日本食べある記@Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州の鶏料理「もも焼き」〜宮崎編Vol.2

<<   作成日時 : 2005/05/25 09:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 宮崎でもも焼きといえば鳥のももを焼いたものですが、クリスマスに食べるローストチキンとは趣が違います。(七面鳥のももは食べたことないけど)。鶏のももに切れ目を入れて、炭火で豪快に焼き上げる。ややレアな状態で食べるのがおすすめの店もあり、そうしたところは焼き加減を聞いてくれます。味付けはシンプルに塩コショウが一般的ですが、味噌味やにんにくダレなど、個性的な味付けもあるらしいけれど、自分塩味以外は食べたことがありません。

 元祖の店は「丸万(まるまん)」という店で、かなり有名。うまみはしっかりしているが、歯ごたえがあるので、一人で食べに行ったため、後半はあごが疲れてしまいました。やわらかい鶏を売り物にしている店もあり、この辺は好みなんでしょうね。

 今回行った「嵐坊(らんぼう)」では、せせり南蛮があまりにうまかったので先に書いてしまいましたが、もともと、「とり本」にもも焼きで紹介されていたお店です。ミディアムレアで焼いてもらった鶏は適度な歯ごたえで、焼酎と一緒においしくいただかせてもらいました。

 お店の人も感じがよく、焼きあがって出てきたもも焼きは、自分ではさみで切り分けていくのですが、最初の切り分けをやってくれました。慣れればなんてことはないのでしょうが、最初ににこやかにやってもらえるとちょっとうれしいです。

 家の引越しやら何やらで、間が開いてしまいました。そういえば昔から日記も長続きしなかったなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州の鶏料理「もも焼き」〜宮崎編Vol.2 日本食べある記@Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる