日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ザンギの元祖【鳥松】

<<   作成日時 : 2005/07/09 00:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 北海道では鳥のから揚げのことを「ざんぎ」とよびます。ま、正確にはから揚げとちょっと違うらしいのですが、大きく違いがあるわけではなさそうなので、概ねそんな認識で良いのではないかと思います。鳥のから揚げ自体もともと中華料理らしいのですが、ざんぎが生まれたとされるお店は釧路にあると聞き行ってきました。

 釧路の飲み屋街には、以前行った炉ばたの元祖に店「炉ばた」がありますが、今回行った「鳥松」はその数件隣の並びにあります。風情のある入り口をくぐると、中はカウンターでご主人がその中で調理する「オープンキッチン」です。

 メニューは鳥関係のメニューがほとんどで、ざんぎは骨付きの「ザンギ」500円と「骨なしザンギ」600円の2種類。どちらもいただきました。ビールのつまみとしては最高ですね。そのまま食べても美味しいのですが、自分でいろいろ味付けのバリエーションが楽しめます。一番のお薦めはウスターソースをベースにスパイスで味をオリジナルに調整したたれ。これがまたあうんです。あと、塩や一味、七味、こしょう、ガーリックパウダーなどでいろいろと楽しめます。

 骨なしはもも肉、骨付きは様々な部位がぶつ切りで入っているので、ちょっと食べにくいこともありますが、常連さんで骨付きを食べている人は多いようです。確かに胸の部分や首の部分、軟骨が入っていたりと、骨の周りだけにうまみもじわっと出ています。

 九州でいろいろと鶏料理を食べていますが、から揚げはブロイラーの柔らかいジューシーなもも肉が一番合うと思っています。地鶏だとちょっと硬めであまりジューシーさが出にくい気がします。もっとも若鶏であれば、地鶏でもまた違うんでしょうけども、から揚げのコストパフォーマンスとしてはブロイラーじゃないかなーと思います。

 ちなみにこちらのブロイラーは国産の生鶏にこだわっており、冷凍ものは使わないそうです。意外と原価が高くなりますが、美味しいものを食べて欲しいとの願いからやっているそうです。ソースも以前使っていたベースの会社が倒産してしまい、同じレベルの味をナショナルブランドでやろうとすると、とてもやれない金額になってしまうということで、いろいろ探してやっと見つけたベースのソースで、秘伝の味を維持しているとのこと。

 お店で食べている最中にも、次々とお持ち帰りのお客様が引きもきりませんでした。変わらない味を出し続けているからこそ、地元のお客様に愛されているんでしょうね。

☆骨なしザンギ 600円  ザンギ 500円

鳥松
釧路市栄町3-1 0154-22-9761
日曜定休 17:00〜0:30

★気に入っていただけたら人気blogランキングものぞいてください。★
★応援していただけると嬉しいです。                  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ザンギの元祖【鳥松】 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる