四団体に次いで参加が多かったおでん。青森生姜味噌おでん静岡おでん姫路生姜醤油おでんの個性的な三メニューが出場しました。まずは青森生姜味噌おでん。名前のとおりお伝に生姜味噌をかけていただきます。しょうがには体を温める効果もあるということで、青函連絡船のお客さんの体を温めるために屋台で生まれたと言われているそうです。甘辛いみそだれのかかったおでんは食欲をそそります。第一回から連続出場のおでんです。

今日の日本食べある記は何位!応援クリック?

画像
 次いで第二回から参加している静岡おでん。静岡おでんと言えば真っ黒ながらくどくない出しと、魚の削り粉。味わい深いおでんは、地元ではおやつとしても食べられているし、当然酒の肴としても愛されています。おでん街と呼ばれるおでん屋さんが集積した屋台村があるなど、静岡はおでんの文化が浸透している街でもあります。

画像
 三つ目は今大会初参加の兵庫県は姫路の生姜醤油おでん。文字通りおでんにさっぱりとした生姜醤油をかけていただくもの。甘めの関東煮(かんとだき)にかけるとさっぱり感がかなり印象的な味わいです。関西風のお伝にもかけていただきますが、他にはない個性的なおでんです。

 そのほかのご当地おでんでは、名古屋の味噌おでん、長野県飯田市のネギ醤油おでんなどがあります。種として面白いのは沖縄の豚足や福岡の餃子巻き、北海道のつぶなど。おでんも奥が深いです。

画像
 今大会で二団体が参加した餃子。浜松餃子は餃子消費量の日本一とも目される町。餃子はおいしいですね。浜松はお店も多いので、地元で人気のお店の餃子は本当にうまいです。

画像
 静岡県の裾野市も餃子消費が多いそうですが、昨年から参加しているのは水餃子、すその水ギョーザです。これも味わいがよく、昨年も人気でした。水餃子自体は割と新しいものですが、るるぶに載るほど認知されています。

 餃子は皮や餡はお店によるところが大きいですが、たれに個性がある地域もあります。神戸では、味噌だれをたれにブレンドして食べます。九州は博多では、もともとたれが作られており(酢と醤油をその場で混ぜるのではなく初めからブレンドされている)絡み押してはゆず胡椒が使われます。

 餃子も奥が深いです。




画像


更においしい情報をランキングでチェック

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メニュー別第三回B-1グランプリin久留米〜おでん&餃子編 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる