富山ブラックの元祖2【大喜】

画像 先輩O氏の奥様が富山の出身なのですが、先輩が富山は全体的に味付けが濃いといっていました。元々富山県のラーメンが黒いスープというわけではなく、富山ブラックと名づけられた真っ黒いスープのラーメンが、数年前から注目を集めるようになりました。その元祖が昭和22年創業のこちらの大喜です。味は非常に塩辛く、ご飯のおかずになるほど。一度食べただけでは評価が人によってまちまちではありますが、中毒性があるほどの強烈な個性があります。

画像 麺は太麺で、スープは濃い目です。またメンマに濃い味付けがされているため、麺を下のほうからひっくり返して食べると教えていただきました。スープはしっかりとコクがあって美味いのですが、県外の人間には塩辛いと聞いていた通り、確かに辛いです。スープを飲むとまず辛さが来て、そのあとじわっと旨みが来ます。辛いんだけどスープに行ってしまう。これは確かにはまる味です。以前は基本的に取材拒否のお店だったとのことです。

画像 チャーシューはばら肉と豚とろがたっぷり使われており、贅沢です。上に積んであるのでそれほど多くは見えないのですが、かなりたくさん入っています。塩辛さのポイントでもあるメンマの味付けは、実はラーメンの全体の味を左右する重要な役回りを演じているとのこと。その秘密を教えてくれるために、メンマだけを入れたスープを作ってくれました。これがとても味わい深いで、これだけでスープとして完成している感じです。メンマの味付けが濃いので、メンマ抜きを頼むお客さんもたまにいるらしいのですが、メンマのたれも含めて味を作っているので、味のバランスのためにそのお客さんにはメンマのたれを別に入れるらしいです。最後に残ったスープが一番おいしい状態だと言っていました。小は普通の量のラーメンです。余談ですが平成12年に一度会社を解散して、経営が変わったとのことです。理由はよくわかりませんが・・・。

☆中華そば小(並) 600円

大喜(たいき) 西町(にしちょう)本店
富山市太田口通り1-1-7 076-423-0502
水曜定休 11:00~20:00

おかげさまでグルメランキングでベストテンいり。まだ出たり入ったりですが・・・ひきつづき1日1回ぽちっとお願いします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック