日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎五島うどんの地獄炊き1【栄会館】

<<   作成日時 : 2005/10/26 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


 日本三大うどんというと、讃岐うどん、稲庭うどんに水沢うどん、名古屋きしめん、そして五島うどんのいずれかが選ばれるようです。三大○○というのは大体2つが決まっていて最後の一つが入れ替わるケースが多いようですが、3つ目の選択肢に選ばれるものは、自称ではなく他の多くのものの中から選ばれるだけの価値はあると思います。五島うどんはもともと遣唐使の時代に伝えられた手延べの技術が伝えられて以来、長崎県の五島でしか食べられない幻のうどんだったそうです。

 五島うどんは冷やした麺でも食べますが、「地獄炊き」と呼ばれる釜あげで食べるのがポピュラーです。こちらのお店では、鉄鍋に入って出てくるうどんはあつあつで、あごだしにあおさの入った温かい汁につけ麺のようにして食べるか、生卵をといた中に卵ご飯のように醤油を混ぜ、そこに麺をつけて食べます。どちらも青ねぎや生姜、鰹節を薬味として入れていただきます。だしは好き好きですが、卵好きの私は、生卵と醤油につけて食べる食べ方がとてもお気に入りです。

 秋田の稲庭うどんをのふるさと、稲川町でも乾麺であるためか、現地で食べられる店は余りありません。こちら五島でも細かな背景は稲庭うどんとは違いますが、基本的には自宅で食べるケースが多いらしく、自分のところで食べる際には、塩気のあるゆで汁をおわんにとって醤油で味を整え、薬味を入れてつけ汁として食べるそうです。実際に試してみると、これがシンプルながらなかなか味わい深いものです。

 島内で観光客が五島うどんを食べる際に注意が必要なのは、五島うどんは乾麺から茹で上がるまで10分以上かかるため、お店でゆで置きしている場合があります。乾麺からゆでたものが食べられるお店を選ぶことをお奨めします。

 こちらのお店は懇親会で行ったため、単品のお値段がわかりませんでした。

栄会館
長崎県南松浦郡新上五島町青方郷1358 0959-52-2424
定休日・営業時間不明

おかげさまでグルメランキングでベストテンいり。まだ出たり入ったりですが・・・ひきつづき1日1回ぽちっとお願いします

ランキングから来ていただいた方、ようこそいらっしゃいませ(^^)。楽しんでいただけたらお帰りの際にお立ち寄りを。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
五島うどん-2
取り敢えずざるで食してみた。稲庭うどんとは違い、断面が丸に近く細めのうどんって云う感じだ。つるつる感もいい。徳島にはうどんに近い太さの半田ソーメンがあるが、それとも食感が違う・・・。塩分も感じない。喉越しがいいもので4束がす〜っと胃に納まってしまった。稲庭、五島ともに恐るべしだ。讃岐うどんは生なので乾麺と比べるのは難しいが、それぞれ甲乙つけ難い美味さだ。讃岐は打ち立てをぶっ掛けで味わって欲しいのだが、海外(四国意外)の人に難しいねぇ。アップルミントさん、もう暫くお待ちを・・ ...続きを見る
No Problem!
2005/11/23 20:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長崎五島うどんの地獄炊き1【栄会館】 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる