日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森八戸のせんべい汁1【録文銭】

<<   作成日時 : 2005/12/16 11:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像 青森県は江戸時代に津軽藩と南部藩の二つの藩でした。南部藩は広大で、岩手県の北部と秋田県の一部も含んでいました。南部というと、私は南部鉄器と南部せんべいを思い浮かべます。この南部せんべいを使った驚きの郷土料理がせんべい汁です。南部せんべいを食べる地域すべてでせんべい汁を食べるわけではないらしく、八戸周辺の独特の食文化のようです。

画像 せんべい汁は、鶏がらだしにしょうゆ味がスタンダードな味です。にんじん、長ネギ、玉ねぎなどの野菜ときのこがたっぷりと入って甘みのあるけんちん汁のような汁にせんべいを3つか4つに割って入れます。入れるせんべいは、せいべい汁専用のせんべいで、そのままで食べるのでは硬くて美味しくありません。これが汁に入ると驚きのコシのあるせんべいに変わるのです。

画像 「せんべいにコシ?」最初聞いたときに意味がわからなかったのですが、南部せんべいの原料は小麦粉。要するにうどんなどの乾麺と同じ原料です。歯ごたえがアルデンテと聞いたのですが、これも食べてみて納得。普通の南部せんべいでは、ただ溶けてしまいますが、ゆでられるとせんべい汁用はしっかりとしたコシが残る麺類のような状況になります。

画像 美味しくいただくためにはぐつぐつと沸騰した状態で入れないと、しっかりとコシのあるせんべいにならないそうです。ちょっとしたコツがいるんですね。こちらのお店では、他にもきんきんのだしの塩味と辛味噌味がいただけます(写真は辛味噌に卵を溶きいれたもの)。はじめて食べる人はまず醤油味から食べてもらいたいですね。

画像 ちなみに録文銭はガイドブックではイカ料理のメニューの豊富な店として紹介されていました。八戸はイカの水揚げ量が日本一。冬場はやりいかが旬ですが、今回「いかのふあえ」もいただきました。イカとねぎをイカの内臓と煮合せたもので、濃厚な味わいです。新鮮なイカが食べられる八戸ならではの料理です。

☆せんべい汁 醤油・塩、辛味噌各680円 いかのふあえ 480円

録文銭(ろくもんせん)
青森県八戸市六日町29 0178-45-8398
年中無休 11:30〜14:00、17:30〜0:30(日祝〜0:00)
画像

おかげさまでグルメランキングでベストテンいり。まだ出たり入ったりですが・・・ひきつづき1日1回ぽちっとお願いします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
BLAVEさん、こんばんは。
先日は、遠路はるばる青森県八戸市までお越しいただいてありがとうございました。いろんなお話が聞けて、八戸せんべい汁研究所のメンバーたちも大変楽しく、有意義な時間だったと言っていました。
せんべい汁の記事を読ませていただきましたが、わかりやすく紹介していただき、感謝します。
せんべい汁のせんべいは、アルデンテだったでしょ?

次回、お会いできるのはB−1グランプリ当日になるでしょうか? また、お会いできるのを楽しみにしています。
kon
2005/12/20 21:56
konさん、こんばんは。多くの方々と、とても楽しく過ごさせていただく場を設定して頂き
ありがとうございます。
B−1グランプリ当日にも一人でも多くの仲間を連れていければと思っています。
せんべい汁のせんべいはアルデンテでしたねぇ。
ぶれいぶ
2005/12/20 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
青森八戸のせんべい汁1【録文銭】 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる