日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ご当地洋食エスカロップ@根室

<<   作成日時 : 2005/06/06 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 西の終着駅長崎に「トルコライス」があれば、東の終着駅根室には「エスカロップ」があります。「エスカロップ」は根室限定の洋食で、根室では知らない人はいないくらい有名です。喫茶店のメニューにもありますが、お隣の釧路にもなく、釧路の人の知名度の低いのは不思議です。スタンダードのスタイルは、筍のみじん切りの入ったバターライスの上にカツが乗りドミグラスソースがかかるというもの。ボリュームがあっておいしいです。

 「エスカロップ」はフランス語で薄切り肉と意味らしいですが、実際の料理のイメージとは結構違うので、昔はもう少し違う料理だったのでしょうか。一説によると当初スパゲッティの上に牛カツが乗っていて、それがとんかつになりスバゲッティがケチャップライスになり現在のスタンダードスタイルになっているとのこと。どの段階もうまそうですね。

 牛カツなら加古川のかつめしに、スパゲッティであれば、トルコライスに似ているかもしれません。現在のスタイルだとかつめしの方が似ている気がします。

 歴史のある店としては、元祖の店「モンブラン」(閉店)で修行したという「どりあん」と「ニューモンブラン」が有名で、おいしいです。また「薔薇」というお店も評判がよく、とてもおいしかったですよ。写真は「どりあん」のエスカです。ピラフのぱらぱら感はとてもグー。ドミグラスソースは昔ながらの正統派のものの感じですが、バターライスととんかつのバランスを考え、ややあっさり目に仕上げてあるとのこと。料理としてしっかりしている感じがします。

 もうひとつの名物メニューにオリエンタルライスというのがあります。こちらはカレーピラフに牛のサガリ肉、上にデミグラスがかかったもの。しいたけ、たまねぎ、筍が入ってます。贅沢な牛ピラフ。濃厚なデミグラスが実においしいです。友人たちはビジュアル的にはこちらのほうがおいしそうという声も多かったです。エスカロップと比べるとこってりとした味わいで、ドミグラスソースはエスカロップとは違うものを使っているそうです。。時間の関係で弁当にしてお持ち帰りをさせてもらいましたが、シェフも奥さんもとても感じのいい人たちです。

■実食したお店のエスカロップコレクションはこちら

■北海道・東北の美味いものはこちら 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
冷夏の予感
雨は今日で終わりらしいです。明日からは晴れる日が続くようで。 ただあんまり暑くならなければ良いんですがね。 いまだに扇風機は使っていません(笑) エスカロップという食べ物をご存知でしょうか? これも北海道発の料理です。 とても詳しく紹介されているブログさんを.. ...続きを見る
右向け右
2005/07/12 00:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ご当地洋食エスカロップ@根室 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる