兵庫佐用のホルモン焼きうどんの老舗1【一力】

画像
 ホルモン焼きうどんはその名の通り、ホルモンの入った焼うどん。しかし他にどこにもない、これぞご当地メニューともいえます。こちら一力は、昭和26年創業の老舗。今の場所は昭和52年からとのこと。数多くの取材を受けている、現在まちにある中で最も古い老舗です。

今日の日本食べある記は何位でしょう?

画像
 もともととさつ場があり、新鮮なホルモンはホルモンにうるさい関西人をも納得させるといいます。このホルモンをまず野菜とともに炒め、醤油ベースで結構濃いめの味付けがされます。

画像
 ここにコシの強い地元の製麺所の麺を合わせて炒めます。実はこの麺がとても重要で、普通の麺では、鉄板から食べているうちにぶちぶち切れてしまいます。さらに、ホルモンのうま味を吸い込む麺。ホルモン焼うどんのために研究された麺です。

画像
 これを、にんにくのきいた醤油ベースのたれをつけていただきます。

画像
 味のついている焼うどんに、さらに味付けするので、自分の好みの味に調節できます。

画像
 最初少しだけ皿に入れられ、東京のそばのように、少しだけ付けて食べるお客さんもいれば、たっぷりつけ、すぐに付け足し、韓国の一味唐辛子パウダーをたっぷり入れて食べるお客さんもあります。ちなみに韓国の一味はそれほど辛くないので、結構たくさん入れるお客さんもいるそうです。

 雰囲気も含め、居心地のよいお店。取材も多く、関西からもカップルや女性グループが来るそうです。ホルモン焼うどんは、もともと朝鮮の方が始めたそうですが、縁あってその流れを引き継ぐ元祖筋のお店です。

☆ほるもん+うどん 490円
画像


一力
兵庫県佐用郡佐用町佐用2575‐3 0790‐82‐2239
不定休 11:00~20:00
画像


画像

更においしい情報をランキングでチェック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月20日 14:57
関西のモツ食文化、そのルーツのひとつが生き残っているなぁという感じですね。
さきほど「神戸っ子ゴハン」様で「ぼっかけうどん」を拝見したので、これも好対照かと。
http://www.country-online.org/kobekko-gohan/2007/10/4732.html
それにしても、特製麺の食感は一度味わってみたいなぁ~。
2007年10月22日 00:28
↑と同じく「神戸っ子ゴハン」から。
http://www.country-online.org/kobekko-gohan/2007/04/post_129.html

以前、この管理人の早坂さんへリクエストしたら、行きにくいところなのに行ってくれてねぇ。
とても感動しました。
以来いつかは私も行きたいと思っていたところ、ぶれいぶさんのこの記事を読んで、ますます憧れが強くなりましたヨ!
ホルモン焼きうどんのために開発された麺が恋しいですわ~。
2007年10月23日 22:10
うまそうですね。素材のうまみが麺にしみ込んでいいですね
2007年10月26日 22:40
>つきじろうさん
先日はお疲れ様でした。でもほとんどお話できなかったですね。もう少し落ち着いたら、またよろしくお願いいたします。
関西はホルモンを結構食べるんですよね。まだまだ研究せねばなりません。しかしここのうどんは侮れません。讃岐とを思わせながら独特のコシ。是非機会があったら感想を聞きたいものです。
2007年10月26日 22:46
>ヒロキエさん
少しご無沙汰しました。コメントも遅くなってスミマセン。しかしさすがですね~。これをチェックされているとは。ご当地グルメブログとしてはマニアックなメニューを常に探しているので、焼うどんなのにさらにたれをつけるというシステム煮非常に興味がありまして。
実際ビールに合いますよ。確かに行きにくいですが、ぜひ食べてもらいたいものです♪
2007年10月26日 22:51
>長田ドームさん
こんにちは。すみません、コメント遅れ目で・・・
このメニュー独特なんですよね。麺がいいのは書いた通りなのですが、後付けのたれがまたなかなかでして。
ホルモン好きにはたまりません!

この記事へのトラックバック