釜揚げうどん@宮崎

画像
 九州のタウン誌で数年前に作った「九州麺食いランキング」というムックで、宮崎は九州で一番うどんの消費量が多いと書いてありました。うどんの発祥の地との説もある博多(讃岐や長崎の五島という説もあるらしい)よりも消費量が多いとは・・・、と思っていましたが、宮崎ならではのうどんが釜揚げうどんです。「別に釜揚げうどんって珍しくないんじゃないの?」と思ったのですが、これがなかなかにうまい。

 讃岐うどんにすっかりはまっていたため、「俺はうどんにはうるさいよ」などとエラそうに言っていたのですが、讃岐の釜揚げとはまた別物です。違いはというと、麺は讃岐が太くてコシの強いのに対し、宮崎は細めでやわらかめ。もちろんコシがないわけではないですが。

 だしは讃岐では、釜から茹で上げた麺を掬い、そのままどんぶりに入れ醤油やだしをかけてそのままいただきます。余談ですが、釜玉といういまやかなり有名になった讃岐うどんの食べ方は、釜揚げに生卵を混ぜたもの。これはもう絶品で、いずれ書こうと思います。

 さて、釜揚げうどんでもっとも有名なのは巨人の長島監督がよく行っていたという「重乃井」。個人的には今回行った、「戸隠」のだしのやや甘めの熱い出しにつけ麺のようにして食べるのが好きです。生卵を落としてあり、最後に蕎麦湯ならぬうどんのゆで汁で割って飲み干す。これがまたうまいんです。知っている限り、他の地域では意外とありそうでないんですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック