日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森食材を活かしたイタリアンの名店 後編【クッチーナ・イタリアーナ・ラ・フェニーチェ2】

<<   作成日時 : 2008/10/12 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 青森の食材を活かしたメニューの後編はメインディッシュ、お肉です。まずは「青森県産三種のブランド豚の炭火焼き、青森野菜の炭火焼きを添えて」。私が肉の中で最も好きなのは豚肉なのです。なかなか豚肉を食べ比べることはないですが、食べ比べてみると少しずつ味が違うのがわかります。ちなみに向かって左から、『南部赤豚』『長谷川自然豚』、『奥入瀬ガーリックポーク』です。たぶんきき豚肉は私にはできないと思いますが、とても贅沢な瞬間でした。

今日の日本食べある記は何位!応援クリック?

画像
 続いては牛。「青森短角牛『八甲田牛』のタリアータ、赤ワインのジョミ『ガマズミ』のソース、嶽きみと大西ハーブ農園のルーコラ、インカトマト添え」。和牛と言えば黒毛和牛がほとんどですが、短角牛は赤身肉が味わい深い小型の牛。量が少なく幻の牛と言われます。嶽きみは右奥のトウモロコシ。これは大変人気がありました。

画像
 ジョミ=ガマズミというのはとっても酸っぱい山の果実汁。なんか体に良さそうです。

画像
 デザートには青森県産ブルーベリーのレアチーズと青森県産『シャイニーアップルジュース』のグラニータ添え、『緑の一番星』のクリームブリュレ。

画像
 『緑の一番星』というのは薄く青味がかった卵のこと。希少種で青い卵を産むのチリ産のアローカナとロードアイランドレッドという日本ではおなじみの卵を産む品種との掛け合わせで、餌にこだわった卵だそうです。

画像
 卵ごはんにしたら最高だそうですが、贅沢にもクリームブリュレになりました。

 いやはや、海のイメージの強い青森でしたが、考えてみたら八甲田山も十和田湖・奥入瀬も青森ですから豊かな山の恵みがあっても不思議ではありません。また現地で食べるのが楽しみになりました。

今回ご一緒させて頂いたブロガーさんは以下の皆さんです。(順不同)

□icydogさん:青森の「肉」
□マッシーのグルメ日記:イタリアンな青森県産品試食会 [日本橋]
□東京のむのむさん:青森県産品試食会@Cucina Italiana La Fenice (日本橋)
築地市場を食べつくせ!さん
馳走に屋号に意匠ありさん
しずる!写真グルメガイドさん
ひるどき日本ランチ日記さん
まるごと青森さん

■関連エントリー
青森の新鮮食材!七子八珍料理 前編【北町 善知鳥(うとう)】
青森の新鮮食材!七子八珍料理 後編【北町 善知鳥(うとう)2】

Cucina Italiana La Fenice(クッチーナ・イタリアーナ・ラ・フェニーチェ)
東京都中央区日本橋小舟町15-17 協栄ビル1F 03-3661-9531
日祝定休 12:00〜13:30、18:00〜3:00






画像


更においしい情報をランキングでチェック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
青森食材を活かしたイタリアンの名店 後編【クッチーナ・イタリアーナ・ラ・フェニーチェ2】  日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる