日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 大分の別府冷麺の名店3【六盛(ろくせい)】

<<   作成日時 : 2007/09/10 00:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
 こちら六盛は冷麺の専門店。冷麺は一口スープを飲んでそのうまさに納得します。牛骨のだしだというのは効いていたのですが、和風の香りで滋味深いとてもこくのあるスープ。和風の東京のおそばの出しの香りが残りながら透明なスープという、表現が難しいスープなのですが、とにかくうまいです。

今日の日本食べある記は何位でしょう?

画像
 麺は別府冷麺の特徴でもある極太麺。小麦粉とそば粉の割合の問題だと思いますが、独特の麺です。

画像
 牛のチャーシューも柔らかく、味はしっかりついています。これがスープと麺と実にバランスのよい味わい。

画像
 キャベツのキムチを混ぜると、全体に酸味と辛味がいきわたり全く別のスープになりますので、最初から混ぜずに、そのままのスープをしばらく味わってから混ぜることをお勧めします。

 職人風の厳しい表情のご主人ですが、笑顔がとても素敵な方。とっても感じのいいご家族のお店です。地元の方は当たり前に食べており、昼時には行列もできることがあるとか。中心街から少し歩きますが、観光で訪れても、ぜひとも寄ってもらいたいお店です。

 たまたま先日テレビで盛岡冷麺のスープの創り方がやっていたそうですが、こちらとは全くとり方が違うとのこと。でも企業秘密で教えてもらえませんでした。韓国冷麺との一番の違いは、あちらが焼き肉を食べた後の締めのための麺であるのに対し、こちらはその麺そのものを食べるものなので、スープの濃さが違うとのこと。あちらはかなりあっさりとしているとか。確かに焼肉屋で最後に食べる冷麺とは、濃さが違う感じがします。

 ちなみにこちらは冷麺専門店ですが、メニューにはラーメンもあります。普通は逆ですよね。メニューに中華そばとラーメンとわざわざ書いてあったので、聞いてみるとなんとラーメンはとんこつ、中華そばは鶏がら、そして冷麺は牛コツという3種類のスープを作っているとのこと。しかもそれぞれの麺メニュー用に作っているというのだから驚きです。様々なこだわりを自然にされている、とても魅力的なお店です。

■関連エントリー
大分の別府冷麺の老舗1【胡月(こげつ)】
大分の別府冷麺の老舗2【大陸ラーメン】

画像


更においしい情報をランキングでチェック

☆冷麺 600円
画像


手のべ冷麺専門店 六盛
大分県別府市松原町7-11 0977-22-0445 
水曜定休 11:30〜14:30、16:30〜23:30
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
大分にはまだ行ったことがないので、行った際には是非食べてみたいです♪

私は東京中心のゴハン日記を書いているのですが、
もしよろしければ相互リンクをお願いします★
私のブログではリンク完了しています♪
よろしくお願いいたします。
もえ
URL
2007/09/13 18:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大分の別府冷麺の名店3【六盛(ろくせい)】 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる