日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」in行田 その2

<<   作成日時 : 2007/11/20 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨日「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」の入賞5メニューを紹介しましたが、今日と明日で残りの9メニューを紹介したいと思います。まずは、早々と売り切れてしまった寄居町のもつ煮。個人的には最近もつ煮込みがマイブームなこともあり、楽しみにしていたメニューのひとつです。寄居のもつは豚のもつを使用。煮込むととってもやわらかくなります。

今日の日本食べある記は何位でしょう?

画像
続いて東松山の焼き鳥。つい先日も現地で食べ歩いた、松山の焼き鳥。黙って座ると豚のカシラ肉が出てくるという独特の食文化です。さらに大きな特徴は辛味噌だれを付けて食べる点。この味噌だれがお店によって違うものの、味わいを深めるのです。しかし当日は大行列。大量注文者が続出したことが原因のようですが、食イベントでは、大量注文できないような縛りをかけないとクレームになりますよね。

東松山焼き鳥を現地で食べ歩くのはこちら
http://www.city.higashimatsuyama.saitama.jp/out/yakitori/yakitorimap.htm

画像
秩父のみそポテトは素朴な味わい。ありそうでない、実は秩父地方の郷土料理。じゃがいもを蒸したものを油で揚げ、甘いみそだれをかけたものですが、会場では「これうまい!」「おいしい♡」の声がよく聞こえていたので、てっきり上位に食い込むものと思っていました。しかし、おやつには抜群。食べすぎ注意って感じです。

画像
川越の太麺焼きそばは、昔ながらのシンプルな焼きそば。昔営業マン時代に川越を担当していましたが、焼そばが隠れた名物と走りませんでした。当日も早い段階で売り切れになるなど、他のイベントでもそうですが、焼そばは強し。日本人は焼きそばが好きなんですね。

画像
本庄のつみっこはいわゆるすいとん。野菜もたっぷりの体が温まる汁物です。本庄では昔から食べられていた家庭料理ですが、地域おこし活動の一環で、改めてお店で食べられるようになっているようです。

今回も強力ブロガーのこちらの方こちらの方にご一緒いただきました。また初めてお会いしたこちらのかたは有名な大食いブロガー。お話を聞いていると豪快で、非常に楽しくご一緒させていただきました。以下、みなさんの記事はこちら↓

春は築地で朝ごはんさん
番外:「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦!」 その1
※相変わらず丁寧で楽しい記事。さすがです。
番外:「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦!」 その2
※フライの動画は必見!職人技です。

大食い茶屋さん
うまうま遠征隊 「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 」
※B-1グランプリでも21食中20食を完食したつわもの。今回も売り切れさえなければ間違いなく14食行ったことと思います。すごいですよ!

★当日食の方言を応援する日本経済新聞の記者さんたちも取材されていました★
食べ物新日本奇行
「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」写真館
※B-1グランプリを応援している日本経済新聞の食べ物新日本奇行の記者さんの写真。全体がわかります。

画像


更においしい情報をランキングでチェック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」in行田 その2 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる